ここから本文です
正義の味方 仮面ライダーシルバー
息子にまけたら引退だ・・・・

書庫全体表示

記事検索
検索

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

NSR-miniエンジン 組立 (022)

K県のFさんちのT君のNSR-miniエンジンです。こんな綺麗なNSR-miniエンジンを触る事は今後少なそうなのでいつも以上に気合が入りました。SPクラス参戦用(全国大会でも通るレギュ)で組みました。

イメージ 1
すべてHONDA純正部品、もともとの素材が良いので交換部品は少なく済みました。

イメージ 2イメージ 5
ガスケット剥がし、寒いので時間かかりました。オイルストーンでのケース合わせ面の面出し。

イメージ 3イメージ 4
磨き。シリンダー付け根部が汚れていました。排気漏れが無いか確認お願いします。エンジンはなるべく綺麗にしておいてください、オイル漏れ、排気漏れのトラブル等の早期発見につながります。

イメージ 6
右クランクオイルシール純正新品。バランサーベアリング振れ無し。

イメージ 7イメージ 8
右クランクサイドベアリング純正新品、温度差で入れています。上手くいきました。耐久も出るようなので固定剤使っています。

イメージ 9イメージ 10
左クランクサイドベアリング純正新品。クランクは後期型。CF MISTさんで芯出し、4/100→2/100となっています。少し振れが大きかったですね。大端部のガタ無し、綺麗です。

イメージ 12
ミッションにはHirokoのHEAT CUTを塗り込んでいます。ミッションの動きスムーズです。センターガスケット、ノックピン純正新品。

イメージ 13
左クランクサイドオイルシール純正新品。

イメージ 11イメージ 14
ケースは3回に分けて締め込み。各シャフトが軽く回る位置を探ります。

イメージ 15
ケースを合わせなおし、バランサーアイドルギヤ(miniタイプ)も軽く回るようになりましたよ〜!

イメージ 16イメージ 17
クラッチはディスク4枚仕様からスロットルレスポンスの軽い3枚仕様に変更。クラッチセンターは手持ちのストック品をあげました。プレートは痛みが無かったので再使用、ディスクのみ純正新品へ交換です。

イメージ 18イメージ 19
クラッチスプリングはCR80用を2本対角に入れ強化。クラッチカバーガスケット新品です。

イメージ 20イメージ 21
回りの重かったウォーターポンプギヤは一旦外し、組みなおし後、軽く回るようになりました。少し錆が多かったです。井戸水入れたりしてないですよね??錆びは落としています。

イメージ 22イメージ 23
点火時期はとりあえず標準で組んでいます。トルクを出したいときはステーターベースを時計周り(進角)、高回転での頭打ちがひどい、伸びきりを出したいときは逆に(遅角)合わせてセットしてみてください。最初のうちはステーターベース取り付けネジ3本はしっかりトルク管理してください。

イメージ 24イメージ 25
完成です。組んだ感触はいいです。記載していませんが新しいことにも挑戦しました。

イメージ 26
外した部品、ナラシの方法等書いた紙も入れておきます。クラッチディスクは、まだ使えそうなので予備で取っておいてください。
オイルシール等新品ですので実走5時間くらいすると、さらにアタリが出て走ると思います。


本日、T君、先週ライセンスをとったばかりのHSR九州ロードコース初コースでデビューWIN!!、それもレコード付近の好タイムで2位以下を大きく離しぶっちぎりだったようです。今回、このエンジンが間に合わず、急遽以前組んだハ○ブーのエンジン(005)を載せての出場でしたがボロボロの3コを1つにしたエンジン(組んだ感触は良かった)で心配していましたがホッしました。まぁライダーの素晴らしい力なんですが。今日のエンジンよりも間違い無く素材の良いこのエンジン、マフラーも新型の良いものに変えるとさらにタイムアップ、レコードタイムは確実と思います。

最近は全然、私自身、バイクに乗っていませんが久しぶりに一緒に走ってみたいライダーが現れたな〜と思います!


NSR-miniエンジン バラシ(022)

K児島県のF里さんちのT陽くんのNSR-miniのエンジンです。ポケバイチャンプからミニバイクへステップアップ、ピアノを弾いたり、体操もしたりする天才少年(お父さんは〇ん〇いですが笑)です。すでに各地でコースレコード付近の素晴らしいタイムを出しているようですが、一度念の為エンジンチェックしたいとの事です。お父さんが探した極上の中古NSR-miniですが、外見も中身も綺麗でした。

イメージ 1イメージ 2
丁寧に梱包して送られて来ました。オーナーさんが希少なNSR-miniを大事にされているのが伝わりますね。

イメージ 3
クラッチカバー内、綺麗です。ミッションオイルの残りも綺麗でした。ウォーターポンプギア、馴染んでないのか少し重いです。タコメーターギヤは軽いです。

イメージ 4
クラッチディスク4枚仕様、ディスク、プレート焼けありませんが、本番機予定なので、新品交換予定。またディスクを3枚仕様にするか考えています。半クラッチは使わないライダーのようです。

イメージ 5
miniタイプのバランサーアイドルシャフト、少し重いのでしっかりケースを合わせたいです。

イメージ 6イメージ 7
フライホイールは少し磨きます。チャージコイルは外してありました。点火時期は標準。

イメージ 8
ケースを割りましたが、ノックピン交換しなくて良いくらい綺麗でした。ミッション、シフトドラム異常無し。シフトフォークもこんなに傷が無い状態のエンジンは珍しいです。

イメージ 14
クランクは大端部、焼けも無く綺麗、ガタも無し。シャフトとオイルシールとのアタリ面が痩せてないので、前オーナーさんもそんなに距離走ってなさそうです。

イメージ 9
左ケースベアリング受け部、中の中、元々フリーなんで気にしないレベルです。

イメージ 10イメージ 11
右ケース側、エンジンオイルの燃え残りが多いです。ベアリングしっかり支持されてました。

イメージ 12
右ケースベアリング受け部、悪くないです。クランク室内部に製造時のものなのか深い傷がありました。性能に差は出ないと思いますが。

イメージ 13
バラシ完了、あとは少しずつ磨いたり、ガスケット剥がします。

オーナーさんと相談し、交換部品を考えます。特に悪い箇所は見つけきれていませんが、あまり速くは無かったそうです。ちょっといろいろ考えてることがあるので頑張って良いエンジンが出来ればと思っています。



NSR50エンジン組立(021)

福岡県のMさんのNSR50(超初期型)のエンジンです。今年からミニバイクへステップアップ、まずは距離を走る方が上手になる近道と思い、長く乗っても壊れにくいノーマルで仕上げています。元々、戻せないような改造は無く、主要なベアリング、シール類の純正部品交換でしたが、古過ぎるエンジン、磨きが大変でした。

イメージ 1
バラしたエンジン。部品類はご自身で揃えて頂きました。

イメージ 2イメージ 3
外部磨き、ケース合わせ面、面出し。時間かかりました〜(>_<)
ドレンボルトのネジが舐めていた右ケースは今後の事も考え、使わず、私のストックパーツで状態の良かった右ケースと入れ替えています。

イメージ 4
クランクサイド右オイルシール純正交換。

イメージ 13
ケースを温め、ベアリングを冷やし挿入。右クランクサイドベアリングは接着しています。

イメージ 5
クランクシャフトは人気のある前期型。ガタはないです。左サイドクランクベアリング純正交換。クランク左側のオイルシールアタリ面が痩せていましたが、オイルシールの深さを変更してますので問題無いと思います。

イメージ 6
HirokoのHEAT CUTを塗り込み、ミッション組み付け。バランサーは手持ちのストックパーツから状態が良いものを移植しました。振れ無し。ケース合わせのノックピン新品。

イメージ 7
左クランクサイドオイルシール新品。硬化してあやしかったスプロケ奥のオイルシールも念の為交換しました。

イメージ 8
左右のケースを合わせ、各シャフトが軽く回る位置を探します。3回に分けてクランクケースボルトを締め込み。

イメージ 9
欠けがあったクラッチアウターは使わず、これも手持ちのストックパーツを着けました。バランサーカウンタギヤは旧型、中のセラシギヤは軽いです。

イメージ 10
クラッチはディスク3枚仕様、プレートは再使用、ディスクのみ純正新品に交換。

イメージ 11
クラッチスプリングは純正2本再使用、CR80の新品クラッチスプリングを対角に2本組んでいます。オイルポンプギヤ、キック関連は全て外しました。

イメージ 12
アースが断線していたステーターベースとフライホイールは自分のストックパーツの良品を購入して頂き交換しました。レースに必要無いチャージコイルは外しています。点火時期は標準で組んでいます。ステーターベースの締めつけ(点火時期変更の際等)は気をつけて、出来ればトルク管理してください。シフトセンサー部も栓をしています、ストッパーは着けていませんが接着したので外れないと思います。

イメージ 14
ピストン、リング等は再使用。カーボンを落としています。

イメージ 15
性能のわからない社外のカーボンリードバルブは外し、純正新品交換。リードバルブはレギュレーションで交換不可なことが多いので、純正にして問題無いでしょう。

イメージ 16イメージ 17
シリンダーは後期型のタイプが揃わず、とりあえず前期型のまま組付け。出力で劣る前期型のシリンダーですが、まずはミッションに慣れる、サスペンションに慣れる、フットブレーキの操作等そちらのことが大事なので問題無いでしょう。
完成です。これでも結構磨いたんですが(笑)!



お兄ちゃんが先にミニバイクへステップアップし、今のところ順調な様です。兄弟で切磋琢磨して頑張って欲しいです、過去にも兄弟でレースをやりながら速くなっていたライダーは多いです、身近に目標やライバルが居る事は良い環境だと思います。
もちろん、私もなるべく現場に出向き今後もサポートしていきます、レースは危険なスポーツです、不真面目にやってたら『叩くよ!』と伝えています(笑)!
NSR50エンジン バラシ(021)

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。無理しない程度に頑張っていきたいと思っております。
 
 福岡県のMさんの以前から保管してたNSRのエンジンです。息子さんがミニバイクにステップアップ、リフレッシュして使えればとの事ですが・・・う〜手ごわそう(笑)。本当に初期の頃のNSR50のエンジンです!自分のストックしてる部品を使ったりしながら、なるべく費用がかからないようしたいと思っています。

イメージ 1
錆や汚れは落とせそうです。各オイルシール類が古くてカチカチになってます。念の為、全交換が良いと思います。シール類は高価では無いです。

イメージ 2
87年〜88年式??初期モデルです。

イメージ 3
点火時期が少し進めてありました。親父がレースで使ってた??チャージコイル外します。ステーターコイルから配線が2本しか出て無い・・・アース(緑)は欠線しています、考えます。

イメージ 4イメージ 5
旧型シリンダーはNSR-miniタイプと比べると出力が落ちますので交換したが良いでしょう。
なぜか、カーボンリードバルブが着いてました。これは駄目です。純正と換える方向で。

イメージ 6イメージ 7
前期モデルの腰上ですが、この当時は作りが良かったのかシリンダー内面、ピストンアタリ面、めちゃめちゃ綺麗でした。ピストンはカーボン落として使えそうです。

イメージ 8
長期保管エンジンですが、クラッチカバー内比較的綺麗。

イメージ 15
クラッチアウターに欠けてる部分が、、、自分の手持ち予備があるので交換する方向で。

イメージ 9
クラッチプレートは行けそう、ディスクは交換ですね。

イメージ 10
ギヤシャフト曲がりなし。

イメージ 12イメージ 16
ケースはすんなり開きました。緑のセンターガスケットなので1回は開けてあるようです。カウンタシャフトの横に異物(何かの破片)が入っていました。

イメージ 13
ミッション心配されていましたが、数えました。NSR50(12インチ)のミッションです。

イメージ 11
クランクは、一部で人気のある、Oリングの無い前期タイプ。使えそうです。

イメージ 14
う〜、右ケース下部のMオイルのドレンボルトのネジ山・・・・完全にネジ切れています、終了です。自分の手持ち右ケースを出すか考えます。

イメージ 17
リードバルブ以外は純正部品、変な改造、元に戻せない改造など無く良かった、再生出来そうです。いろいろ面倒な部分もあるのでオーナーさんとしっかり打ち合わせます。
NSR50改造クラスエンジン 組立(020)

 N県のKさんのNSR改造クラス用エンジンです。『改造無制限なんでも有りのレースに出たいが、なんかNSRのエンジン無い?』と問い合わせがありました。とりあえずストックしてた自分の練習用エンジンがありましたのでお譲りする事になりました。最近はレギュレーションが比較的緩い、お楽しみレースも盛り上がっています。いつもは、レギュレーションの厳しいSP100に参戦されていますが、こういうのも有りだと思います。またいつかSP100同士でバトル練習したいお友達です(^O^)

イメージ 1
組みあがってたSP練習エンジンですが、ばらして洗浄しておきました。

イメージ 2
クランクは後期型、芯出し(200/1000)後、実走2時間なので今回はあえて芯出しで叩くことはやめておきます。

イメージ 3イメージ 4
大端、ワッシャー部焼けありません、ガタも少ないです。もともとSPでしか使って無いので大丈夫だと思います。改造クラスで使う腰下とのことですので10時間くらい、もしくは怪しいなと思ったら大端ピン、ベアリング交換したが良いかもです。

イメージ 5
クランクサイド左ベアリング、純正新品取付。

イメージ 6
クランクサイド右オイルシール新品、高圧縮に耐えれるよう接着しました。

イメージ 7
右ケースが少し緩かったので、ベアリング収まり内面にポンチ打っています。※SPクラスではケース加工のポンチは外周のみ、収まり内面は禁止です。固定剤の糊しろにもなります。

イメージ 8
左ケース内面、フリーなのでそこまで気にしなくていいかも、どうせハイパワー車はベアリング回ります。しっかり暖機してください。

イメージ 9
右ベアリング、温度差でいれました。上手くいきました、上手く行き過ぎて心配、右ケース緩いです。

イメージ 11
右のベアリングをしっかり止めるために固定剤使っています。ポンチも打ってるので強力と思います。バランサー振れなし、各ベアリングの痛みも無さそうです。

イメージ 10
クランクシャフト左オイルシール新品、こちらも高圧縮に耐えれるよう接着しました。

イメージ 12
ニュートラセンサーでメクラしてありましたが、見た目も気になり、純正グロメットでふさいでいます。飛び出し防止のストッパー着けてませんが、接着したので大丈夫でしょう。

イメージ 13
ミッション組み込み(NSRの純正)しました。ピーキーなエンジンでしたらクロスも有りだと思います。最近発売されたNECTOさんのクロス使ってみたいな〜!
ケースガスケット新品。

イメージ 14
各シャフトがストレス無く回るよう調整しながらケースを締めて行きました。

イメージ 15
バランサーアイドルシャフトは旧型。フリクションディスクは純正新品4枚、プレート純正新品3枚、スプリングは純正×2 NECTO(120%UP)×2を対角に組んでいます。15PS超えてくるようなエンジンでしたら、まめにクラッチの滑りは無いか意識して走行してください。

イメージ 16
クラッチリフターは旧型。クラッチカバーガスケット新品。

イメージ 17
キックはいらないとの事で外し、メクラしました。

イメージ 18
点火時期とりあえず標準で組んでいます。黄色〇部分に被膜の硬化で配線が見えてるところがありましたので、絶縁しています。古いエンジンにありがちなトラブル箇所です。調子悪いなとかありましたらまた教えてください。

イメージ 19イメージ 20
完成です。綺麗なスプロケカバーがありましたので一緒に梱包しておきます。

イメージ 21
今回、替えた部品がわかりやすいよう、書類いれておきます。機会があれば乗せてください〜♪

全42ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事