YAHOO!ケイタイ広場

あなたは、携帯電話有効に使われていますか!?

全体表示

[ リスト ]

株式会社サイバーブレインズは2005年2月17日、「携帯電話キャリアの乗り換え意向」に関する調査を、全国の18歳から59歳までの男女各50人、計500人を対象に、1月27日から28日までの間、インターネット調査を実施し、その結果を発表した。

調査結果によると、携帯電話のキャリア変更経験ある人は全体の36.3%。そのうち、1年以内にキャリア変更をした人は7.2%、1年以上前にキャリア変更をした人は29.1%だった。

キャリア変更理由として、「料金プラン」「機種変更のついでに」が最も多く34.8%、ついで「周囲の人と同じキャリアにしたかった」が27.1%で続いた。これをキャリア別に見ると、NTTドコモユーザーのキャリア変更理由は全体の傾向と異なり、「料金プラン」は16.7%に留まり、「機種変更のついで」が最多で36.7%だった。

キャリア変更をした181人に変更後の満足度を尋ねたところ、満足している人は77.4%。最も満足層が多かったのは au で83.0%だった。また、今後他キャリアへの変更意向を全員に聞いたところ(無回答2人)、「できるだけ早く変更したい」「いずれは変更したい」が22.1%、変更意向がない人は56.0%と、過半数はキャリア変更意向がないことがわかった。

キャリア変更意向がある人に、乗り換えたいキャリアを聞いたところ、トップは「au」で42.5%、「NTT ドコモ」は24.5%でこれに続いた。NTT ドコモユーザーのうち乗り換え希望キャリアとして最も多かったのは「au」で64.3%と過半数を占める一方、au ユーザーのうち乗り換え希望キャリアで最も多かったのは「NTT ドコモ」で50.0%。また Vodafone ユーザーの乗り換え希望キャリアとして「au」が40.0%でトップだった。

また、 番号ポータビリティ[http://plaza.rakuten.co.jp/lovevodafone/003009] について質問したところ、「内容・時期など大体知っていた」31.8%、「名前ぐらいは知っていた」36.2%で認知度は約7割だった。さらに、番号ポータビリティの料金帯として「無料なら使いたい」が最も多く39.4%。次いで「1,000円程度なら使いたい」17.6%、「2,000円程度なら使いたい」13.6%、「3,000円程度なら使いたい」12.4%と、料金を支払ってでも使いたい人はそれぞれ1割程度に留まった。
「YAHOOニュース抜粋」

来年秋頃にナンバーボータビリティ制度が始まる予定です。
この調査を見てみると、キャリア換え希望先は、ダントツでauのようです。
auのどこに魅力を感じるのでしょうかね!?
そのあたりを突っ込んで聞いてもらいたかった。

この調査を各キャリア(ドコモやボーダフォン)が見るかどうかわかりませんが、キャリアもナンバーポータビリティ制度については、いろいろな対策を練っていると考えられ、今年から来年にかけて、サービス面を充実させると考えられます。

まぁ、現状でも、どのくらいの年数を今のキャリアと付き合っているかわかりませんが、2年以上の付き合いだと[http://plaza.rakuten.co.jp/lovevodafone/003001]、年割や継続割引、家族割等を考えると、基本料金が高くなるし、移転料もかかるので、わざわざ移動する人はほとんどいないと思います。
ただ、それ以外の問題、例えば、使い勝手などが悪いと思う人や、他のキャリアの端末が欲しい人などは、このサービスを使った方がお得ですね。
メールアドレスは変わりますが、電話番号が変わりませんので、便利だと思います。

制度実施まで、ドコモやボーダフォンには、サービス面の更なる充実を図っていただき、この調査のようにならないように頑張っていただきたい。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事