ここから本文です
4.37光年の孤独
自然観察と中国武術、日々の暮らしをつづった”非まじめ”生活史
  • 書庫センス・オブ・ワンダー

    すべて表示

    イメージ1 観察地1には、かなり古い時代から使われてきたキツネの大きな巣が2つあります。 巣Aのほうが人気があるようで、僕からすると散策道に接している巣Aよりも安全な気がする巣Bはここ数年人気がなく使っていません。 どちらで出産、子育てを始めるかわからないので、両方にカメラを仕掛けていますが、このひと月、巣Bにはキツネの姿はなく、巣穴Aのほうにキツネはやってきています。 どうやら今年も巣Aを使うようです。 巣Aには新しいハウジングに入れた新しいカメラを設置していますが、、、なんやコレ? 昼間の画像は問題ないので、どうやら、カメラの発した赤外線がハウジングの庇に当たって反射したようです。 ハウジングの改良版作成。 今回も100均で同じパンケースと、そして古いキッチンの模様替えに使うシールを ...すべて表示すべて表示

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事