全体表示

[ リスト ]

ソラニン

 イメージ 1
 
宮崎あおいのguitar&vo.はすっごい可愛くて、天使みたいだった。
 
2010 公開
監督:三木孝浩
原作:浅野いにお 「ソラニン」
音楽:ent

 
累計70万部を突破した浅野いにおの人気コミックを映画化
 
 
音楽で成功する夢を諦めきれずにフリーター生活を送る彼氏・種田と暮らす芽衣子
OL2年目で突然会社を辞めてしまう。
 
不安定な生活を2人で支え合いながら、
種田は「ソラニン」という曲を書き上げ、レコード会社に持ち込むが……。
 
 
キャスト:宮崎あおい 高良健吾 桐谷健太 近藤洋一 伊藤歩 ARATA 永山絢斗
 
 
 
「井上芽衣子」
という手書きの表札の下に小さく「種田」 と書いてある。
2人が住む小さなアパート。
 
ちょっとしたことで
例えば―
コピーした書類にホチキスしたとき
「右上だって言っただろ!」
と上司にひどく怒られること。
 
 
「どうしたらいいかわからなくなって
体に毒がたまってく。」
 
―― こういう感じがすごく良くわかる。

一昨年くらいに原作コミックは読んでて、
細かいとこは忘れてしまってるけど、
主要キャストが原作コミックのイメージのまま。
 
芽衣子=宮崎あおい
イメージだったから、なんだかうれしい(・∀・)
 
 
コミックの雰囲気がよみがえってくる。
 
顔が×(バツ)のうさキーホルダーもちゃんと出演してた^^
 

白っぽい光の映像と
ギターの音がまぶしい
 
 
ゆるーくみえる2人の雰囲気だけど
 
種田が「ちょっと出かけてくる」と
ふらっと出て行って帰ってこなかったとき
芽衣子は寝込んでしまった。
 
 
何日ももどらなかった種田
 
「音楽で世界を変えようって本気で思ってた。
ほんとはバンドがやりたいだけじゃんって気付いた。」
 
そう芽衣子にケータイで告げる。
 
「これから帰る」
そのあと
「愛してる。」
をいいかけて、バッテリーが切れる。
 
そのまま

そんなふうに種田は逝ってしまった。

風みたいに。
 
 
イメージ 2
 
 
そして芽衣子は
種田ののこした曲「ソラニン」を
歌う決心をする。
 
ギターが全くできない芽衣子
猛練習を開始
 

ソラニン=じゃがいもの目の毒のこと。
 
3ピースのバンドが
種田のための最初で最後のライブ
 
聴いた人の心にはたくさん響いたはず。”何かが。”
 
そのあと
芽衣子は種田と暮らした部屋から引っ越していく。

新しい明日の第一歩だ。
 
 
イメージ 3イメージ 4
 
 

閉じる コメント(16)

♪ソラニン♪星が〜
ある〜よ〜ぉに〜♪
失礼しました

2010/9/19(日) 午前 10:35 [ てんてん ] 返信する

顔アイコン

けいときさん,私がブログを始めたときから(確か私の方から先にけときさんのブログにお邪魔したと思いますが)いつもナイスコメントをいただいてありがとうございます。私も,自分の英語の勉強も兼ねてDVDを借りてかなり洋画をみましたが,映画の評論まで行かなくて,そんな状態でコメントを書かせていただいておりました。いつも温かい言葉ありがとうございます。 ☆

2010/9/19(日) 午後 6:22 coolbluesea 返信する

アバター

履歴から参りました。ソラニン良かったよー。漫画の方に思い入れが
強かったので、ちょいとハラハラしてもいたのですが、ちゃんと原作
の世界観を引き継いで出来てました。

TBさせていただいてもよろしいでしょうか?てか、しますのでよろしくw

2010/9/20(月) 午前 0:02 カボチャ頭 返信する

顔アイコン

僕は劇場公開時に観ました。

なんだかちょっとダメっぽいところ
へたれっぽい所がリアルで・・・
共感出来るポイントでした。

2010/9/20(月) 午前 8:49 DEVI 返信する

顔アイコン

私も3日前くらいに借りて昨日見ました
私の好きなシーンは、
あおいちゃんがソラニンを精一杯歌っているところ
かなり心を打たれました
良い演技するわぁ〜

2010/9/20(月) 午前 11:43 [ ] 返信する

もしかして、もうDVDですか?
あおいちゃん、可愛いし、歌もピュアで良かったな〜。
桐谷クンとはオカンで最近また共演していますね^^

2010/9/20(月) 午後 9:38 くるみ 返信する

アバター

「ソラニン」って、そういった内容の作品だったんですねぇ。
苦手な歌を初めて、あおいちゃんが披露したというのは聞いていたんですけれど、こういった理由からだったんですね。
何だか切ない物語ですけれど、心に暖かい気持ちが溢れてくる感じですね。
またDVDが出たら見てみようと思います

傑作(。・ω・)σ"凸ポチ

2010/9/20(月) 午後 10:30 青空 返信する

コミックの映画化だったんですか。全然知りませんでした^^;
主人公がコミックのイメージと同じだと嬉しいですよね。
ポチ

2010/9/21(火) 午後 10:08 LAGUNA 返信する

てんてんさん

ありがとうございます(*^^)v
弾き語りで聴かせてね♪
大切な人が「何か」遺していったとしたら。それをみんなに聴かせたい。と思ってたとしたら。
自分が受け継ぎたいって、私も思うよ。^^

2010/9/21(火) 午後 10:57 けいとき 返信する

coolblueseaさん

ありがとうございます(*^^)v
coolblueさんの言葉は、いつも温かくて元気をくれます☆
私も洋画&洋楽たくさん観たり聴いたりしてますが、ヒアリングはまったく×です。。記事みてくださって、嬉しいです(^O^)/

2010/9/21(火) 午後 10:59 けいとき 返信する

かぼちゃ頭さん

ありがとうございます(*^^)v
ソラニン。コミックと映画の空気感が同じで、とても良かったです。アジカンも大好き♪
TBありがとうございます(^O^)/

2010/9/21(火) 午後 11:01 けいとき 返信する

DEVIさん

ありがとうございます(^O^)
劇場公開みのがしてDVDで観ました。
劇場で観たら音響が良かっただろうなーーーと思います。
若いころ仕事を転々としたところ。私も共感しました(~_~)

2010/9/21(火) 午後 11:06 けいとき 返信する

雫さん

ありがとうございます(*^^)v
ラストのライブシーン。芽衣子の歌に、自然と涙がでてきました。
演技とは思えない演技で、コミックを読んだ時の感動そのものでした。

2010/9/21(火) 午後 11:09 けいとき 返信する

くるみさん

ありがとうございます(*^^)v
DVDですよーー。早いですね。ほんと。
私にとって、あおいちゃんの代表作となりました。
桐谷くんもいい味出してますね!「オカン」も観たい作品です☆
TBさんきゅーです。

2010/9/21(火) 午後 11:10 けいとき 返信する

青空さん

ありがとうございます(*^^)v
そうそう。あおいちゃんが歌うっていうんで話題になりましたね☆
切ないけど、一緒に過ごした思い出は決して消えないんだ。と実感した作品でもありました。
DVD出てますので機会があったらぜひ☆
ぽち。ありがとうございます^^

2010/9/21(火) 午後 11:13 けいとき 返信する

らぐなさん

ありがとうございます(*^^)v
人気コミックなんですけど、ほんとヒロインがあおいちゃんのイメージなんですよ☆あおいちゃんの歌に泣けました(>_<)
ぽち。ありがとうございます^^

2010/9/21(火) 午後 11:14 けいとき 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事