全体表示

[ リスト ]

ザ・ロード

 
 
原題:The Road
2009年アメリカ
 
監督:ジョン・ヒルコート
原作:コーマック・マッカーシー
 
 
キャスト
ビゴ・モーテンセン コディ・スミット=マクフィー ロバート・デュバル ガイ・ピアース シャーリーズ・セロン
 
 
大災害により文明を失ってから10年以上経った世界
空は塵に覆われ寒冷化が進み動植物は死滅していく。
 
生き残った人間は餓死するか自殺するかお互いを食い合うしかない。
そんな荒廃した世界においてもなお父と息子は善き者であろうと生きつつ
寒さから逃れるため南を目指し歩き続ける。
 
 
 
 
「南へ行くのよ。
ここは寒くて生きられないから。」
 
そう言い残して、妻は一人で去っていってしまった。
息子に別れも告げずに。
 
わずかな荷物をリヤカーにのせて、父と子はひたすら歩いて行く。
安全な場所などない。
 
あちこちで起こり続けている地震や火事。
 
だけど食べ物もモラルもない世界で「人」と出会うことがいちばん恐ろしい。
「人食い族」たちが狙っている。特に子供。
 
食べ物を探していて偶然入った家が、「人食い族」の家だったときは、
ほんと恐ろしかった〜。。。
 
困難な状況の中では、他人のことは信じられなくなってる。
害のない老人に出会っても
父親は決して気を許さないし、ピストルを向けてるのだが。
息子は手をつないだり、自分のできる精一杯の親切をしていく。
 
息子はとてもキレイです。心も外見も。
 
今は亡き妻に、息子は必ず守る。と約束した父…。
病気と、ひどいケガでついに息子をおいて息を引き取ってしまう。
 
遺された息子は、父に毛布をかけたり寄り添ったりしていて、、
ほんと泣けました。
 
息子を「神」だと信じていた父。
息子への最後の言葉は
「良きもの」に出会い、火を運ぶように。」
父と行くはずだった南へと。
 
 
ほとんど父と子の2人のシーン。
出会う人々は、人食い族、老人、盗人、子供…。
悪いものばかりだけど、中には良いものもいた。
 
良いものかどうかは、
自分の選択を信じるしかないんだな…。
 
レビューでは賛否両論あったけど、好きな作品 (T-T*)
 
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(19)

顔アイコン

興味あります

人食い族とはすごいですね
人間、極限に追い込まれると
生きるためになんでもするんですよね
確か、「生きてこそ」って映画でも
遭難した山で生き残るために死体の肉を食べていました

今日は、休みなので観てみようかなぁ〜

2010/12/24(金) 午前 3:44 [ ]

そういうストーリーだったのですねぇ。。
うわぁ、みてみたいっ!
とっても気になりますポチっ!!

2010/12/24(金) 午前 8:19 mE

しずくさん

人食い族=ほんとコワイです。。ホラー映画みたく、作りこまれているわけでなく極限状態の人間ですから。「生きてこそ」=チェックしてみますね。父と子はどんなに腹がへってても「良いもの」でいます。信じあえる人と一緒だから理性を保っていられるのかも。良い休日をすごせましたか?^^

2010/12/24(金) 午後 11:39 けいとき

mEさん

これは予想以上に、こわかったです(-_-;)
極限状態になると、こうなってしまうのか…!と。ヴィゴ・モーテンセンの演技は素晴らしかったです。タオル用意しておいて良かった。。ウルウル(T_T) ぜひ☆ぽち。さんきゅーです!

2010/12/24(金) 午後 11:41 けいとき

アバター

実際にあり得そうな話ですね。
現代ではほぼ行われていない共食いって怖いなぁ。
そんな環境の中で何を信じるかって難しいことですね。

2010/12/25(土) 午前 0:45 ☆hiro☆

アバター

色々と考えさせられる映画ですね。
人間は極限状態に置かれると、正常な感覚を失ってしまいますものね。
そういった中で、シッカリと人間らしさを失わずにいられることは凄いことですよね。
最後まで子供を護ろうとした父親は、まさに子供にとって神だったと思いますよ。

傑作(。・ω・)σ"凸ポチ

2010/12/25(土) 午前 1:58 青空

アバター

最近の地球の環境を考えると、決して「ありえない」ことではないですね・・。
たとえ、地球最後でなくても、もし自分が極限の状況におかれたら、それでも、人を信じることができるのか?
難しい選択だと思います。
コレみたら、ゼッタイ泣くだろうなあ・・・(涙)

2010/12/25(土) 午前 3:54 akichipi あきちぴ

hiroさん

ありがとうございます☆
いろんな問題を抱えている現在。
やがて天変地異が起きて生存者はわずか=将来的にありうることですね。。動物の肉を食べてるわけだから、人間の肉も食料の対象になってしまう。。。本当、何を信じるか。考え方ひとつです。
ぽち。さんきゅーです☆

2010/12/26(日) 午後 2:43 けいとき

青空さん

ありがとうございます☆
そうですね。。どうみても危険にみえないお爺ちゃんにも、銃口を向けてしまう=守るべき人がいれば、自分もそうするかもしれません。。極限状態で信頼できる仲間に出会うことは、幸せなことですね〜…。父が息を引き取るシーンは号泣でした。。ぽちさんきゅーです☆

2010/12/26(日) 午後 2:51 けいとき

あきちぴちゃん

ありがとうございます☆
ありえることだと、私も思う。起こってほしくないけど。
生きる目的があれば乗り越られると思うし、選択する知性は持っていたいーー。
その状況におかれてみないとわからないけど。
ぜったいっ…泣くよ! もぉ。ほんと…。タオル用意してね^^

2010/12/26(日) 午後 5:07 けいとき

顔アイコン

希望あるラストがあるからよかったです。全部この調子だったらやり切れません。

2011/1/2(日) 午前 0:31 mossan

もっさん

TBありがとうございます☆
父と子が歩く姿に、どきどきはらはらしました。
生き残った者同士、信頼しあえるのか。否か…。
ラスト良かったです。

2011/1/2(日) 午後 9:29 けいとき

私もこれ、好きです。この荒廃した世界観よく映像化しましたね。
子供が天使のようでした。TBしますね

2011/1/4(火) 午前 2:31 LAGUNA

ポチしますね

2011/1/4(火) 午前 2:32 LAGUNA

らぐなさん

TB&ポチありがとうございます☆
ほんと映像すごかったです。
ヴィゴさん。どんどん変化していきましたね。荒廃した世界のせいですさんでいって…。息子のおかげで最期まで理性を失わずにすんだのでしょうね。

2011/1/6(木) 午後 0:48 けいとき

原作を読んで、心に深く沁みました。
映画化されると聞いて、この世界をどうやって?と、思ったのですが、こんなに素晴らしい作品に仕上がっているとは。。
希望はどこから生まれるのか。
そんなことも考えさせられる作品でした。
トラバさせて下さいませ。

2011/1/11(火) 午後 9:27 恋

恋さん

TBありがとうございます^^
原作読まれたんですね。私も読みたいです!!
映像はリアルでした。そうですね。人は一人では生きていけないと…改めて感じたり。ヴィゴさんの演技素晴らしかったです。

2011/1/13(木) 午後 11:01 けいとき

顔アイコン

うんうん、息子ちゃんの優しさがとても印象的でした。
助け合いの精神・・ いついかなるときも持っていたいものです。
TB、お願いします。^^

2011/4/9(土) 午後 4:28 サムソン

サムそんさん☆

息子ちゃん=天使でしたね。
ほんとほんと、助けあえる相手がいるから、こんな世界でも生きられるんだね。
TBありがとう(^o^)

2011/4/11(月) 午後 0:47 けいとき

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事