ここから本文です
リアルウーマンブログ
楽しく幸せに暮らしたい

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

ある夕暮れ時のことだった。
私は、よく私の横にいる男にある問いを投げかけた。

私「おばあちゃんでブスな人っていなくない?」

男「確かにそうですね」

私「ということは、ブスを卒業する瞬間とか、ブスじゃなくなる日っていうのがあるってことだよね」

男「まあそうですね」

私「ブスっていつ卒業できるんだろう」

男「女であることを諦めたら、じゃないですか?」

私「ん?」

男「女であることをやめて、恋愛市場から身を引いたら、ブスとか美人とか関係なくなるじゃないですか」

さらに男は続けた。

男「だから恋愛戦士である以上、ブスは卒業できないんじゃないですか?」

戦士という表現が少し気になったものの、なるほどと思わざるを得ない。

確かに「ブス」とはあくまで概念であって、明確な基準はない。

自分がブスだと思ったらブスだし、他人がブスだと思ったらブスなのだ。

相手を異性として見ることをやめて、
自分も異性として見られたいと思うことをやめれば、
別に自分がブスでも相手がブスでもどっちでも良い。

なるほど。

ならば卒業はかなり先になりそうだ。

なぜなら私はまだまだ戦士であり続けるのだから。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事