全体表示

[ リスト ]

パスタのおいしい約束...汁麺二元論とその統制へ?謎汗
 

まず、つまらない挿入と序論をお読みください〜(空読みOK)
私の主食は麺です
寮に移ってから部屋に電子レンジや炊飯器が置けず
まさかのひ弱なIH...泣
電子レンジやガス台は地下一階の食堂と大変不便なことで
大好物のシラスご飯も食べれず
最近はめっきりの日常パスタ、パスタ人になっております(笑)
これがずば抜けてというような好みはありませんが
最近はパスタと仲良くしております(笑)ルンルンルン♪な感じ?謎爆
ところでそんなパスタ、
私が今まで
家で作って
外食に出かけて
よく食べるパスタやスパゲッティだのの洋麺とか限らず麺の部類ですが...
何度食べてもどんなにおいしいものに出会っても、どんなにお高く寝入っても、
受け入れることのできない何か核とした矛盾と言いますか、もやもやがございました
たとえば、
おいしいおいしいと、麺の小麦がどうだのこうだの...ソースに使っている材料にも云々
確かにうまい、味わい深い...が...それって、味わかる人や無いとすべて感じ取れんし、
それだったら
ソースと、軽いお塩で味付けした麺と、別々やってもいいやんけ
一緒に居る意味無いやんけ...
つまりというのも、簡単な結論
「麺とソース(スープ)が二元論!!!!」
そう、
どうしても、その、麺とソースやスープ、具等が一同に「おいしい!!」と感じれる出来事は一度もなかったのですね。
どうも、スープやソースがおいしい!!麺も美味しい!!別々においしい!!ゆえに総じておいしい!!ってのがほぼ常で
ソースやスープ、と、麺が、最初から一同に「おいしい!!」ってのが...本望
何か何食べてもいまいち
口の中でパスタとソースは分離しておいしいになってしまっているような悲しさがありました...
達成されしは焼うどんや唯一横手焼そば系あたりかと
で、
いつも作るパスタで手軽にどうにか成らんもんかと
最近は寮だけ夏休みという憎い季節で(って経営側の前では到底殴られても口には言えませんが、)
作る機会が増えたので(二日に一度)
軽〜〜くこだわってみました(笑)
目標は簡単
部品部品が一同にコーラスして、
一発目で、
「うまい!!」
になるパスタのちょー簡単な作り方
つまり、
直感でわかる
「麺とソースの大連立!?そこにある有終の美?」
デス〜〜
(政治とは関係ありません)
 
 
 
 
まずお口直し
ムフフ
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いじゅ地方感触じゃなく完食(笑)
 
そして
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
方法を探ります〜〜ノ巻子(ここもかっ飛び読みOK)

まず
私が目に付けたのが
パスタソースパック裏に表示がよくある
「一工夫でおいしいパスタの作り方」
的なプラスαな文章です〜〜〜
パルメザンをウンチャラ〜〜
バジルやタイムをどうのこうの〜〜
タバスコでスコスコ〜〜
っていう話は気にせず(これたしていっても結局ソースや具のたしにしかなりませんの)
で、
気になったのが
「麺ゆで汁大匙2杯」
といった部分
つまりこの場合
ソース自体に
麺のゆで汁にしみ出た麺のうま味と少々の灰汁やゆで塩のうま味を加え
ソースの味を麺に近付け麺と仲良くさせよう(させたような感じにしよう)...てきな
これでやりましたが〜〜
またもや麺のつるつる感というものが...ベルリンの壁のごとく、一見同じようで実は大きな国境を書いてるような、
どうも一緒においしーには何か足りない物を感じました
簡単にいえば
麺をすすれば麺の艶艶が...ソースたちを引き落としていく...そんな感じ

でその後は
オリーブオイルをこだわってみたり
オイルおおめにしたり
ソースおおめにしたり
そのままスープパスタなっちゃったり
炒めたり、時に麺を傷めたり
針金からフヤケまで変えたり
 
そんジャマイカ
最初にやったことの逆の発想をやればええやんけ〜〜ほゲ〜〜!!
ってことで
麺に味をつけるに至りました?
はい
麺に味を、です
ソースをつける際
茹でる蒸す炒めるの同時開催にて
ぺキカンデス〜〜〜☆
 
簡単でほ?
 
 
 
 
 
お口直し〜〜^
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

はいお待ちかね
その技を伝授です〜〜〜☆(必須購読立ち読み斜め読み流し読み流され読み厳禁デス、先読み無論...怒)

まず麺をゆで
麺をちょっと硬め所謂バリで仕上げておきます(麺をそのまま鍋から上げると芯は無いけどフーフーすると芯が出る程度)
空のフライパンに
麺のゆで汁大匙3杯とオリーブオイル
ソース(レトルトとか関係なく)に具を入れ
煮たたせます
煮たち始めたところに麺を入れ、蓋を!!
テフロンじゃ無い場合は焦げ付きにご注意!!!!!!
テフロンは
呑気に時折軽ーく混ぜつつ観察しながらお待ちください
パスタの感触が
バリからモッちりやツルツル前で(つまり芯が完全に抜けたころ)ナベブタを外します
そしてソースをからめつつ
徐々に水気を抜き
パスタがそう簡単にソースと離婚しない状態を作り上げていきます
ボンゴレビアンコはその境界線が明確で、
あさりと茹で汁で、粘り気が出てきます
トマト系は
トマトソースがかなり個体に近いペースト状、又は、なんか最初に比べ、汁が消えた?
って程度に
そして
後はフライパンの状況によりますが
具等に焦げが付く三歩手前で?(焦げ付く予感がする前で)
出来上がりです。
 
ほぼ感覚なのでこれ以上どうにもこうにも言えませんが
出来上がりは
麺の汁なんぞほぼ無い感じです
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は特別
慣れたのでこんな面にしてみましたムフフ
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

最初の方で麺をソースで蒸し茹でになるので、麺に味が完全に入り込みます
そんでもってソースも絡まりきったに近い状態で、
麺の味とソースの味が分割されている間隔はかなり薄まり
一同のコンビネーションのうまさが分ります☆
これ
チーズ系とカルボナーラ系以外はほぼ使えますので
ぜひやってみてくださいね〜〜
(私は行列のできる○○ホニャララとキュー○ーと青の洞○で試しました〜〜コ○プはスープが多すぎて危険行為になりますのでやめた方がいいでしょう。)
 
 
 
 
 
 
御清聴ありがとうございます
イメージ 6
 

閉じる コメント(9)

顔アイコン

PS

ワードで打ってコピーで張り付け

改行が消えてメッチャ読みにくく変身

非常に悲しくなりました

もう力ありません寝ます

多少の不便
バカヤロ―と心の中で叫んで
それでしまっておいてください

頑張ったのに...。...。涙

2011/8/19(金) 午前 2:39 [ kekkeonose ]

顔アイコン

おはよう。けっけさん、PC使えてるの??
ずっとスマホだと思ってました☆
パスタ研究と文章がすばらしいですね〜!!
読みにくいことなんかないですよ、情熱が伝わりました!
最後の画像のおしゃれなセンスがけっけさんらしくていいですね^^
(今朝はやさしいコメントを心がけましたがいかが?(笑))

2011/8/19(金) 午前 6:04 さくらんぼ

顔アイコン

ええ、
今のうちにと
文章書きまくっとりますPCに、
無駄を増やしてただただ長くした、、、、
簡潔では無い汚い分に仕上げてみました...照

優しいコメントっすか

じゃあ

次は

悪魔のコメントでもお願いします?(笑、汗)

2011/8/19(金) 午前 8:09 [ kekkeonose ]

理論的に料理を解説するなんて凄い〜(^-^)/

食べたくなりました♪

2011/8/19(金) 午前 8:10 させぼ

顔アイコン

おはようございます。私も昨夜はパスタ作りました。いい記事ですね〜。次回作る時の参考にさせていただきますね。けっけさんも素敵な1日を〜♪ ぽちです。

2011/8/19(金) 午前 9:19 [ - ]

顔アイコン

こゆとこ、結構こだわるのです...じゃないと...飽きますので。

当たっているか外れているかなんて、無かったり分からなかったり、でも、自分でつねにいろんな事を考えて、意味や関係性を見いだし、説明できるようにして、より発展改良させようとする。これ、大切と、かなり昔から考えて来てましたので。つまり、語ろうとすれば語る準備はある、てきな。だからなんでも理屈臭く。

でも

あんま理論オタクや理屈臭すぎたりすると、おんにゃのこに逃げられますので。理解し難そうなとこは...説明なしの結果オーライで(笑)


ぜひぜひ〜〜メンの茹で過ぎだけ注意ですねん〜

2011/8/20(土) 午前 0:22 [ kekkeonose ]

顔アイコン

せんせー、奇遇ですね♪今日も私パスタでした...え?


(笑)


サクちゃんのとこにもコメしてましたが
パスタ率が高いので〜〜(笑)


ぜひぜひ、茹で過ぎだけはお気を付け下さい〜〜ここ肝心ですので!!


ステキに疲れた一日でした...心だけ...

2011/8/20(土) 午前 0:29 [ kekkeonose ]

まいど〜♪

俺もパスタ大好きなんですよ!独身時代は色々作りました!
ホント綺麗な画像に上がってますよ♪今夜食べたくなったw

2011/8/22(月) 午後 6:25 承太郎

顔アイコン

お久しぶりです〜〜
やはり、独身男はパスタが似合う!!ってのは嘘で、あらゆる手間と時間が少なくてすみ、男らしい変な?こだわりが加えられる(こだわろうと思った所にとことん)という、なんと男にとっては魅力的なメニューと思いマス〜〜♪
綺麗な画像...そ、それは...幻覚です...汗、パスタを適当に盛ったので(ソースと具がほとんどパスタに絡み飾る余地が無いしかざる物もない)、全体画像が撮れず〜〜ハズカシナガラ、いちお、作りましたよ〜〜の証拠写真どす...俺激汗

ではでは、今宵は、イタリ―な承太郎さんデスね♪




PS.最近はめっきり訪問しなくホントにスミマセン〜〜汗。

2011/8/22(月) 午後 9:04 [ kekkeonose ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事