ここから本文です
★Design Koubou KEKOSU-2★
★羊毛フェルトで野鳥や動物を作っています★フェザーアート&色鉛筆画も★

書庫羊毛フェルト作品☆鳥

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

羊毛フェルトの親子スズメが完成しました。

久しぶりにスズメを作ったので、少し下手になったような…?
サイズは、本物のスズメとほぼ同じ大きさです。
 
イメージ 1
 
イメージ 2

ヒナのスズメは、今まで作ったヒナの中で一番幼い顔をしています。
羽毛のふわふわ感を出すため、背中は植毛しています。
まだ模様がはっきり出ていないヒナ?って感じにしました。
 
イメージ 3

★サイズ
・親スズメ
 高さ(足元から頭頂まで):約9cm
 全長(くちばしから尾の先端まで):約14.5cm
・ヒナスズメ
 高さ(足元から頭頂まで):約7〜8.5cm
 全長(くちばしから尾の先端まで):約11cm

★羊毛以外の使用素材
ボディー内部:ワイヤー・発砲スチロール芯
プラスチック・アイ、樹脂粘土、造花用テープなど。

。*。・゜。゜*。゜・。゜。*。・゜。゜*。゜・。゜。*。・゜。゜*。゜・。゜
イメージ 4
 
 
↑日本ブログ村の「羊毛フェルト(マスコット以外)」のサイトです。
「ポチッ」としてくだされば励みになります!
 

イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
↑気になった方は、ポチッとしてください☆
 
イメージ 3
 
今回は、以前制作したインドクジャクやマクジャクより大きく、
翼の模様やくちばしなど、全体的にリアルに制作しました。
 
ぱっと見た感じの大きさは、キンケイぐらいです。
これでも、本物のインドクジャクの半分サイズです。
 
飾り羽はアイ模様が小さいものを使い、
羽根の並び具合や、ソードフェザーなども
バランスが良くなるように付けました。
 
実際クジャクをよく見ると、冠羽の本数も結構多いるので、
頭部に取り付けが可能な最大限の本数を植え込みました。
なので、以前のものより本数が多く、軸の色も彩色しています。
 
台座なしで、2本の足で自立するよう、
前と後ろの重さのバランスを考えて制作しています。
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
★サイズ
全長(くちばしから飾り羽根の先端まで):約85cm
高さ(頭部の冠羽の先端まで):約30cm
 
★羊毛以外の使用素材
ボディー内部:ワイヤー・発砲スチロール芯
尾羽(飾り羽根の下にある本来の尾):シート状フェルト
飾り羽根:インドクジャクの羽根
その他、プラスチック・アイ、軽量石膏粘土、和紙、造花用テープなど。

イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
。*。・゜。゜*。゜・。゜。*。・゜。゜*。゜・。゜。*。・゜。゜*。゜・。゜
イメージ 3
 
 
インドクジャクの大きい方も、くちばしを付け替えて出来上がりましたが、
写真撮影がまだのため、先に小さい方のインドクジャクをUPします。

こちらのインドクジャクは、実物の4分の1程度のサイズで制作しました。
かなり縮小サイズなので、細かい部分はデフォルメしています。
以前制作したミニサイズよりも、翼部分や全体的なボディーの形は
リアルに作りました。
くちばしは以前と同じ黒っぽいものを使用。
 
縮小サイズでも違和感がないよう、飾り羽はアイ模様が小さいものを使い、
ボディーサイズともバランスが良くなるようにしました。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
★サイズ
高さ(冠羽の先まで): 約22cm
全長(くちばしから飾り羽根の先端まで):約60cm
 
★羊毛以外の使用素材
ボディー内部:ワイヤー・発砲スチロール芯
尾羽(飾り羽根の下):シート状フェルト
飾り羽根:インドクジャクの羽根
その他、プラスチック・アイ、樹脂粘土、和紙、造花用テープなど。
イメージ 5
 

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

。*。・゜。゜*。゜・。゜。*。・゜。゜*。゜・。゜。*。・゜。゜*。゜・。゜。*。・゜

修正中で作業が止まっていたマクジャク(立ち姿)のものを、
やっと完成させることができました。

マクジャクは、頸から胸元にかけての色が、グリーンからブルーへの
グラデーションになっていて、うろこ模様があるのが特徴です。

本物の孔雀の半分よりやや小さめサイズで制作。
飾り羽はアイ模様が小さいものを使い、
ボディーサイズともバランスが良くなるようにしました。

修正前は、背中のゴールドバックフェザー(羊毛フェルト部分)と、
ピーコックアイの一番短いものの間に隙間があり、中の軸が見えていたので、
もう少し小さめのスモールアイ2本を付け加えました。

その他、ボディーが細く違和感があったので、
胸のあたりから腹部を羊毛フェルトを付け加え、ふっくらさせました。
インドクジャクと比べると、マクジャクは歩行時の姿がスリムです。

羊毛で作ったボディー部分や翼の模様はデフォルメしていますが、
頸から腹部にかけての色が、グリーンからブルーへ
綺麗なグラデーションになるように羊毛を混ぜ合わせて作りました。

★サイズ

全長(くちばしから飾り羽根の先端まで):約65cm
高さ(頭部の冠羽の先端まで):約27cm

★羊毛以外の使用素材

ボディー内部:ワイヤー・発砲スチロール芯
尾羽(飾り羽根の下にあります):シート状フェルト
飾り羽根:インドクジャクの羽根
その他、プラスチック・アイ、樹脂粘土、和紙、造花用テープなど。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

原宿のお店よりオーダーを頂いて制作したケツァール(2羽)です。
昨年秋に完成したものですが、
都合により、この時期に写真UPさせていただきました。

ケツァールは、キヌバネドリの仲間で、
メキシコ南部からパナマ南部等の深い山地に生息している美しい鳥です。

雌は地味な緑色をしていますが、
雄は、頭部と背中が青っぽいメタリック・グリーンで、腹部が赤く、
長くて美しい飾り羽根を持っています。

長い飾り羽根の部分は、羊毛では作るのが難しいので、
インドクジャクのソードフェザーをつなぎ合わせて作りました。

若い雄は腹部の赤色が淡いものもいるので、色違いで制作しました
ふっくらとしていて愛らしく見えるように…と思いながら作りましたが
本物に似てるでしょうか・・・?

実物のケツァールを見たことがないので、
写真だけを参考にして作るのは難しいですね(^_^;)


★サイズ

尾(飾り羽根)を伸ばした状態で
濃い色の方が、全長(くちばしから尾の先端まで)約84cm
淡い色の方が、全長 約80cm

高さ:長い飾り羽根を含めない本体部分で、
足から頭頂部まで、約15〜16cm

★羊毛以外の使用素材

ボディー内部:ワイヤー・発砲スチロール芯
尾羽(飾り羽根の下にあります):シート状フェルト
飾り羽根:インドクジャクの羽根(ソードフェザー)
その他、プラスチック・アイ、樹脂粘土、和紙、造花用テープなど。

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事