ここから本文です
★Design Koubou KEKOSU-2★
★羊毛フェルトで野鳥や動物を作っています★フェザーアート&色鉛筆画も★

書庫羊毛フェルト作品☆鳥

記事検索
検索

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

羊毛フェルトで製作した孔雀(インドクジャク)です。
本物の半分サイズで作りましたが、かなり大きめです。

飾り羽根は、本物のインドクジャクの羽根を50本以上使用しています。

飾り羽根の一番下(先端)のアイ模様のない羽根を
「バタフライフェザー」と言うそうです。
バタフライ(蝶)というより、魚のしっぽの形に見えますが・・・
孔雀が歩く時、この羽根を地面に引きずってしまうことが多いので、
たくさん購入した羽根のうち、傷みの少ない綺麗な羽根が
少ししかありませんでした。

でもやっぱり、これがあるほうがリアルに見えます(^-^)

羊毛で作ったボディー部分は、
本物のようなメタリックな輝きはありませんが、
特に背中の色合いは、ブルーからグリーンに、そして飾り羽根の色へ
綺麗なグラデーションになるように羊毛を混ぜ合わせて作りました。

翼部分のシマシマなど、複雑な模様は少しデフォルメしてます。

本物の飾り羽根と違和感なく一体化するように・・・
と思いながら作りましたが・・・どうでしょうか?


★サイズ

高さ(冠羽を含む): 約29cm
全長(くちばしから飾り羽根の先端まで):約80cm

★羊毛以外の使用素材

ボディー内部:ワイヤー・発砲スチロール芯
尾羽(飾り羽根の下にあります):シート状フェルト
飾り羽根:インドクジャクの羽根
その他、プラスチック・アイ、樹脂粘土、和紙、造花用テープなど。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

オーダー頂きましたスズメちゃん8羽です。
今回も、一羽ずつ個性が出るように作りました。
ヒナっ子スズメ製作は今回初めてだったので、
試作品を作ってから、こちらの4羽のヒナっ子たちを製作。
ふわふわ感を出すのと、くちばしがヒナらしくなるよう作りました。

かなり色をミックスして作りましたが、羊毛フェルトの性質上、
本物のスズメよりは少し鮮やかな色合いです。


一枚目は、みんなで集合の写真。

2枚目からは、おとなとヒナっ子、それぞれペアでの写真です。

ペア
首の「ネクタイ」が太めで、凛々しい感じのおとなスズメ。
背中側から見るとちょっと色が濃い目です。
ヒナっ子はふわっとした感じに・・・

ペア
右斜めを向いたおとなスズメと、羽を少し広げたヒナっ子。
このまま口を大きくあけたら、餌をおねだりするポーズになります。

ペア
頭に白い斑点のあるおとなスズメと、少し羽を広げたヒナっ子。
私も一度、家の近くで見たことがあるんですが、
頭に白い斑点があるスズメって、結構いるんですよ〜(^-^)

ペア
ちょっと色が濃い目のペア。
ヒナっ子は、あどけないポーズ?に見えるかな?


◆サイズ

全長:おとなスズメ-約12〜13.5cm
   ヒナっ子スズメ-10.5〜11.5cm
高さ:約7〜8cm

◆羊毛フェルト以外の素材

目はプラスチックアイ、くちばしは樹脂粘土を使用。
ボディー芯に卵型発砲スチロール、翼、尾は、内部にワイヤーを使用。
足は表面がフローラテープ、内部にワイヤーを使用しています。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ご依頼分のスズメ製作中、ポーズ違いで1羽多く出来上がったので、
試作のヒナっ子を手直しして完成させたものと
親子にしました。

おとなスズメは、ちょっと上を向いて首をかしげたポーズ。
首を伸ばしています。

ヒナっ子は少し小さめサイズで、足の色がちょっとピンク系です。

去年、最初にスズメを作った時より、
顔の表情や色合いなど、本物に近くなってきたと思います。
が・・・
おとなスズメの方は、本物より若干頭のサイズが大きいです(^^;)


◆サイズ

全長:おとなスズメ-約14.5cm(高さ:約9cm)
   ヒナっ子スズメ-約10.5cm(高さ:約7cm)

◆羊毛フェルト以外の素材

目はプラスチックアイ、くちばしは樹脂粘土を使用。
ボディー芯に卵型発砲スチロール、翼、尾は、内部にワイヤーを使用。
足は表面がフローラテープ、内部にワイヤーを使用しています。

イメージ 1

イメージ 2

羊毛フェルトで製作したルリビタキです。
スズメと同じぐらいの大きさで、瑠璃色で美しい野鳥です。
つぶらな瞳で愛らしい表情になるように作りました。

前回、半年以上前にルリビタキを作りましたが、
出来具合に納得がいかなかったので、再度の挑戦?です(^_^;)

目はプラスチック・アイ、くちばしは樹脂粘土を使用。
今回は、布状のフェルトシートは使用していません。
翼も尾羽もフェルト羊毛で作っています。
芯部分のみフェルケットを使っています。

翼と足と尾の内部にワイヤーを使用しています。

◆サイズ

全長(くちばしの先から尾まで):約13cm・高さ:約8cm
実際のルリビタキとほぼ同じサイズで製作。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

公園などに普通によくいるハトで、カワラバトという名前です。
ドバトとも言われています。
スズメと同じく最も身近な野鳥。

翼に2本の黒いラインが入ったこの模様が多いですが、
他にも色んな模様のカワラバトがいます。

よく肥えて、まるまるした感じに作りました(^-^)

11月初旬にオークションに出品予定です。


◆サイズ

全長(くちばしの先から尾まで):約17.5cm
高さ:約11.5cm
実際のハトの約60%サイズで製作。

目はプラスチックアイ、くちばしは樹脂粘土。
翼(風切羽)、尾にシート状フェルト、内部にワイヤーを使用。
足は表面がフローラテープ、内部にワイヤーを使用しています。

全7ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

[ 前のページ | 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事