幾許かの食についての考察

花粉も酷いが歯周病は何とかならんもんか 更に口内炎ってどうよ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 週末の東京は妙な天気でした。朝起きてみると庭の植木鉢が

飛ばされていて、庇の内側まで雨水が入った形跡がありました。

台風でもなければ、こんなことは無いです。そして気温はどん

どんと上昇し、練馬区では 24.8度もあったそうです。街は半袖

の人もいれば、コートを着ているもいました。突然そんなに温か

くなられても、何着ていいかわからないですよね。それが一転し

て、昨日は寒い寒い。まあでも本来今は一年で一番寒い時期です

から、これでいいんです。そして、寒い夜には温まる根菜の煮込

みを食べましょう。

 羊と大根をコトコトと煮込んだだけの簡単料理ですが、羊の下

処理だけはきちんとします。羊は肩ロースなんですが、中に固い

筋が入っています。写真だと左上の白い部分です。この筋は、ち

ょっと加熱した位では軟らかくなりません。だから、あらかじめ

取り除いてしまいます。取った筋は捨ててはいけません。周囲の

脂が羊の風味を高めてくれますから。私だけかもしれませんが、

最近のラム(正しくはホゲット)肉はちっとも羊っぽく無いのです。

みんな臭いのを嫌がるからでしょう。でも、子供の頃から羊に慣

れ親しんでいる者からすると、臭いは羊の風味なんです。だから

少しでも風味を残す為に、筋も一緒に煮込みます。羊の風味とス

パイスが溶け込んだトロトロの大根は、たいそう旨いもんです。

特徴    一杯目はビール 二杯目は紹興酒で    
難易度   低

材料
にんにく
ラム肩ロース肉(焼肉用)
大根
紹興酒
砂糖
醤油
八角
桂皮
陳皮
花椒
韓国唐辛子
クミンシード

1.にんにくは縦に切って芽を取り、やや大きめに切る。

2.ラム肩ロース肉は筋を切り取る。取った筋は捨てずに取っておく。

3.大根は皮を剥いて、一口大に切る。

4.鍋に 1 の筋を入れて、弱火で焼いて行く。暫くすると油が溶けてくる
 ので、十分に油を出す。筋は取り出して、ティーパックの袋に入れる。
 1 を入れて、少し色が付く程度まで焼く。
 
5.火を強めて、2,3 を入れる。大根の表面がやや焦げる程度まで焼く。
にんにくは焦がし過ぎないように。

6.4 で作ったティーパック、紹興酒、少量の砂糖、醤油、水、八角、桂皮、
 陳皮、花椒、韓国唐辛 子、クミンシードを入れて、じっくりと 煮込む。

ポイント
・肩ロース肉を使ったのは、私の周囲では適当な肉がそれしか手に入らない
 為。ラムチョップを使いたい所だが、高価なので断念した。もし、バラ肉
 等、適当に脂が付いていて安い肉が手に入るのなら、その方が良い。
・大根が旨いので、たくさん入れると良い。
・スパイスの調合は好みだが、あまり何かが突出しないように調整した。

閉じる コメント(2)

羊大好きです!美味しそう(*^^*)
カレーや炒め物にしか使ったことなかったです。

わたしもあの獣臭さが大好き♡

2016/2/17(水) 午前 6:13 Misuzu 返信する

顔アイコン

おお、仲間がいて嬉しいです。

やっぱ羊はちょいと臭いくらいがおいしいですよね。

2016/2/17(水) 午後 0:52 [ kel*92* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事