トロッコ鉄道好きのブログ

ナローゲージ 実物・模型 ともに 好きです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全142ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

山口線 木造客車3

イメージ 1
天候が安定してきたので
塗装再開
イメージ 2
塗装が 仕上がりました
イメージ 3
山口線の特徴
デッキの柵は 特注で
よく仕上がっているが
強度が弱く 破損などして
予備を使って 何とか 足りた
イメージ 4
チョット 大きさが小さいが、
イメージ 5
窓ガラスも 貼りおわり
下回りの組立てで 完成となります

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
足尾歴史館
今年最後の ガソリンカー運転
それを見に 足尾に行きました
イメージ 2
足尾には わたらせ渓谷鉄道の開業 平成元年以来 20数年ぶりです
イメージ 3
歴史館を見学後 
復元された ガソリンカーに乗車できます
歴史館の 見学には 350円です
イメージ 4
機関車 ガソリンカーの運転は
お客さんが集まり次第で 発車ですが
連休なのに あまり多くのお客さんは いなかった
イメージ 5
スケート場の跡地に レールを敷いて
保存鉄道で 運転日は 毎月第一土日
冬季は お休みで
今シーズン 最後の運転です
今回は レストアされた 6台の機関車を運転されるので
見に行きました
イメージ 6
運転の先頭は ガソリンカーで
続行運転 その後は
森製作所の機関車 と 鉱車2両
イメージ 7
その後は
立山砂防の機関車 と その貨車1両
イメージ 8
その続行に
大変珍しい
米川鉄工所製の フリクションドライブ式ガソリン機関車
エンジンカバー等がないので
動力伝達の円盤が よく見えます
ナベトロを2両つないでいました
イメージ 9
その次は
KATO型機関車に 遊園地の客車2両
イメージ 10
最後尾は
立山砂防の機関車 単機 です

1回の運転に 2周します
時計の時計の反対周りに走行
(そう思えば 遊園地なども 時計反対周りがほとんどか?)
小さな鉄道ですが
続行運転に 珍しさに 圧巻です

運行の機関車のほかに
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
レストア待ちの車両も 多数あった
イメージ 15
5インチゲージ?もあり
エンジン駆動機関車を 体験運転もできます
スロットルを戻すと ほとんど惰行しないので
運転は 特別な技能はなさそーです
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
未整備ですが
お宝の山です
イメージ 19
腕木式信号は 福島臨海鉄道ものとか
イメージ 20
イメージ 21
鉱山関係もあり
小田急 向ヶ丘遊園のバッテリー機関車がここにありました
東芝科学館で展示のとき 見に行ったときは 状態は良かったが
これらの車両は 610mmの軌間に改造しレストアです

イメージ 22
楽しかったひと時に
スタッフの皆様に 感謝いたします

関係者以外には 機関車に近寄るなの オーラのかかっている 保存鉄道グループなどとは正反対に
歴史館のお姉さん 機関車の運転士さんは 皆親切な人でした

運営資金 機関車の購入 レストア代金など
歴史館の見学代金の 収入では とても??
日光市から 援助あっても

機関車・鉄道の運行には 相当な金額が 掛かっていると思います
ボランティアというけど
今回の謎です?

有難う御座いました
運転会には 再度行ってみたいです

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

模型製作 再開!?

天候が悪く 塗装が出来なかったり 私用で多忙だったり

すこしですが 製作を再開

イメージ 1
山口線客車は 色合いを間違えたが そのまま 製作
帯の白の 修正を終えた

イメージ 2
実は この 12mmの キハ40000を 作っていました


これの 製作記は 山口線の後に アップします

でも また天気が 気になります、、、、

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

山口線 木造客車2

イメージ 1
妻面を付け直しました
が、チョットあわず下のほうが 広がっています 前後とも
イメージ 2
このキットは 井笠鉄道の客車のキットで
山口線とは ステップの高さが 違います
ステップを 低いものを作り 付け直しました

イメージ 3
手前は 山口線のキット
後ろは 今回製作中の キット
ステップの高さを 同じに出来ました

やはり 妻面下側が 広がっているような?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1
軽便鉄道模型祭に行ってきました
会場は 昨年と同じです

イメージ 2
入場証は 紙質、印刷が良くなり
しおり として使えます
イメージ 3
今回の目的は
この 記念エッチング板ですが
イメージ 4
13時に到着したときは 完売でした 
この エッチングキットの指定動力は
アルモデルで 発売していたが
かなり在庫があり エッチング板を買った人が すべて買っていったとは
限らないようです
イメージ 5
毎回 出店している
森林鉄道のDVD
デモで 見ることは出来ましたが
音声はなく BGMでした
イメージ 6
もし 欲しくて買おうとも
いつも 店主が いない ??
イメージ 7
けむりプロの 阿里山の本を買うのも 今回の目的でしたが
南軽出版(けむりプロ)では 税は取らず 大きな運材貨車の図面がサービス

イメージ 8
となりの イモンでも 売っているが
こちらは 税を取り でも ポイントがつきますが
皆 けむりプロ で 買っていました
売っている人は 当時の けむりプロの人か?
聞けばよいのですが、、、、
当時の撮影してた人は 73歳ぐらいなのですが、、、、

イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
精巧なレイアウトが 多数あったが
早く帰らななければならないので 急いで 見て周りました
イメージ 13
結局買ったのは 本が2冊
栃尾線の資料は 今までなかったので、
予想予定外に 内容も良かった
RMライブラリーでも ありそうですが
先をこされたか?

イメージ 14
ついでに 街並散策
古いビル 隣が解体され
横壁が現れた
横の建物が 密着されていた箇所は
簡単な施工 コンクリートも薄い
なんと ベニア板のままの箇所もあり

イメージ 15
そして 3階建ての長屋も 去年と同じく
イメージ 16
イメージ 17
表側は こんな感じでした
イメージ 18
今回 日本橋に向かって 歩いていきます
よく見ると 古い建物です
イメージ 19
初めて 日本橋に行きました
まるで 歩行者天国かのように 車は少なかった
歩道には 人は多かったが

東京駅まで 歩い行きたかったが
時間がなかったが、、、

今回 無駄使いは しなかった


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全142ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事