ここから本文です
大道芸観覧レポート モノクロ・フィルムでつづる kemukemu
路上でパフォーマンスをしているだけでもすごい!写真・画像は右下の拡大マークをクリック!

書庫全体表示

潜水服は蝶の夢を見る

イメージ 1

「潜水服は蝶の夢を見る」(監督 ジュリアン・シュナーベル)




この映画は、レントゲン写真からはじまる。
黒澤明監督の「生きる」のように。
そして、目からの視点の衝撃的な映像。

シャルル・トレネの「ラ・メール(海) 」が流れる。

主人公は、死や病と向き合い、
はじめて自分の存在を意識する。
体のマヒによって欠けていることが、深く自己を意識させる。
健康な時には生きていなかった。
存在しているという意識が低く、それも表面的だった。

身体が動かなくなってはじめて、生きることに目覚める。
体は潜水服を着ているように動かなくても、
蝶のように自由に羽ばたく記憶と想像力で
確実に生きていることを。

左目のまばたきで合図するコミュニケーション。
「伝える」ことの重さと深さを、この映画は教えてくれる。

美しく斬新な映像は、主人公の生きる力を象徴しているかのようだ。

思い出の数々、回想の旅はつづく。
父、恋人、3人の子供たちへの思い・・・・

父の日に家族と海に遊びに行く・・
この海辺の美しいシーンは忘れがたい。

想像力は、時間と制約を超える。
夢といってもいい。

やがて、最後に主人公の視点に戻り、
さなぎに戻っていくかのように静かに死を迎える。

映画の視点は、人の限りある生をあたたかく見つめている。
人間は精神的な存在であること、
そして、死に対しての準備を忘れるなというメッセージもある。

この映画は、
極限状況からの復活と生きることの希望をみごとに描いた秀作である。
一方で、父と子の物語でもあった。



映画をみたあと、ふと昔、読んだ本の一文を思い出し、
あらためて読み直した。

「みちたりた生活の中で安らっている人には意識は生まれにくい。
・・・
自由の意識は人間が一旦不自由になって、
束縛の状態に身をおいて、はじめて生まれてくるのであり、
行動の自由の阻止をとおして自由とは何かを知ったのである。・・・・
意識は行動がとめられ、生活がさまたげられて発生するものである。・・・・
私どもの生活行動が自由で、みちたりた状態にあるかぎり、
感情は充足したその状態をうらづけるうっすらした意識にすぎない。
そとからみて幸福な状況にある人では幸福の感情はうすいものである。
・・・・
行動の阻止、渋滞において感情は濃化するはずである。
・・・・
幸せのなかにすまっている人は、
それを自明のこととしてうかうかすごしてしまうけれども、
のちに不幸でとざされた生活を送るようになってからは、
昔の無自覚の日々が
どんなに幸せだったかが痛切に感じられるようなる。・・・・
幸福の意識は不幸をとおすことにおいてありありと映しだされるものだ」
(「感情の世界」 島崎敏樹 著)


私の父は、68歳のときに脳梗塞で倒れた。
左半身が麻痺した。
顔も左半分は、表情がなくなった。
言葉はろれつがまわらなかったが、
その後、少しは話せるようになった。
家族に、何かメッセージを伝えようとしていた。

そして父は、家族に迷惑をかけまいと、
いっしょうけんめいにリハビリにとりくんだ。
あきらめなかった。
父ががんばっている姿をみたとき、私はうれしかった。
数ヶ月のリハビリで、両足で立てるようになったとき、
父は、まるで赤ちゃんのように、うれしそうな表情をした。
そして、つえを使って少しずつ歩けるようになった。

父は戦前に生まれ育った地、旧満州(現中国東北部)を、
いつも思い続けていたようだった。
かの地で長男を失っていた。

父は何かメッセージを残したいと思っていたにちがいない。

父は最後は寝たきりになってしまったが、亡くなる81歳までぼけることはなかった。


この映画にあるように、
人が生きぬくことを支えるのは、記憶と想像力だと思った。



・・・

  • 顔アイコン

    ヨーロッパテイスト溢れる映画でした。ハリウッドのCGまみれの映画にうんざりしてたので、こういった映画はいいですね。

    mossan

    2008/3/1(土) 午前 10:28

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。コメントありがとうございます。
    いい作品でしたね。主人公の精神力には脱帽です。また、編集長時代の傲慢さも描かれていて、そこが見ているものに考えさせますね。
    TBさせてくださいね。

    トリブ

    2008/3/1(土) 午後 0:11

    返信する
  • コメントありがとうございます。
    とってもいい映画で、いろいろな人に宣伝しています。サントラを探していますが、見つかりませんでした。

    at*ory

    2008/3/1(土) 午後 1:09

    返信する
  • 顔アイコン

    ほんとに素晴らしい作品でしたね。
    ジャン・ドーの視線でのカメラアングルは、彼の心の中に入ったかのようでしたね。
    主人公から「生」を感じることのできる作品でした。
    トラバさせてくださいね♪

    じゅり

    2008/3/1(土) 午後 3:19

    返信する
  • こんばんわ、コメントいただきまして、ありがとうございます。人は何かを失ってこそ、濃密な想像力を手に入れるのだと、この映画は思わせてくれました。嘆いていないで、ジャンのように聖人にならず、生きていきたいなとおもいます。

    [ - ]

    2008/3/1(土) 午後 7:13

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは はじめまして。
    TBありがとうございます。時折お邪魔させていただきます。

    [ jil*ov*o ]

    2008/3/1(土) 午後 10:35

    返信する
  • こんにちは!訪問とコメントありがとうございました(@_@。記事読ませてもらって改めていろいろ想い返させてもらえました!

    [ - ]

    2008/3/2(日) 午後 2:58

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントありがとうございました。
    ボクも(今は他界しておりますが)祖父が脳梗塞の後遺症で病床にいた時の事を思い出しました。
    言語に障がいが残り、言葉をうまく伝えることができず、筆談をしたり・・・。
    祖父の心境はこの主人公と同じだったのだろうか・・・。

    生きる事について深く考えさせられる映画でした。 削除

    [ ぱ〜だ ]

    2008/3/2(日) 午後 9:20

    返信する
  • 記事を読まさせて頂いて、改めて色々と考えさせられました。
    将来リハスタッフとして、このような方々を支える者として、
    障害とともに「生きる」とは何かを考えたいと思います。

    私に一石を投じてくださってありがとうございました。

    りえこ

    2008/3/3(月) 午前 0:27

    返信する
  • こんにちは♪コメントありがとうございました!
    特に主人公と父親の電話のシーンでは涙があふれました。。。本当にいい映画でしたね☆
    kemukemuさんの素晴らしいレビューを読ませて頂いて感動しました!
    今ではすっかり元気になりましたが、私の父も数年前に脳梗塞で倒れ…、
    必死にリハビリを頑張っていた姿を思い出して、うるっとしてしまいました(; ;)
    TBさせて下さい☆

    メル

    2008/3/3(月) 午前 11:06

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。コメントありがとうございました。
    こんな素敵なレビューを書かれる方に覗いていただけて嬉しかったです。
    そして、立派なお父さまでしたね。
    困難な状況で意志を強くもつことは、とても勇気がいることだと思い尊敬します。
    私にも、難病で、いつも具合が悪く、外出もままならない友人がいますが、
    その子もいつも勇気があって、私の方が励まされています。
    ただ、この映画を観て、彼女にもたくさんの蝶蝶があればと思ってやみませんでした。
    「生きる」って深いですね。 削除

    [ みかん ]

    2008/3/3(月) 午後 4:25

    返信する
  • コメントありがとうございました。原作では、もっと“生”にしがみついている主人公の姿があるそうですが、映画での主人公は、どこか冷めている感じがあって気になっていました。そして、私もこの作品は父と息子の物語でもあると感じていて、より男性のほうが共感を生みやすい作品ではないかと思っています。
    kemukemuさんのお父様も素晴らしい方ですね。お父様の頑張りが、kemukemuさんの人生の励みになっていくのでしょうね。

    Jumble-Mari

    2008/3/4(火) 午前 1:28

    返信する
  • コメントありがとうございました!!素敵なレビューですね。お父様との様子、目に浮かぶようです。
    私も自分が病気になってはじめて、色んなものの大切さに気付きました。「感情の世界」の文、まさにそのとおりですね。
    元気になった今、又その大切なものをうっかり忘れてしまいそうになりますが、この映画はそれを思い出させてくれた気がします。
    素敵な作品でした。TBさせて下さいね!

    + kuroneko +

    2008/3/4(火) 午前 9:48

    返信する
  • こんにちは。
    コメントありがとうございました。
    この映画は、家族のあり方についても考えさせられますよね。
    本が発売された10日後に亡くなったという 最後のテロップ
    これにも胸をやられました。

    xla*y*la*yxlady

    2008/3/4(火) 午後 1:37

    返信する
  • アバター

    訪問・コメありがとうございます。
    わかりやすレビューですね。また 遊びにこさせて頂きます。

    茶子

    2008/3/4(火) 午後 2:30

    返信する
  • アバター

    >自由の意識は人間が一旦不自由になって、
    束縛の状態に身をおいて、はじめて生まれてくるのであり

    そのように思います。
    人は、対極にあるものを意識しているのかもしれない、とも思いました。
    私が、歩けなくなったときに、1番望んだことは、自分で移動したいということだということを思い出しました。今は、歩けるようになりましたが、そのときの気持ちは忘れないようにしたいと思いました。

    [ yutake☆イヴ ]

    2008/3/6(木) 午後 0:54

    返信する
  • 顔アイコン

    みなさん、コメントありがとうございました。
    私も、いまここに生きている、そして生かされていることを大事にしたいと思います。

    [ kemukemu ]

    2008/3/7(金) 午後 9:30

    返信する
  • 顔アイコン

    海辺のシーンは良かったですね。
    傍目では体が動けなくしゃべれない状態でも本人の意思ははっきりしていたりするものなのですね。これからもし自分が介護する立場となった時、この映画のおかげで考え方が違ってきそうな気がします。
    TBさせて下さいね!

    iruka

    2008/3/20(木) 午前 7:03

    返信する
  • 顔アイコン

    火は、自分史を書きたい人が多くいるように思えます。

    けれども、彼のように、美しく、残酷に描ける人は少ない。

    残酷な運命に立ち向かって書いた血のにじむような努力。大抵の人間は、自分を美化したり、放棄して、自分史を翔けないうに思えます。、、、

    KOKO

    2008/4/24(木) 午後 9:10

    返信する
  • 顔アイコン

    初めまして。日野啓三の晩年の作品には自分の死を見つめている秀作が多いですね。私も自分の死を見つめる時期に入っていますが。

    [ ki1*a2 ]

    2008/6/12(木) 午後 7:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(14)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事