ここから本文です
大道芸観覧レポート モノクロ・フィルムでつづる kemukemu
路上でパフォーマンスをしているだけでもすごい!写真・画像は右下の拡大マークをクリック!

書庫全体表示

記事検索
検索

ナチ時代の精神医学ー回想と責任

ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)の
2010年11月26日 ベルリンにおける追悼式典での談話
DGPPN会長 フランク・シュナイダー
訳:岩井一正
(日本精神神経学雑誌2011 第113号第8号より) *一部略



「・・・・

 「精神的死」、「お荷物的存在」、「生きるに値しない人生」ーこれらすべての言葉は、口にすることだけでもつらい言葉です。これらは深く衝撃をあたえ、動揺させる言葉です。そして
精神科医が言論統制、強制断種、殺人に積極的に関与していたことを知ると、われわれは恥と怒りと大きな哀しみで一杯になります。
 恥と哀しみは、私がいまその会長としてここに立っているこの組織が、犯罪行為から70年たってはじめて、自らの過去と国家社会主義の時代の先代組織の歴史を系統的に把握分析しはじめ、そしてー歴史的な細部の解明はまだ別に残されたままー強制移住、強制断種、強制研究、そして殺人の犠牲者に許しを請うことです。


 私はドイツ精神医学精神療法神経学会の名において、国家社会主義の時代にドイツ精神医学の名においてなされ、ドイツの精神科医によって実行され与えられた苦しみと不正に対して、またそれに続く時代のドイツ精神医学の長い沈黙、些少化、抑圧に対して、犠牲者とその家族にお詫びを申し上げます。


 多くの犠牲者も、そして殺されなかったものも、そしてその親族たちも、いまではもう生きていません。その限りで、この謝罪は遅きに失したものです。しかし生きているものにとって、その子孫にとってはあるいはまだ間にあうかもしれません。なかにはきょうわれわれと一緒に列席している方もおられます。そして今日のすべての心的に病んだ人々にとって、また今日の精神科医にとって、そしてDGPPN自身にとっても、あるいはまだ間にあうかもしれません。

 苦悩と不正、まして死は、とりかえしがつきません。しかしわれわれは学ぶことができます。そして多くを学びました。精神医学、そして医学全体、政治、社会を。そしてわれわれは皆で、人道的な、人間的な、個々の人間を指向した精神医学を打ち出し、作業し、犠牲者を常に念頭におきつつ、心的患者の烙印や排除に対して戦うことができます。

 われわれ精神科医は、人間に対する価値評価に陥ってはなりません。われわれは教え、研究し、治療し、寄り添い、治癒に導きます。侵すことのできない人間の尊厳は、常に個々の人間の尊厳であり、われわれはいかなる法律やいかなる研究目的によっても、これを軽視する方向に導かれてはなりません。

 われわれは学んだのです。まさに機能停止の状態から学びとったのです。このことは、たとえば、移植前の診断学や安楽死のように、あまりにも早急に人間の「価値」や「無価値」を、論じようとする目下の医学倫理学的な討論にも幸いにも軌を一にしています。これらの討論は、難問として残されています。しかし、目的は私にとって、DGPPN(*・・学会)にとって、きわめて明瞭です。人道的な医学のために、人間の尊厳を守る未来のために、そしてあらゆる人間の尊厳を尊重するために、われわれは働こうではありませんか。

 ご静聴ありがとうございました。


  フランク・シュナイダー
  ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN) 会長  」

  



(了)



http://www.dgppn.de/fileadmin/user_upload/_medien/images/Psych_im_Nat/Wanderausstellung/Broschuere_Japan_2015.pdf





・・・・

ナチ時代の精神医学ー回想と責任

ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)の
2010年11月26日 ベルリンにおける追悼式典での談話
DGPPN会長 フランク・シュナイダー
訳:岩井一正
(日本精神神経学雑誌2011 第113号第8号より) *一部略





「 精神医学に関しては、1960年代後半と1970年代にこれまでの事の推移をあらわした最初の発表が個々になされました。ハンス・ヨルク・ヴァイトブレヒト、ヴァルター・リター・フォン・バイヤー、そしてヘルムート・エールハルトです。しかし3人とも精神医学を犠牲者として描写しています。1972年のドイツ精神医学神経学会DGPNの130年の歴史の本では、次のようになっています。

 『当時の精神医学の代表者は、みかけは広範な権能がありながら、「安楽死」のような行為を擁護したり、賛同したり、促進したりしたことはなかった。この時代の個々の精神科医の誤った行動や犯罪を「ドイツ精神医学」に責を負わせようとする試みが幾度も繰り返されたが、これはそれゆえ客観的に根拠なきものとして、はねつけることができる。』

 筆者は1970年から1972年までのDGPNの会長、ヘルムート・エールハルトです。彼は自身がNSDAP(*国家社会主義ドイツ労働者党)の会員であり、強制断種に賛成する鑑定書を作成していたのでした。彼は、1961年の連邦議会の損害賠償法の公聴会においてもなお、遺伝健康法の「素材的中身」はナチの発明品でもなんでもなく、「その中核的内容においては、実際に当時の、そして今日の科学的確信にすら一致する」と強調しました。犠牲者に対するあらたな嘲笑であり、おとしめです。

 たしかに、患者殺戮に対する精神医学の専門学会の公式な賛同表明がなかったのは本当です。しかし正しくはまた、反対表明もなかったのです。発言もなく、弁解もなく、警告もありませんでした。
 そしてわずかの個人を除いて、ドイツの精神科医とわれわれの専門学会の会員の大多数は、その指導者層に至るまでが、研究、学問、実践において、選別、断種、殺戮の計画、実行、科学的な根拠づけに当時あきらかに関与しました。

 ナチ時代のドイツの精神医学の歴史の研究は1980年代の初頭から本格的にはじまりました。

・・・
(中略)

 1983年にはエルンスト・クレーのナチ国家における「安楽死」という目覚まし的な本が出版されました。当時わたしは信じられぬ思いでこれを読み、暗澹としました。これも私に衝撃を与えた本でした。

 1992年のケルンでーこの時学会はDGPPNと名を変えましたーウヴェ・ヘンリック・ペータース会長のもとに行われたいわゆる150周年記念大会の枠組みで、会員総会において決議文が採択されました。その中で学会は、精神病患者、ユダヤ人やその他の迫害された人々へのホロコーストを振り返って、嫌悪感と哀しみを表明しました。当時はまだ施設的および個人的な罪や精神科医および専門学会の巻き込まれについては論及されませんでした。とはいえ、それは明確で必要な発言でした。


・・・・
(中略)


 この2年足らずの間に、DGPPNの内部で、自分たちの歴史とどう取り組むべきかについての徹底的な討論過程がまきおこりました。これらの討論はちぐはぐにはならず、一致した結論に至りました。ちょうど1年前についにDGPPNの会則が補完されました。最初のパラグラフ(*文章の段落)にうたわれています。

 『DGPPNは心的患者の尊厳と権利に関する自らの特別な責任を自覚している。この責任は、自分たちの先代組織が国家社会主義の犯罪、集団的患者殺戮、強制断種に関与したことから、自身の中に生じたものである。』

 
 この討論過程のさらなる帰結として、本年初頭にDGPPNの理事会によって、国家社会主義の時代の先代学会の歴史の解明のための国際的委員会が設立されました。委員には4人の著名な医学および科学歴史家がつきました。


・・・・・
(中略)


 そこで明らかにされるべきは、1933年から1945年の間、いわゆる安楽死プログラム、心的患者の強制断種、ユダヤ人精神科医と政治的に好ましくないとされた精神科医の追放、その他の犯罪にどの程度関与したかです。

・・・・・・・・・・・・・・(中略)     」






(つづく)
・・・・・・

ナチ時代の精神医学ー回想と責任

ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)の
2010年11月26日 ベルリンにおける追悼式典での談話
DGPPN会長 フランク・シュナイダー
訳:岩井一正
(日本精神神経学雑誌2011 第113号第8号より) *一部略





「 戦後は、ドイツの多くの他領域でも起こった現象が見られました。抑圧です。精神科専門学会でも精神科医たちもーわずかな例外を除いてー、起こったことを自らに認めようとしませんでした。このことをわれわれは恥入り、暗澹たる気分になります。

 今日までよくわからないのは、前に名前を挙げたヴェルナー・ハイデ教授の歴史です。彼は「T4」活動の医学的指導者でした。戦後彼は拘留命令によって捜索されました。にも拘わらず、彼はフリッツ・サヴァーデ医学博士の名で1950年から1959年までシュレースヴィッヒ=ホルシュタイン州で司法鑑定人として第2の経歴を築いてきました。彼はその正体の情報を得た医者や法律家にかくまわれました。しかしその二重アイデンティティを同じように知ることになったその他の大勢の人々は、何も行動しなかったのです。このことは、われわれの科の内部でも外部でも知られたことでした。
 このことと同時に、早期の解明の試みは阻害され、困難になりました。アレキサンダー・ミッチャリッヒとフレド・ミルイケが1947年に『人間侮蔑の独裁』という記録をニュルンベルクの医師法廷に公開した時、多くの医師は、職業身分の体面を気にかけて、異議を唱えました。1949年の2番目の記録『人間らしさを失った医学』については、死の沈黙で迎えられました。

 リューベック大学神経科病院の前の主任であったゲルハルト・シュミット教授は、1945年の11月20日にすでにラジオで、精神科患者と精神遅滞者に対する犯罪の講演を行っていますーしかしこれに関する彼の本の原稿は、幾度も試みたにもかかわらず、20年の長きにわたって、出版社を見つけることができませんでした。私は何年も前にこの本を読んで、非常に衝撃をうけました。しかし戦後ドイツの精神科医たちは、犯罪の詳細が公表されることで、ドイツ精神科医全体の再興とー当時まだ保たれていたー名声に傷がつくことを恐れたのでした。誤った見解、致命的な見方です。自らの責任を認識するはずの学問的な共同体性の破綻です。

・・・・・
(中略)


 そして政治はどうだったでしょうか?1956年に連邦法は国家社会主義の迫害の犠牲者に対する損害賠償を遡及的に決議しました。1965年、これは最終的なBEG(連邦補償法)にまで拡大されました。したがって、人種的、宗教的、ないし政治的な理由で迫害された犠牲者はすべて、1969年まで損害賠償要求を申請することができたのです。しかし強制断種者と安楽死犠牲者の家族はそれができませんでした。人種的な理由で迫害されたのではなかったからです。このことも、犠牲者の後々までの侮辱にあたりましたが、われわれは沈黙していました。

 1960年代の補償のための連邦委員会の聴聞会の鑑定人の一部は、国家社会主義で強制断種を正当とみなし、殺害計画に関与した、当の精神科医でした。1961年4月13日、ヴェルナー・ヴィリインガーは、議事録によれば、賠償金の支払いを以下のような皮肉な理由づけで退けました。
「強制断種の賠償を実行すると、神経症的な訴えや悩みがでてこないか、という疑問がある。それによって、その人間のこれまでの健康と幸福能力だけでなく、その作業能力も損なわれるおそれがある」


 1974年になって、遺伝健康法がようやく失効しました。しかし形式的には継続しました。1988年には、ドイツ連邦議会は、遺伝健康法をもとに企てられた強制断種は国家社会主義的な不正であったと確認しました。10年後に連邦議会は、遺伝健康法廷の決定を法律によって廃止することを決めました。しかし、2007年になってはじめて、遺伝病の子孫を避ける法律がドイツの連邦議会から追放されたのです。基本法(*憲法に相当)との矛盾があり、それゆえに事実上は基本法の発効の時点ですでに効力は失われていたはずでした。DGPPN(学会)はこの法律の追放のための動議を当時支持したのでした。

 しかし、1965年の連邦損害賠償法はその後も存続しました。それゆえ強制断種され、また殺された精神障害者は、今日まで、ナチ政権の犠牲者として、人種的な理由からの被迫害者としてはっきりと認定されていません。この点に関しては、遅きに失せぬうちに政治が動かねばなりません。この不正も廃棄されてはじめて、犠牲者のこれまで続いた苦しみとその運命が、ドイツ国家の側からも適切にあがなわれたことになるでしょう。」







・・・・
(つづく)

ナチ時代の精神医学ー回想と責任

ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)の
2010年11月26日 ベルリンにおける追悼式典での談話
DGPPN会長 フランク・シュナイダー
訳:岩井一正
(日本精神神経学雑誌2011 第113号第8号より) *一部略





「 ある統合失調性精神病を病んだ患者についての1939年の病歴がベルリンの連邦資料室に残されています。そこには次のような記載があります。


 『かわりなし。精神的には死んでいる。病歴はここで終わりとする。今後も何ら変化はないからである。唯一記載に値するのは、死亡の日付である。』


 殺人の前に多くの患者で「研究」が行なわれました。倫理的に許されない実験であり、科学と研究の価値と何ら関係のないものです。一例をあげるならば、ミュンヘンのドイツ精神医学研究所の研究者ユリウス・ドイセンと協同したハイデルベルグ大学精神科の正教授カール・シュナイダーの「安楽死」の文脈での精神的に病んだ子どもや少年についての仕事です。患者で費用のかかる実験が行われ、次いで死亡させ、剖検をしました。患者の研究は治療介護院でも実行されました。たとえば、カウフボイレンの結核菌の植え付け、ヴェルネックでの多発性硬化症のウイルス起源説の研究、あるいは安楽死犠牲者での神経病理学的研究です。最後の研究の患者は、おそらくはこの研究のために取り分けて安楽死へと選別された患者でなされたものでした。

・・・・
(中略)


 殺された多くの患者の遺体とそれぞれのプレパラートは、研究目的で強く所望され、このプレパラートに基づいて得られた研究結果は、戦後もまだなお発表されました。ベルリンのブーフにあるカイザー・ヴィルヘルム脳研究所では、少なくとも295の「安楽死」犠牲者の脳が研究に利用されました。そして今に至るまで、殺された患者のプレパラートに対して安易な扱いがなされてきました。


・・・・・
(中略)


 国家社会主義の時代に精神医学でなされたこれらすべての不正に対しては、確かに抵抗が存在したし、サボタージュもありました。医者の50%以上は国家社会主義的組織、NSDAP(*国家社会主義ドイツ労働者党)、SA(*ナチ突撃隊)、ないしはSS(*ナチ親衛隊)の会員でした。しかし逆にみれば、医者の半数は会員ではなかったことになります。すなわち制裁をこうむることなく利用できる行動の余地はあったのです。抵抗は必ずしも否定的な個人的な結末を迎えたわけではなかったので。

 抵抗を行使した者もいました。しかし総じてそれは少数、あまりに少数でした。とりわけ、開業医のなかにそのような者が存在しました。彼らは1934年から1939年の間、該当する公務医と保護局に遺伝疾患の可能性の存在を一例も報告しなかったのです。その理由は、大病院でないところでは、患者との接触がよりダイレクトであり、より直接だったことにあったかもしれません。このことは、今日われわれに対する警告でもあります。われわれの日常において、われわれが世話し付き添う患者たちを見失ってはいけないのです。われわれの医師としての仕事の基本精神は、彼らだけであって、社会のイデオロギーではありません。ただただ1人の人間なのです。


 人間の尊厳は常に1人1人の人間の尊厳です。このことの軽視を、法が主導するようなことがあってはなりません。

・・・・
(中略)               」







(つづく)

ナチ時代の精神医学ー回想と責任

ドイツ精神医学精神療法神経学会(DGPPN)の
2010年11月26日 ベルリンにおける追悼式典での談話
DGPPN会長 フランク・シュナイダー
訳:岩井一正
(日本精神神経学雑誌2011 第113号第8号より) *一部略




「 1939年10月以降、最初はポツダム広場のコロンブスハウスから、そして続いて1940年4月にはティアーガルテン通り4番地(*T4)、すなわち今はベルリンフィルハーモニーのある場所から、ドイツ帝国および併合地域の治療、介護施設に、すべての患者を系統的に把握し、選別するためのアンケート用紙が送られました。選別は、本当のところは有用性、つまりは労働能力を基準としてなされたのです。

 当時のサービスセンターの場所には、今日ではいわゆる「安楽死」の犠牲者のための記念板が地面にひっそりと埋め込まれてあり、あとから付け加えられた犠牲者にささげる塑像があるだけです。いわゆる「安楽死」の犠牲者のための、中心的な、国家的な追悼の場所は、いまもまだ存在しません。この事実は、排除やおとしめが存命できた人々やその家族にとってはまだ続いていることの表現であるばかりでなく、我が国やドイツ精神医学の記憶のなかの盲点でもあります。国家的な「T4」の追悼施設・情報施設の設立への目下の運動を、われわれ専門学会は支援するつもりです。

 選ばれた50人の鑑定者が、各病院の精神科医から返送されたアンケートを評価し、選別し、生か死かを決定しました。このなかには当時の著名な精神科医も含まれていました。ヴェルナー・ヴィリンガー、フリートリッヒ・マウツ、フリートリッヒ・パンセもいました。彼ら3人は、戦後われわれのこの学会の会長になったのでした。

・・・・
(中略)


 灰色のバスは、殺戮の画像的なシンボルですが、このバスに患者たちは治療介護施設から乗せて行かれ、6つの精神科施設に送り込まれました。そこにはガス室がもうけられていたのです。治療施設が殺戮施設になりました。治療から殺戮へ。精神科医はこの運搬を見守り、彼らを信頼する患者の殺人を見守ったのでした。

・・・・
(中略)


 1940年1月から1941年8月まで、「T4」活動が公式に持続した2年足らずの間に、7万人以上の患者が殺されました。そして公に抗議をして「T4」活動の終結に貢献したのは精神科医ではなかったのです。抗議はおもに教会からでした。決定的だったのは、ミュンスター司教のガレン伯爵クレメンス・アウグスト枢機卿が1941年8月24日に垂れた抗議訓戒でした。この直後に「T4」活動は公式に停止しました。

 「T4」活動の推移のなかで殺人について得られた知識と経験は、のちに強制収容所で利用されましたが、その際はさらに多くの人々が、何百万人も犠牲となりました。

 「T4」活動と平行して、いわゆる「小児安楽死」の流れのなかで、30以上の精神科小児科病院で、身体、精神を病んだ子どもたちが殺されました。これまでは約5,000の児童と言われてきましたが、戦後の法廷で殺人者自身が述べたのを、さしあたり無批判にうけいれてきた数にすぎません。数の見積りが少なすぎたことが、ようやくわかってきました。

 しかし、これだけではありません。というのも、中枢で企画された「T4」活動が公式に終了したあとも、殺人は続いたのでした。そのような「安楽死」の辺縁期には精神科施設のなかで、患者はーおそらく何万人にも昇るー医薬品の過量投与によって殺され、計画的に餓死させられました。ベッドをあけるため、金を節約するためでした。患者は食事を与えられたとはいえ、死に至るわずかの量でした。

・・・・・
(中略)


 これらすべてのことは今日では想像もできませんが、精神科医が自分の患者、すなわち治療や介護を願って自分の所に来た人間を殺害に委ね、また選別して、自ら殺害を医学的、科学的にーえせ科学的にー監督したのでした。小児、成人、老人の殺人です。」






(つづく)
・・・・

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事