ここから本文です
大道芸観覧レポート モノクロ・フィルムでつづる kemukemu
路上でパフォーマンスをしているだけでもすごい!写真・画像は右下の拡大マークをクリック!

書庫全体表示

記事検索
検索

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から




(前回からのつづき:非対称性戦争)

「(3)戦闘員と非戦闘員とが服装・徴章その他によって識別できるのが対称戦争であり、しばしば識別しがたいのが非対称戦争である。
性や年齢による区別さえ難しい。老農夫や年端のゆかない少女が突然、戦闘員に変貌する。従って、「やられる前にやれ」ということになり、しばしば虐殺問題を起こす。

(4)前線と後方の区別がつかなくなる。
ベトナム戦争では、戦闘員がジャングル戦の特殊技能を必要とするために双方にこの区別がなお存在したが、イラク戦争では双方ともにこの区別が消滅し、物資輸送がしばしばもっとも危険となった。

(5)しばしば外国人組織が加わって局面を厄介にする。
それは原理主義的集団から傭兵までのさまざまな集団がありうる。敵対的武装市民と外国人義勇兵との区別も曖昧になる。

(6)通常戦争には最後に「名誉のための出撃」が試みられる。
メッスに包囲されたフランス軍においてはナポレオン3世が最後の突撃の進言を拒否して降伏した。1918年においてドイツ海軍は全艦隊を挙げて出撃しようとして水平の反乱に阻止された。1945年4月6日の戦艦大和の出撃は名誉のための出撃が反対に遭わずに実現した珍しい例である。玉砕突撃も同じであろうが、これは米軍に「残敵掃討」をしなくてよいようにした。

(7)なお、神風特別攻撃隊は人命を顧みないという非対称性と、正規軍の印をつけた軍用機を用いて敵正規軍を攻撃した対称性とを併せ持っているが、米艦隊にとっては、いつどの方向から襲ってくるかわからず、また時とともに主に外郭部の小艦隊を襲撃するようになったという点での非対称性があり、事実、艦船の損害よりも心的外傷のほうが大きかったらしい。
しかし、イラク戦争では爆装した個人による「自爆攻撃」という形で決定的に非対称性を帯びるに至った。この場合も、狙いは恐怖つまり心的外傷であろう。・・・・」






(つづく)

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から




「 日中戦争および20世紀後半の主な戦争に共通の条件は何であろうか。

(1)それは非対称戦争である。その非対称性は、さまざまなところに現れる。

 まず、兵士の人的損害をどれだけ顧慮するか、である。朝鮮戦争において、建国一年後に参戦した中国軍は武器を携帯せずに突撃を行なったといわれる。米兵士は非武装の突撃者への射撃を一瞬躊躇するが、その間に一人の米兵に数人が飛びかかってしまう。イラン・イラク戦争においては、劣勢なイラン軍は無武装の少年を地雷原に突入させて、身を以て地雷原を啓開させた悲惨な作戦をとった。
 もっとも、欧米諸国間の対称戦争である第一次大戦においても、人命はしばしば名誉よりも高く評価されなかった。双方とも歩兵が銃剣を携えて中腰であるいは立ったままの密集陣で突撃を行い機関銃の餌食となった。この時期には名誉という概念が合理性に優先していたが、その点においても両軍は対称的である。しかし、第一次大戦のドイツ軍がベルギー市民兵を処刑したのは、この戦争の非対称的な面である。
 20世紀が進むに従って、まず欧米諸国兵士の人命尊重が徐々に向上し、兵士に鉄兜が支給され、戦闘機の座席は鋼鉄で装甲され、軍艦の砲は装甲された。しかし、将軍はしばしば人命損失を顧みなかった。
 第一次大戦にもその徴候があったが、第二次大戦では決定的に「総力戦」となり、市民を敵の生産力、潜在的兵力と数えるようになった。敵の生産力を破壊するための工場地帯攻撃は無差別都市攻撃に移った。中国の重慶、英国のコヴェントリー市、ドイツのドレスデン市、日本の東京である。さらに原子爆弾は個体の生涯と子孫にさえ影響を与えうる究極の無差別兵器となった(この過剰破壊性のゆえに冷戦下では相互恫喝から相互抑止の働きに比重が移っていった。広島、長崎の実例が核戦争の抑止に貢献したことは確かだがその程度は私にはわからない)。


(2)第二の区別は、戦闘の時間と休息の時間の区別の有無である。
 対称戦争では兵営、要塞、駐屯地居住あるいは行軍が日程の大部分を占める。非対称戦争では戦闘と非戦闘の区別が不明瞭となる。これが、通常軍隊に緊張が弛む暇を与えず、奔命に疲れさせる。
・・・・・・」






(つづく)

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から





「 戦争の堕落の現われは、まず、戦争が敵兵の死体数の増加(ボディ・カウント、キル・レート)を競うようになることである。これは戦争の本来の目的ではない。
 第二は、都市、工場、農地、農家、貯水池、森林の破壊である。ペロポネソス戦争においてスパルタ軍がアテネのオリーヴ園を伐採したことから、米空軍の枯葉剤によるベトナム森林破壊まで一続きである。しかし、いずれの場合も戦争終結を促進したかどうか、はなはだ疑問である。
 1945年という敗戦必至の状況においても、ドイツ、日本諸都市の無差別爆撃は、かつての中国都市の場合と同じく、国民の戦意をさほど挫いていない。
 第三の現われは、市民の殺戮、特に男子の殺戮によって兵士予備軍を減らし、女子、小児の殺戮によって、兵士の再生産を奪うことである。その変種として、自国兵が敵国女性を妊娠させる「民族浄化」がある。しかしこれらも恨みを深くするだけで勝利に近づけるものではない。逆に一般人の抵抗を呼び覚ます。

・・・
(中略)

・・・
 ドイツ軍がベルギー国の永世中立を侵犯した際のベルギー軍および市民兵の銃殺についてはすでに述べた。次は南京以後の日中戦争について述べる順序である。漢口攻略戦においては日本軍の軍紀は改善したともいわれるが、攻略不能の重慶に遷都されて、首都攻略による勝利の論理の誤りが明白になる。日本海軍は、新式の九六式陸上攻撃機を以て、ゲルニカに次ぐ世界最初の反復無差別都市攻撃を行なうが、護衛戦闘機として零式陸上攻撃機が随伴する1940年まで、無装甲の九六式攻撃機の被害は甚大であった。
 近衛内閣は「蒋介石を相手にせず」と声明し、重慶を脱出してきた汪精衛を首班とする親日政府を作るが、傀儡政権として人気がない。それでも、中国人の士気は次第に低下の傾向を見せ、これを憂えた中国共産党は、1940年、百個連隊を動員して、犠牲を顧みず、山西省に出動して精鋭板垣兵団を撃破する。(百団大戦)日本軍不敗の伝説は敗れ、中国人の士気は立ち直り、特に共産党支配下の村落はゲリラ戦の根拠地となり、ここに人民の海に隠れる魚としての八路軍が浸透してゆき、日本軍は「点と線」を支配するだけになり、特に夜間は砦に籠もるようになる。
 日本軍は、中国共産党軍を攻撃するが、その過程で、人民と兵士の区別がつかなくなり、ボーア戦争の際の英軍と同じく、村落自体を焼き財産を奪い、村民を殺す三光作戦に転じざるをえなくなる。この作戦は短期的には成功するが、長期的には全中国人の抗日意識の向上を促してしまう。他方、「善良」な中国人を囲い込む清郷工作を行なうが、一時はかなり広大な範囲を手中に収めながら結局は成功に至らず、清郷にも適性中国人の浸透を許してしまう。
 次第に日本軍の重点は、英米の援助を断ち切るほうに向かう。太平洋戦争自体に聖域攻撃の意味があり、直接的な中国援助ルート遮断のためにも多大の犠牲を払う。
 この経過は、ベトナム戦争に酷似している点がある。百団大戦は「テト攻勢」、清郷工作は「戦略村」、三光作戦は、村落を焼き、キル・レート、ボディ・カウントを戦果とする作戦行動に対応する。いずれにしても、兵士と人民の区別がつかず、「やられる前にやれ」の論理が悪循環を生む。化学的枯葉作戦の実施は日本軍の細菌戦、毒ガス戦に相当する。北爆(北ベトナム爆撃)は太平洋戦争を導いたフランス領インドシナ占領である。どちらもまさに聖域攻撃である。」






(つづく)

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から





「 マーガレット・バーク=ホワイトのようなニューディール時代に一世を風靡した女性写真家でさえ、ベルリン陥落の際に略奪を行ない、「略奪は熱狂であり情熱である」「今では自分が略奪したのを喜んでいる、なぜかというと、略奪をしてみることで、そうした行動の背景にある衝動を理解できたからだ」と友人に語っている。この知的な女性をも熱狂させる深く暗い衝動がある。
 
 強姦については、ある泌尿器科医に生理的に不可能ではないかと問うたところ、そのとおりで、われわれには理解できないということであっった。・・・・・(中略)・・・・。
 しかし、相手の抵抗によって性的に煽られる者もある。このような、平時には犯罪者となっている者が戦争の際に主役を演じることは予想以上に多いだろう。一つの悪は百の善を帳消しにする。それは権力欲化した性である。なお略奪、暴力、強姦の際に「低いレベルの自己統一感」が生じることも無視できないであろう。スポーツの際には葛藤の棚上げによる統一感が生じるが、その遙かな延長線上にあると考えて見ると少しは理解しやすくなるかもしれない。

 しかし、逆に「理性的な」捕虜虐殺もあって、これも第二次大戦以前から見られたものであり、欧米軍の兵士にはこれを逃れて「うまく捕虜になる技術」が教えこまれるほどである。
 捕虜は厄介なものである。降伏を受諾すれば、そのために護衛兵力を割き、後方に連行しなければならない。護衛兵士の数が少なければ捕虜は反乱する可能性があり、多くすれば味方兵力が減る。そのために意図的に兵士を大量に敵に放って捕虜とさせた例もあるぐらいである。後方では収容施設を作り、衣食を与えなければならない。やがて赤十字の訪問も受けねばならない。第一次、第二次の両大戦を通じて、双方の陣営で捕虜をとらないこと、すなわち、事実上捕虜の虐殺はしばしば起こっている。捕虜になる寸前に射殺することもあるが、捕虜を並べて射殺することもある。私の記憶するのは、重巡洋艦「利根」がインド洋通商破壊作戦の際、労務者輸送船を捕獲したが、大量の労務者(インド人、中国人)を舷側に並べて射殺している。捕虜の食料その他を賄うためには作戦を打ち切るしかないという状況であった。戦犯としての刑期をつとめてから艦長・黛大佐が自ら語っておられたかと仄聞する。揚子江岸での掃射による虐殺が事実とすればこの型のものであろう。
 
 また、多くの兵士が中国人の家に匿われたという事態がある。日本警備兵は民家の扉を蹴破って、顔が陽にやけて額の横一直線から上は(軍帽のために)白い青年を兵士として引き立てるのであるが、この際、匿っている家族は適性家族とみなされるであろうし、事実、恐怖をこめて凍りついた無表情な顔と敵意に満ちた眼差を向けられるであろう。国際法は軍服を脱いだ兵士を必ずしも保護しない(これは国際法上支持できないとされるが広く信じられていた)。略奪、強姦、虐殺が家族に及んでもふしぎであるまい。強姦には、家族を心理的に傷めつけるという意味もある。
 
 一般にこのような事態は占領を困難にする。自らに不利な行為であり、少なくとも将校はそのことを理解しておかねばならないだろう。中国との戦争においては「敗戦」という事態を全く予想しなかったことも、抑止力を欠いた一理由であったろう。米英との戦争開始後、「この戦争には絶対に敗けられない」「敗けたら大変なことになる」と軍人が先頭に言い出したのは、中国戦線における中国人にわが身を置き換えての結論であろう。・・・・」







(つづく)
・・・・・・・

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から




「 次に、いずれも意外に頑強な抵抗に苛立って、飲まず食わず眠らずで前進したことがある。1941年秋にパリをめざしたドイツ軍兵士はマルヌ会戦直前には溝に落ちれば這い上がれず、将校は馬の首にもたれて眠ってしまう状態であった。ナポレオン軍と同じく現地調達を原則とする日本軍はなおさらであって、三日二夜食べずに前進し、戦時歌謡にもそううたわれた。孫文の中山陵のある紫金山を守った中国軍は特に壮烈な戦闘を演じて、南京入城を遅らせた。
 飲まず食わずのドイツ軍は、花の都パリを占領しさえすれば思いどおりのことをやって報いられるという期待が士気を鼓舞した。ドイツ軍はパリ入城を果たせず、周辺の小自治体で憂さを晴らしたのである。日本軍にも「南京までの我慢」という同じ期待はあったであろう。それが紫金山の抵抗で遅らされたからには苛立ちは高まったであろう。
 南京陥落直後の詳細についてはいろいろな記録があって、研究書も多い。
・・・・・(中略)

しかし、1938年1月4日付で大本営陸軍部幕僚長閑院宮載仁(ことひと)親王より中支那方面軍司令官松井石根あてに「軍紀風紀に於いて忌々しき事態の発生漸く繁を見之を信ぜざれんと欲するも尚疑はざるべからざるものあり」(『南京戦史資料集』)と軍紀風紀を厳にすべき旨の要望が発せられ、中支那方面軍司令官が更迭され、南京城内の蛮行については次期中支那方面軍司令官畑俊六大将の日記には「支那派遣軍も作戦一段落と共に軍紀風紀漸く退廃、略奪、強姦類の誠に忌はしき行為も少からざる機なれば」(「畑俊六日誌」『続・現代史資料4 陸軍』)とあって、就任時に昭和天皇に「軍紀の確立」を二つの抱負の一つとしている。おそらく昭和天皇も含めて軍の首脳部は憂慮していたのであろう。そのような事態は民心離反を招き戦争遂行上きわめて望ましくないことである。しかし、少年の私も少し後「今の日本軍は皇軍ではありませんよ。日露戦争と大違いです。女子を殺して井戸に投げ込んでいる」「揚子江に中国兵の死体がいっぱい流れてくる」と大人同士が語るのを直接聴いている。
 
 これ複数の要因から成っていると思われる。第一次大戦のドイツ軍の行動に照らして、主な要因と思われるものを挙げてみよう。
 第一は欲求不満の要因である。南京は中華民国の新都であってパリの華やかさはなかった。それでも、激烈な戦闘後の日本兵には大都市にみえたであろう。第一次大戦のドイツ軍は正規兵に予備兵すなわち市民兵を混ぜていた。日本軍は南京陥落後、精鋭は逃走する中国軍を追って前進し、南京の守備には一般にそうするように予備・後備の市民兵を当てた。市民兵は、不本意に市民生活から呼び出されて生死の境を彷徨った兵士である。一般社会での生活を知っているだけに、禁欲も身にこたえ、召集解除への期待も大きかったであろう。首都占領、戦勝、凱旋、復員という筋書きを国の指導部が当然視し、国民が提灯行列で熱狂を表現していたとすれば、兵士に同じ期待がないほうが不思議であろう。南京占領以前すでに国民政府は遷都を公表していた。期待が裏切られたことが身に沁みてわかってくる。これは実は古典的要因であって、西欧中世で戦争が王と傭兵の戦いであった時代でも、城市攻囲の際には兵士にたとえば三日の略奪を許すことを布告して戦意を鼓舞するのが常であった。・・・・」







(つづく)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事