ここから本文です
大道芸観覧レポート モノクロ・フィルムでつづる kemukemu
路上でパフォーマンスをしているだけでもすごい!写真・画像は右下の拡大マークをクリック!

書庫全体表示

記事検索
検索

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から




「 戦争初期の熱狂が褪(さ)めるのに続いて、願望思考にもとづく戦争の論理が尽き果てる過程がある。

 第一次大戦におけるドイツ軍はベルギーの永世中立を犯してフランスの首都パリに迫ろうとした。時計仕掛けのように精密なしシュリーフェン作戦の計算が狂ったのは、わずか六個師団と数個の要塞に拠るベルギー軍の頑強な抗戦とベルギーの民兵によるレジスタンスであった。最後に政府の退却後のパリ防衛を一手に引き受けたガリエニ将軍の炯(けい)眼があって、結局、ドイツ軍はパリまで四十キロに迫りながら、マルヌの会戦で挫折する結果になる。戦局はここで膠着し、以後の西部戦線は本質的に塹壕戦であって、しばしば幅五百メートルの土地を争って一日数千からの数万の犠牲が支払われ、しかも戦線は固着したまま、毒ガス、戦車、長距離砲、飛行機と兵器だけはどんどん残虐になっていく。
 すでにベルギー侵入の際に、ドイツ軍は抵抗した自治体の市長など指導層とその家族を処刑していった。これがドイツ兵の残虐さを世界に印象づけた。ドイツ人の論理では、下からの自発的抵抗というものは考えられず、必ず上に立って指揮命令する者がいるはずで、それは自治体の長だろうということになった。また、人質をとって、ドイツ兵が一人殺されると、その何人かを駅裏で銃殺した。この手法は第二次大戦のドイツ軍に継承される。
 
 日中戦争における日本軍も、中国軍の意外な抵抗に遭遇した。西安事件以後の中国はもはや恫喝(どうかつ)に屈しなくなっていた。国民政府軍はチェコ製の機銃で武装し、ドイツ国防軍の指導下に強化した防衛線に拠って頑強に抵抗した。米ソなどの国際義勇兵の操縦する戦闘機は日本機をしばしば撃墜した。また、日本軍は「便衣隊」と呼ぶ中国人の抵抗にも大いに悩まされた。当時の新聞は「小癪(しゃく)な」中国軍と表現したが、実態は苦戦であった。
 第一次大戦のドイツ軍パリ攻撃と日中戦争の日本軍の南京攻略戦(とアメリカ軍のバクダッド攻略)に共通なのは、まず、戦争は首都を陥落させれば早期に勝利のうちに終わるという強烈な思い込みである。だからこそ、日本国内では南京陥落を聞いて提灯行列に次ぐ提灯行列が行なわれたのである。しかし、実際には、相手の抗戦意志を挫(くじ)かなければ、その首都を占領しても戦勝にならない。

 (中略)

中国は当時でさえ四憶の人口を有する国家であって大量の捕虜を出しても新規の兵士に事欠かず、しかも、抗日に燃える女性兵、少年兵も参加していた。・・・・・」






(つづく)

イメージ 1

1999年(平成11年)1月10日(日)






*必ずクリックして拡大


・・・・・・・

イメージ 1

1989年(平成元年)1月11日(水)






*必ずクリックして拡大


・・・・・・・

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から




「 戦争中の指導層に愕然とするほど願望思考が行き渡っているいるのを実に多く発見する。しかも、彼らは願望思考に固執する。これは一般原則といってよい。これに比べれば自己と家族の生命の無事を願う民衆や兵士の願望思考は可愛らしいものである。
 ほとんどすべての指導層が戦争は一ヵ月か、たかだか三ヵ月のうちに自国の勝利によって終わると考える傾向がある。第一次大戦においてはそれは顕著であった。列強のすべての指導層が積極的には戦争を望まないまま、「ヨーロッパの自殺」といわれる大焚火の中に自国を投入していった。列強のすべての指導層は、恫喝によって相手が屈すると思った。そのための動員令であり、臨戦体制であり、最後通牒であった。しかし、相手も同じことを思っていた。恫喝に屈することは、実際にはベルギーのような小国もしなかった。
 小国は一般にほんとうに踏みにじられるまで屈服できない。亡国の危険があるからである。永続する妥協をみいだす責任は大国にある。
 このようにして戦争が自動的に始まった。そして、最初の一ヵ月でパリをおとすというドイツ軍の願望思考が成就しなかった後は、五百メートルの距離を争って日に数千、数万、そして会戦となれば一回に数十万の死者が生まれた。
 太平洋戦争ですら、心理的窮地に立っての開戦決定にもかかわらず、シンガポール陥落で有利な講和を結ぶ状況が生まれるはずだと信じていた。そうならなかった後は打つ手がなくなった。太平洋戦争は一言にしていえば、連合国の植民地軍に勝利し、本国軍に敗れたということである。連合国軍のほうは植民地軍の敗北は「織り込み済み」であった。しかし、願望思考の極まるところ、「無敵」神話が生まれる。「勝利病」である。1942年2月1日、米機動部隊はマーシャル群島を襲撃し、戦意の高さを示した。迎えうった護衛なしの五機の九六式陸上攻撃機の隊長機は炎上しつつ部下を基地に誘導して取って返し「エンタープライズ」の飛行甲板を掠めて海中に没した。これは太平洋戦争最初の米空母への体当たりであった。しかし「勝利病」によって、海軍首脳はこれを何の兆候とも認めず、4月18日の東京空襲は不意打ちとされた。
 これが6月4日のミッドウェイにおける「運命の転機」を迎えさせる一因となった。・・・・その後の日本軍の作戦は次第に作戦自体が多くの願望思考から構成されるようになる。精密機械のように複雑な味方の行動がすべて円滑に進行し、敵がこれに対してお誂えむきな状態に留まってくれることを前提とするようになる。マリアナ沖、レイテ沖海戦にはその影が濃い。最高の願望思考は本土決戦である。もし実現すれば、講和条件が有利になるどころか、1945年春のルソン島戦の再現となり、兵と民衆が山野を彷徨って遂に人肉食の極限に至っていたであろう。そして、むろん、日本は分割され、少なくとも北海道はロシア領となっていたであろう。
 平時から、願望思考は至るところにあった。戦艦「大和」が国費をかたむけて建造されたのは、米国にはパナマ運河を通過できない大戦艦は造れないという固定観念にもとづくものであったが、米国にはサヨリのように細長い戦艦ミズーリ級を造って日本の願望思考を破壊した。そして、速力32ノットのミズーリ級は30ノットを越える当時の正規空母に随伴できるが、27ノットの大和級はできなかった。
 それだけでなく、戦前の帝国海軍は、戦艦を中心として輪形陣を組んでしずしずと進んでくる優勢な米主力艦隊を西太平洋に迎え撃ち、途中を潜水艦、駆逐艦、航空機などで「漸減」させ、タイになったところで雌雄を決するという筋書きで猛訓練をはげんでいた。しかし「漸減」してタイになったならば米艦隊はリスクを避けて引き返すであろう。そもそも、主力艦隊が東西の横綱よろしく取っ組み合いをして国の勝敗を決するということが幻想である。日本海海戦を含め、大多数の海戦は、上陸妨害か補給路遮断の試みとそれへの対抗あるいは予防のために起こっている。真珠湾攻撃は東南アジア上陸作戦の安全化のためであった。」







(つづく)
・・・・・

開くトラックバック(0)

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から





「 しかし、祝祭(*開戦直後)の持続は一カ月、せいぜい三カ月である。それが過ぎると戦争ははじめてその恐ろしい顔を現わしてくる。たいていの戦争はこの観点からすれば勝敗を論じる前にまず失敗である。その前に戦争を追えるというのがクラウゼヴィッツの理想であったろう。
 しかし、もう遅い。平和は、なくなって初めてそのありがたみがわかる。短い祝祭期間が失望のうちに終わると、戦争は無際限に人命と労力と物資と財産を吸い込むブラックホールとなる。その持続期間と終結は次第に誰にもわからなくなり、ただ耐えて終わるのを待つのみになる。太平洋戦争の間ほど、平和な時代のささやかな幸せが語られたことはなかった。虎屋の羊羹が、家族の団欒が、通学路のタバコ店のメッチェン(少女)が、どれほど熱烈な話題となったことか、平和物語とは、実はこういうものである。過ぎ去って初めて珠玉のごときものになるのは老いの繰り言と同じである。平和とは日常茶飯事が続くことである。
 戦争が始まるぎりぎりの直前まで、すべての人間は「戦争」の外にあり、外から戦争を眺めている。この時、戦争は人ごとであり、床屋政談の種である。開戦とともに戦争はすべての人の地平線を覆う。その向こうは全く見えない。そして、地平線の内側では安全の保障は原理的に撤去されている。あるものは「執行猶予」だけである。人々は、とにかく戦争が終わるまでこの猶予が続き、自分に近しい人の生命と生活が無事なままに終わってほしいと念じる。それが最終的に裏切られるのは、爆撃・砲撃を経験し、さらに地上の交戦を経験したときである。それが戦争のほんとうの顔であるが、究極の経験者は死者しかいない。
 米国の両次大戦激戦地における戦争神経症発症状態はカーディナーとスピーゲルの著作に克明に記述してあるが、同程度の激戦を経験して戦争神経症になった日本兵はほとんど帰還していないであろう。米軍のようには孤立した兵士を救出する努力をしないからである。第一次大戦初期の英軍も太平洋戦争後半の日本軍も、その真の戦争体験は永久に不明である。人類の共通体験に繰り込まれないということだ。
 1944年末、すでに米軍の爆撃音は日本諸都市の日常の一部であったが、1945年3月、ドイツの諸都市で経験を積んだカーチス・ルメーの着任とともに、欧州並みの無差別都市爆撃が始まった。猶予期間は終わった。爆撃が重なるとともに次第に想像力が委縮し、麻痺し、爆撃によって炎上する都市を目撃してもそこに何が起こっているかを想像しなくなる。さらに無感動的になり、自他の生死にも鈍感になる。広島・長崎に対する「新型爆弾」攻撃を聞いても、艦載機の攻撃に備えた黒シャツを再び爆弾の「光線」を跳ね返す白シャツに替えるという些事のほうが大問題になってくる。震災の時の同心円的関心拡大とは逆の同心円的な関心縮小を私は経験した。いや、私は現実感を喪失し離人的になっていたのであろう。この白々とした無意味性の中では低空を飛ぶ巨大なB29は銀色に輝いてただただ美しかった。敗戦の知らせを何の感動もなく聴いた。その後、数カ月の記憶は断片的であって、明らかに解離がある。同級生の語る「教科書への墨塗り」の記憶はどうしても出てこない。」







(つづく)
・・・・・・・・

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事