ここから本文です
大道芸観覧レポート モノクロ・フィルムでつづる kemukemu
路上でパフォーマンスをしているだけでもすごい!写真・画像は右下の拡大マークをクリック!

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

イメージ 1

イメージ 1

・・・・

「帝国主義」幸徳秋水著 明治34年 (即発禁処分)
「第3章 軍国主義を論ず」から




すでに、明治34年、幸徳秋水によって、
古参兵の問題、徴兵忌避、脱走などの事実が指摘されている。

明治22年徴兵令では、満20歳の男子から抽選で3年の兵役(常備軍)とすることを定め、常備軍終了後は後備軍(予備役)としている。幸徳秋水が「三年」と書いているのは、そのこと。




<岩波文庫の注>
*りょうれいのいろ・・・がむしゃらに命令するさま
*きつかい・・・こじきのこと(原文のママ)
*牛頭馬頭の呵責・・・・ごず、めず、ともに地獄の鬼。鬼のような責め苦の意味
*るいじゃく・・・・よわいの意
*あます・・・余すの意味
*蹉跌・・・・つまずくの意





・・・・・

画像がうまく右回転しないので、
どこかに一時保存して見てください!

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事