ここから本文です
大道芸観覧レポート モノクロ・フィルムでつづる kemukemu
路上でパフォーマンスをしているだけでもすごい!写真・画像は右下の拡大マークをクリック!

書庫鎮魂ノート

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

美当一調

・・・・



いま見直したい、美当一調。



「人間僅か(わずか)五十年、下典(げてん)の中に較(くら)ぶれば、夢幻(まぼろし)の如くなり、一たび娑婆に生を受け、滅びぬ者のあるべきぞ、生者必滅(しょうじゃひつめつ)、会者定離(えしゃじょうり)とは、仏(ぶつ)の教(おしへ)と知られたり、我日本の軍人は此の理(ことわり)を弁(わきま)へたるか、既に日清戦争に、千里の波濤(なみ)を蹴破つて朝鮮国に押渡り、焼くが如きの炎暑を犯し、肌(はだへ)も氷る雪の日も、或(あるい)は風に櫛(くしけづ)り、或は雨に身を注ぎ、死して原野に屍(かばね)を曝す、語るも聞くも涙なる、日清戦争概略談。」

(1898年『日清戦争談』第一巻のはじめの部分)






「去(さん)ぬる日露の戦争に、馴(な)れし故郷を後にして、父母ある人は父母に別れ、妻子持つ身は妻子を捨て、厳寒酷暑の嫌ひなく、千苦万苦を嘗(な)め尽くし、・・・・・・世界に誇る大敵に、戦ふ毎に打ち勝ちて、国威を万国に輝やかせしも、只(た)だ憾(うら)むらくは戦死者の、名のみ残して其(そ)の人の、影だに見えぬ今の世に、語り出るも涙の種。」

(1908年『日露戦争談』第六編、南山攻撃の一節)







*<『明治大正の娯楽』倉田喜弘 著から>




・・・・・

・・・・



「朝羽(あさは)振り姉は飛びゆき夕羽ふり帰りこざりきこの庭の上に」
 (高野公彦 『水木』)




万葉集などでは「羽振る(はふる)」は、
「溢れる(あふれる)」というような意味で、
揺れて寄せてくるようすのことをいうらしい。
おそらく、魂とか霊とか生き生きした生命力の発動をいうのだろう。

歌人の馬場あき子さんは、
「短歌その形と心」(日本放送出版協会)という本の中で、
「しかし、高野公彦は
この「朝羽振る」という表記の美しさに魅かれてそれをあて、
漢字の意味どおりに「羽を振る」というイメージで使っています。
そのため、亡き姉の魂が、白鳥伝説のように、
白鳥になって翔(かけ)り去ってしまった場面が生まれ、
耽美的な、哀切な感傷の心が、庭上から消滅して、
二度と戻ってくることのない幻像への愛惜を深めています。」という。


朝、羽ををふるように笑顔で出かけ、
夕方にはいつも、ただいまと羽をふるように帰ってきた
しかし、その日は、夜になっても帰ってこなかった

やがて、魂のぬけがらになった姿がみつかった

しばらくは、信じられなかった
もう、羽をふって帰ってくることがないということが
庭も家の中も、何も変わりはないのに

魂は鳥になって空のかなたに飛び立ったのだろうか

でも、鳥になったとしたら どこかで生きている!




・・・・









西田幾多郎随筆集より抜粋




*(その1)からつづく


「死の問題を解決するというのが人生の一大事である、
死の事実の前には生は泡沫の如くである、
死の問題を解決し得て、始めて真に生の意義を悟ることができる。
物窮(きわ)まれば転ず、親が子の死を悲しむという如きやる瀬なき悲哀悔恨は、
おのずから人心を転じて、何らかの慰安の途を求めしめるのである。
夏草の上に置ける朝露よりも哀れ果敢なき一生を送った我子の身の上を思えば、
いかにも断腸の思いがする。
しかし翻って考えて見ると、子の死を悲む余も遠からず同じ運命に服従せねばならぬ、
悲むものも悲まれるものも同じ青山の土塊と化して、ただ松風虫鳴のあるあり、
いずれを先、いずれを後とも、分け難いのが人生の常である。
永久なる時の上から考えて見れば、何だか滑稽にも見える。
生れて何らの発展もなさず、何らの記憶も遺さず、
死んだとて悲んでくれる人だにないと思えば、哀れといえばまことに哀れである。
しかしいかなる英雄も赤子も死に対しては何らの意味も有(も)たない、
神の前にて凡て同一の霊魂である。
オルカニヤの作といい伝えている画に、死の神が老若男女、あらゆる種々の人を捕え来りて、
帝王も乞食もみな一堆(いったい)の中に積み重ねているのがある、
栄辱(えいじょく)得失もここに至っては一場の夢に過ぎない。
また世の中の幸福という点より見ても、生延びたのが幸であったろうか、
死んだのが幸であったろうか、生きていたならば幸であったろうというのは親の欲望である、
運命の秘密は我々には分らない。特に高潔なる精神的要求より離れて、
単に幸福ということから考えて見たら、
凡(すべ)て人生はさほど慕うべきものかどうかも疑問である。
一方より見れば、生れて何らの人生の罪悪にも汚れず、何らの人生の悲哀をも知らず、
ただ日々嬉戯(きぎ)して、最後に父母の膝を枕として死んでいったと思えば、
非常に美しい感じがする、花束を散らしたような詩的一生であったとも思われる。
たとえ多くの人に記憶せられ、惜まれずとも、
懐かしかった親が心に刻める深き記念、
骨にも徹する痛切なる悲哀は寂しき死をも慰め得て余りあるとも思う。
最後に、いかなる人も我子の死という如きことに対しては、
種々の迷を起さぬものはなかろう。
あれをしたらばよかった、これをしたらよかったなど、
思うて返らぬ事ながら徒らなる後悔の念に心を悩ますのである。
しかし何事も運命と諦めるより外はない。運命は外から働くばかりでなく内からも働く。
我々の過失の背後には、不可思議の力が支配しているようである、
後悔の念の起るのは自己の力を信じ過ぎるからである。我々はかかる場合において、
深く己の無力なるを知り、己を棄てて絶大の力に帰依する時、
後悔の念は転じて懺悔《ざんげ》の念となり、
心は重荷を卸した如く、自ら救い、また死者に詫びることができる。
『歎異抄』に「念仏はまことに浄土に生るゝ種にてやはんべるらん、
また地獄に堕(お)つべき業にてやはんべるらん、総じてもて存知せざるなり」
といえる尊き信念の面影をも窺(うかが)うを得て、無限の新生命に接することができる。」



・・・

開くトラックバック(1)

・・


西田幾多郎といえば、日本を代表する哲学者で知られている。
その考え方は、むずかしすぎて、
私には、まったく理解できない。

しかし、以下の文章を本屋で立ち読みしたとき、
衝撃をうけ、すぐに購入した。
そこには、一人の私生活をもつ人間としての悲痛な叫びがあった。
生きていることの悲哀の感情というのだろうか。



西田幾多郎随筆集より「我が子の死」(明治40年・37歳のとき)


「三十七年(注:明治)の夏、東圃《とうほ》君が家族を携えて帰郷せられた時、
君には光子という女の児があった。
愛らしい生々した子であったが、
昨年の夏、君が小田原の寓居の中に意外にもこの子を失われたので、
余は前年旅順において戦死せる余の弟のことなど思い浮べて、力を尽して君を慰めた。
しかるに何ぞ図《はか》らん、今年の一月、
余は漸く六つばかりになりたる己(おの)が次女を死なせて、
かえって君より慰めらるる身となった。
今年の春は、十年余も足帝都を踏まなかった余が、
思いがけなくも或用事のために、東京に出るようになった、着くや否や東圃君の宅に投じた。
君と余とは中学時代以来の親友である、
殊に今度は同じ悲《かなしみ》を抱きながら、久し振りにて相見たのである、
単にいつもの旧友に逢うという心持のみではなかった。
しかるに手紙にては互に相慰め、慰められていながら、
面と相向うては何の語も出ず、ただ軽く弔辞を交換したまでであった。
逗留七日、積る話はそれからそれと尽きなかったが、遂に一言も亡児の事に及ばなかった。
ただ余の出立(しゅったつ)の朝、君は篋底(きょうてい)を探りて一束の草稿を持ち来りて、
亡児の終焉記《しゅうえんき》なればとて余に示された、
かつ今度出版すべき文学史をば亡児の記念としたいとのこと、
及び余にも何か書き添えてくれよということをも話された。
君と余と相遇うて亡児の事を話さなかったのは、
互にその事を忘れていたのではない、
また堪え難き悲哀を更に思い起して、苦悶を新にするに忍びなかったのでもない。
誠というものは言語に表わし得べきものでない、
言語に表し得べきものは凡て浅薄である、虚偽である、
至誠は相見て相言う能《あた》わざる所に存するのである。
我らの相対して相言う能わざりし所に、言語はおろか、
涙にも現わすことのできない深き同情の流が心の底から底へと通うていたのである。
余も我子を亡くした時に深き悲哀の念に堪えなかった、
特にこの悲が年と共に消えゆくかと思えば、いかにもあさましく、
せめて後の思出にもと、死にし子の面影を書き残した、
しかして直《ただち》にこれを東圃君に送って一言を求めた。
当時真に余の心を知ってくれる人は、君の外にないと思うたのである。
しかるに何ぞ図らん、君は余よりも前に、同じ境遇に会うて、同じ事を企てられたのである。
余は別れに臨んで君の送られたその児の終焉記を行李の底に収めて帰った。
一夜眠られぬままに取り出して詳《つまびら》かに読んだ、
読み終って、人心の誠はかくまでも同じきものかとつくづく感じた。
誰か人心に定法《じょうほう》なしという、
同じ盤上に、同じ球を、同じ方向に突けば、同一の行路をたどるごとくに、
余の心は君の心の如くに動いたのである。
 回顧すれば、余の十四歳の頃であった、
余は幼時最も親しかった余の姉を失うたことがある、
余はその時生来始めて死別のいかに悲しきかを知った。
余は亡姉を思うの情に堪えず、また母の悲哀を見るに忍びず、
人無き処に到りて、思うままに泣いた。
稚心(おさなごころ)にもし余が姉に代りて死に得るものならばと、
心から思うたことを今も記憶している。
近くは三十七年の夏、悲惨なる旅順の戦に、
ただ一人の弟は敵塁深く屍を委(まか)して、遺骨をも収め得ざりし有様、
ここに再び旧時の悲哀を繰返して、断腸の思未だ全く消失(きえう)せないのに、
また己(おの)が愛児の一人を失うようになった。
骨肉の情いずれ疎なるはなけれども、特に親子の情は格別である、
余はこの度(たび)生来未だかつて知らなかった沈痛な経験を得たのである。
余はこの心より推して一々君の心を読むことが出来ると思う。
君の亡くされたのは君の初子(はつご)であった、
初子は親の愛を専らにするが世の常である。
特に幼き女の子はたまらぬ位に可愛いとのことである。
情濃(こま)やかなる君にしてこの子を失われた時の感情はいかがであったろう。
亡き我児の可愛いというのは何の理由もない、
ただわけもなく可愛いのである、甘いものは甘い、辛いものは辛いというの外にない。
これまでにして亡くしたのは惜しかろうといって、悔んでくれる人もある、
しかしこういう意味で惜しいというのではない。
女の子でよかったとか、外に子供もあるからなどといって、慰めてくれる人もある、
しかしこういうことで慰められようもない。
ドストエフスキーが愛児を失った時、また子供ができるだろうといって慰めた人があった、
氏はこれに答えて
“How can I love another Child? What I want is Sonia.”といったということがある。
親の愛は実に純粋である、その間一毫(いちごう)も利害得失の念を挟む余地はない。
ただ亡児の俤(おもかげ)を思い出(い)ずるにつれて、無限に懐かしく、可愛そうで、
どうにかして生きていてくれればよかったと思うのみである。
若きも老いたるも死ぬるは人生の常である、
死んだのは我子ばかりでないと思えば、理においては少しも悲しむべき所はない。
しかし人生の常事であっても、悲しいことは悲しい、
飢渇は人間の自然であっても、飢渇は飢渇である。
人は死んだ者はいかにいっても還らぬから、諦めよ、忘れよという、
しかしこれが親に取っては堪え難き苦痛である。
時は凡《すべ》ての傷を癒やすというのは自然の恵であって、
一方より見れば大切なことかも知らぬが、一方より見れば人間の不人情である。
何とかして忘れたくない、何か記念を残してやりたい、
せめて我一生だけは思い出してやりたいというのが親の誠である。
昔、君と机を並べてワシントン・アービングの『スケッチブック』を読んだ時、
他の心の疵(きず)や、苦みはこれを忘れ、これを治せんことを欲するが、
独り死別という心の疵は人目をさけてもこれを温め、
これを抱かんことを欲するというような語があった、
今まことにこの語が思い合されるのである。
折にふれ物に感じて思い出すのが、
せめてもの慰藉である、死者に対しての心づくしである。
この悲は苦痛といえば誠に苦痛であろう、しかし親はこの苦痛の去ることを欲せぬのである。
死にし子顔よかりき、をんな子のためには親をさなくなりぬべしなど、
古人もいったように、親の愛はまことに愚痴である、冷静に外より見たならば、
たわいない愚痴と思われるであろう、
しかし余は今度この人間の愚痴というものの中に、人情の味のあることを悟った。
カントがいった如く、物には皆値段がある、独り人間は値段以上である、
目的其者(そのもの)である。
いかに貴重なる物でも、そはただ人間の手段として貴いのである。
世の中に人間ほど貴い者はない、物はこれを償うことが出来るが、
いかにつまらぬ人間でも、一のスピリットは他の物を以て償うことは出来ぬ。
しかしてこの人間の絶対的価値ということが、
己が子を失うたような場合に最も痛切に感ぜられるのである。
ゲーテがその子を失った時“Over the dead”というて仕事を続けたというが、
ゲーテにしてこの語をなした心の中には、
固(もと)より仰ぐべき偉大なるものがあったでもあろう。
しかし人間の仕事は人情ということを離れて外に目的があるのではない、
学問も事業も究竟(くっきょう)の目的は人情のためにするのである。
しかして人情といえば、たとい小なりとはいえ、親が子を思うより痛切なるものはなかろう。
徒らに高く構えて人情自然の美を忘るる者はかえってその性情の卑しきを示すに過ぎない、
「征馬不 前人不語、金州城外立 斜陽」の句ありて
いよいよ乃木将軍の人格が仰がれるのである。
とにかく余は今度我子の果敢《はか》なき死ということによりて、多大の教訓を得た。
名利を思うて煩悶絶間なき心の上に、
一杓(いっしゃく)の冷水を浴びせかけられたような心持がして、
一種の涼味を感ずると共に、心の奥より秋の日のような清く温き光が照して、
凡(すべ)ての人の上に純潔なる愛を感ずることが出来た。
特に深く我心を動かしたのは、今まで愛らしく話したり、歌ったり、遊んだりしていた者が、
忽ち消えて壺中の白骨となるというのは、如何なる訳であろうか。
もし人生はこれまでのものであるというならば、人生ほどつまらぬものはない、
此処(ここ)には深き意味がなくてはならぬ、人間の霊的生命はかくも無意義のものではない。」


*(その2)につづく


・・・

・・
先日、「殯(もがり)の森」という映画をみた。
ふと、浮かんだのは、
つぎの柿本人麻呂の長歌・短歌だった。





軽皇子 安騎の野に宿します時に、柿本朝臣人麻呂の作る歌


やすみしし 我が大君 高照らす 日の皇子(みこ) 神(かむ)ながら 神さびせすと 
太敷かす 都を置きて こもりくの 泊瀬(はつせ)の山は 真木立つ 荒き山道(やまぢ)を 
岩が根 禁樹(さへき)押しなべ 坂鳥の 朝越えまして 玉かぎる 夕さり来れば 
み雪降る 安騎(あき)の大野に 旗すすき 小竹(しの)を押しなべ 
草枕 旅宿りせす いにしへ思ひて(1・45)


短歌 (四首)

安騎(あき)の野に宿る旅人うち靡(なび)き眠(い)も寝らめやも古(いにしへ)念(おも)ふに
(1・46)

ま草刈る荒野にはあれど黄葉(もみぢば)の過ぎにし君が形見とぞ来し
(1・47)

東(ひむかし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ
(1・48)

日並(ひなみし)の皇子の命(みこと)の馬並(な)めて御猟(みかり)立たしし時は来向(きむか)ふ
(1・49)




秋山の黄葉(もみぢ)を茂み惑(まど)ひぬる妹(いも)を求めむ山道(やまぢ)知らずも
(2・208)





・・・・

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事