ここから本文です
大道芸観覧レポート モノクロ・フィルムでつづる kemukemu
路上でパフォーマンスをしているだけでもすごい!写真・画像は右下の拡大マークをクリック!

書庫中井久夫語録(戦争)

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から




「 一般に、敗戦国では戦後を否認する者と戦後を受容する者とにわかれる。第一次大戦後のドイツでは否認する者のほうが優勢であった。ドイツ本土がナポレオン戦争以後一世紀の間、戦場にならなかったためもあって、「背後の一突き」すなわち国内の敗北主義者の裏切りによる敗北だという宣伝がしきりになされた。第二次大戦では、イギリス、スウェーデン、スペイン、ポルトガルを除いてヨーロッパ諸国のことごとくが陸戦の戦場となった。国が陸戦場になるかならないかが戦争体験を左右する程度は大きいと思われる。日本の大部分は陸戦場にならなかった。死者の戦争体験は戦闘であろうと空襲であろうと平等であるが、生き残った者の体験に沖縄とその他の地方との落差があるのは、そのためもあるであろう。

 日本は、663年の唐に対する白村江の敗戦以来、対外戦争の決定的敗北がなく、本土を占領されたこともなかったという稀有な地域である。沖縄を除けば1945年から52年までの米軍の占領が当時は意外に温和なものと受け取られたのは事実である。それは、軍が背水の陣を構築するために国民に予め与えた敗戦のイメージのグロテスクさによるところもあり、漏れ聞いていた日本軍外地占領の過酷さと希望のなさとの対比によるところも大きかった。また、島国であったために、深刻な国境問題を直面したこともなかった。
 実際、当時の日本は敗戦から多くのものを搾り出した。占領軍によらなければ農地改革は完遂できなかったであろう。小作争議は戦前以上に大規模となったであろう。女性参政権、男女同権なども同様であって、日本の支配層は、占領軍の力によって、この種の改革に対する反対勢力を抑え、全体として戦後50年の国内の安定を紡ぎだしたということができる。
 戦争放棄は「懲罰」であると同時に一種の「みそぎ」と観念されて、「新生日本」が旧日本とは断然違うということの証しとしてしばしば活用された。専守防衛の思想を持つ自衛隊は戦前の軍との間に一線を画した。ベトナム戦争に韓国軍と並んで出兵を要請されなかったのも、現憲法の活用によるところが大きかろう。


・・・・・(中略)


 そもそも私がこのような一文を草することは途方もない逸脱だとわれながら思う。しかし、一度は書かずにはおれなかったとも思う。それは山本七平氏や半藤一利氏を動かしたものと同じではないにしても遠くはないであろう。戦時中の小学生が「戦中派」といわれる時代であり、その「戦中派」も陛下と同じく満71歳(*執筆当時)を過ぎているのである。しかし、わたしの主眼は「理解」にある。私は戦争という人類史以来の人災の一端でも何とか理解しようと努めたつもりである。・・・・・

 戦争について書こうとする作業は、私の一種の喪の作業であることに最近気づいた。・・・・・・」





(語録、おわり)

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から



「 リデル=ハートは、その『戦略論』において、成功した戦争は少なく、また戦争の後遺症は予想外に永続的であるとしている。特にゲリラ戦の後遺症は長く残り、たとえばナポレオン軍に対するスペインのゲリラ闘争は百年以上後のスペイン市民戦争にも影響していると考えている。これはほとんど外傷史観である。ベトナム戦争以後の米国の政策は依然として「ベトナム症候群」の呪縛の中にあるという。日露戦争以後のわが国の、最終的に袋小路に至る彷徨の軌跡は、にわかに興った大国意識を含めて、日露戦争の後遺症ではないかと考えてみる価値があるだろう。
 したがって、いかに戦争を終結し、その後遺症を防ぎ、平和を構築するかが非常に重要である。しかし、後遺症をできるだけ少なくするような戦争の終え方と、戦争を防止する積極的な平和構築については、戦争の準備以上の巧智と忍耐と見極めと断念と決断を要するものであると思われる。
 「平和を欲するなら戦争に備えよ」とはローマ帝国以来の殺し文句である。しかし、積極的な平和構築が念頭にない戦争準備は時には戦争を呼ぶのである。ここで、積極的な平和構築は、勝利の維持とは別個であることを言っておかなければならない。勝利の状態は必ず一時的である。勝利にもとづく多国間体制を長期的に維持しえた例は仮にあってもきわめて少なく、その後にはしばしば災厄が待ち構えている。そのよい例は第一次大戦後のヴェルサイユ体制である。ウイルソンの理想主義的調停は破綻して、英仏は過剰な安全保障を求めてドイツを再び立ち上がれないようにすることを求めた。第二次大戦の火種がその中にあった。。・・・」




「 戦争の終結にはいくつかの形態がある。戦敗国の併合(たとえば英国によるインド併合)、成功あるいは挫折した独立戦争、勝敗をサスペンドした状態での停戦の維持(たとえば朝鮮戦争)、低い水準での戦争状態の維持(たとえばイスラエルとパレスチナ)がある。
 模範例は、講和条約の締結による戦争の結果の固定とされてきた。勝者は敗者に領土の割譲と賠償金の賦課を求めるものであるが、実際にこれが実現した場合はそれほど多くない。日露戦争は賠償金の取り立てに失敗したところを東アジアから得ようとして地域の平和構築失敗の原因を作った。普仏戦争、第一次大戦もこのモデルに従おうとして、平和の構築に失敗した例である。第二次大戦においてこのモデルに従おうとしたソ連は、従わなかった中国よりも怨恨を買い、パックス・ソヴィエティカの構築に失敗して瓦解した。
 第二次大戦の終結はドイツと日本の場合が対照的である。ドイツの場合、1945年4月30日にヒトラーが自殺すると、5月8日の休戦前後にドイツ軍は遭遇した連合軍に個々別々に降伏していった。その過程で少なからなぬ死傷者が出た。また、ドイツ兵はソ連兵の手を逃れて米英兵に投降しようとしたが、協定によって米英兵は彼らの一部をソ連軍に引き渡した。この間の犠牲者は10万と見積もられている。
 日本ではポツダム宣言という停戦後の青写真を連合国が示したことがソ連参戦あるいは原子爆弾よりも大きな力となったと私は思う。米軍上陸までの二週間以内のうちに本土決戦に備えていた兵士の大部分は復員してドイツのような摩擦はなかった。その間アメリカ空軍は都市の上空に爆撃機を飛ばして威圧を続けた。・・・・・」




(次回でおわり)

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から




「 一般に、戦闘における死者の大部分は逃走中に生じるが、それは人間の顔に向かって射撃するのは精神的抑制が働くからであって、だから捕虜になるときには鉄兜を脱ぐのが要領であるとグロスマンの著書(*『人殺しの心理学』)にある。
 
 中国戦線の日本軍は、初期には、中国人を豚と思えと教育し、捕虜の刺突を行わせたことがあったが、その結果、生涯悪夢に苦しみ、座禅をもっぱらにして世を去った方もおられる。しかしなお、一兵も殺さなかったという元兵士が存在する。
 同書によれば、発砲者15−20%のうち半分は強い市民的義務感の持ち主であり、残りは冷酷な人格障害者であるという。石川達三の『生きている兵隊』をみると、小学教師の少尉が次第に冷酷な殺人者兵士に引き寄せられてゆく姿がみられる。

 戦後の日本捕虜収容所では、例外はあるが、ヤクザが仕切って一般兵士は搾取された。戦争は実に彼らの出番なのである。カーディナーも、落下傘兵などの兵科には、平時の生活に適応できない者が活躍の場を見いだすという。フランス軍でも落下傘兵は、本来の目的でなくデモ鎮圧に使われていた時期がある。

 しかし、敵兵に対する個人的憎悪は戦友の惨殺と関連していることが多い。ベトナム戦争の残虐行為にも同じ場合が少なくないようだ。一般には兵士同士には個人的憎悪はなく、日露戦争でも第一次大戦でも、対峙する両軍の間で休戦旗を掲げ、酒宴を開く「戦場交歓」がみられた。日中戦争でも、中国兵への敬意を日本兵はしばしば語った。敵兵は「敵さん」と呼ばれることがあった。「逃れられない苦労を共にする者」という感覚が「苦労をさせやがる相手」という感覚と並んで底流していなくもないらしい。・・・・」







(もう少しつづく)

開くトラックバック(0)

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から





「<人間はいかに戦争人(Homo pugnans)たりうるか>

 人間といっても、これは圧倒的に男性であり、女性兵士も基本的に男性として養成される。
 通常の人間を戦士に仕立てるには、人性の一面を育て、人性の他の面を抑圧しなければならない。

 戦前の日本においては、幼年時代から戦士へ向かう教育が始まっていた。思春期と共に、男性の生理的戦士面が強調され、調教された。
 しかし、青年市民から兵士への飛躍は非常に大きいものであり、一般社会を「娑婆」と呼んで、そのルールの一切が通用せぬ世界に入ったことを示す工夫がさまざまになされた。「不条理ゆえにわれ信ず」という逆理が大いに利用された。
 逆説的であるが、平時内地での兵士の生活のほうが、官僚的些末性を持ったステロタイプにみちみちており、苦渋である。戦地のほうが一般に(上官の裁量にしたがってその質と哲学とによるところ大であるが)、ある「ゆるめ」がある。中隊長を典型とする実践部隊長である下級将校は、突撃を命じた時に部下が追随して来ないことが最大の恐怖であって、そのために、配属兵士全員の顔を写真で予め覚えるなど、この将校の下でなら死んでもよいと思わせなければならない。また、他に抜きんでて食糧、装備、その他を自衛のためにもたらす将校でなければならない。これらの期待に非常に反した、戦下手で、部下を掌握せず、劣悪な条件を引き当てる将校は乱戦中に味方兵士に射殺される脅威を感じる。
 しかし、一般にもっとも現実ばなれしうるのは上級指揮官であることも無視できない要因である。「戦争は錯誤の連続」であるといわれ、錯誤が少ないほうが勝つということになる。しかし、不可避な錯誤もあるけれども、現実ばなれした願望思考による錯誤の比重は決して少なくないように思われる。参謀たちがゲーム感覚で作戦を樹てているのではないかと思われることがある。最高司令官や参謀は酸鼻な戦場を見るべきでない、なぜなら感情的となって冷静な判断ができなくなるから、ともいわれるのであるがーー。

 兵士については、グロスマンの叙述がもっとも迫力のあるものである。1946年、米軍のウイリアムズ少将は、南北戦争以来、第二次大戦に至るまで、敵に向かって発砲する兵士の率はほぼ一定で、15%か20%であることに気づく。これは日本軍のバンザイ突撃に際しても変わらなかったという。他国軍隊でも同じようなものだそうである。少将は、兵士の発砲率向上を海軍の心理学者に命じ、朝鮮戦争において55%、ベトナム戦争においても実に95%を発砲率を達成したという。
 その方法を概観すると、(1)首を固定して残虐なシーンを無意味化するまでみせつづける、(2)これはイスラエル軍の事例を挙げているが、通常の射撃標的を止め、メロンをくりぬいてトマトジュースを入れ、これを林の影から隠顕させて五人一組で射撃させ、成績に従って賞罰を与える。これを「条件反射」と呼んでいる。(3)ベトナム人は人間ではないという暗示を与える(洗脳)、(4)17歳という若い少年兵を用いる。
 この方法は成功しすぎたのか、その後の戦争においては米軍の発砲率は24%だという。

(中略)

 日本軍と中国軍が相対峙した時も、最初は狙わずに空に向かって撃つのだが、たまたま戦友に敵弾が命中して彼が戦死すると、その兵士はにわかに真剣に射撃しはじめるという話を直接聞いたことがある。実際、「戦友」は、非常に重要な戦意維持要素とされ、古代ギリシャでは同性愛のカップルが並んで闘うようにした。現在も、大義でも師団の名誉のためでもなく、戦友のために闘うのだとカーディナーは述べている。その反面には、もし戦友に見捨てられたらたいへんだということがあるのだろう。戦友愛は専有愛でもある。
 もう一つ、連帯あるいは軍艦への一体化があるかもしれない。戦記には、これらがほとんど人格を持ったものとして扱われる。これは特に日本の戦記ものにきわだっている現象である。戦友会も連隊や軍艦を単位として開催されている。・・・・」






(もう少しつづく)

中井久夫(1934年生)

「戦争と平和 ある観察」(2005)

*『樹をみつめて』みすず書房(2006)
または『戦争と平和 ある観察』人文書院(2015)から




「 非対称戦争は、(1)価値観の違う軍隊間に起こる戦争である。(2)戦争形式は質的に異なり、敵対者間に共通のルールが生まれる余地が極めて少ない。(3)一般に非正規軍を強く帯びる側は軍事的に劣勢である。(4)非正規性が明確な側は本土防衛戦を戦う側である。(5)一般に劣勢軍のほうが、兵士にまで大義を説き作戦の意義を教示する傾向がある。
 この非対称性は正規軍同士にも見られた。欧米軍は一般に作戦にかんする情報を将校にのみに限定し、兵士には秘密を漏らさず、日記を禁じた。
 日本軍は兵士にも大義を説き、作戦をも具体的に教え、日記を認めた。これは捕虜の尋問の際に不利を生んだ。日本軍が捕虜になるのを禁じたのはこのためもあったというが、日本兵捕虜がもはや一切の面目を失い帰国の道を断たれたと観念して軍の秘密をよく語るようになるという悪循環を生んだ。
 ソ連軍は政治委員を随伴させて指揮官以下の政治教育と政治意識評価を行なった。中国軍は思想教育と共に、軍の行動原理を単純明快な定式にして教育した。ベトナム軍は作戦会議に兵士を参画させ、攻撃目標の実物大模型を密林内に作成して、最良の攻撃法を論じさせ、さらに演習して最短時間で最大効率を挙げるようにした場合もあったという。
 
 以上の概観から、非対称戦争が、絶えざる緊張を生み、戦争法規違反、残虐行為、市民被害を生む確率がきわめて高く、戦闘員の熱狂性を強化せざるをえないことが結論づけられよう。
 おそらく、正規軍同士のクラウゼヴィッツ型戦争は、今後、起こっても稀であろう。原子爆弾の存在がそれを困難にしたことに加えて、ほとんど不可能なほどに正規軍の軍事費が高騰しているからである。
 冷戦の経過を経るに従って、共に水爆を発射する原子力潜水艦と空母を備えるなど、米ソの軍備は互いに相似形となってきた。この対称性ひいては政治軍事行動形式全体が次第に相似ることは、第二次大戦のドイツ陸軍とソ連陸軍、日本海軍と米国海軍、かつてのドイツ軍と戦後のイスラエル軍、ベトナム戦争時の米軍とカンボジャ侵攻の際のベトナム軍など容易に見て取ることができる。この成り行きは、劣勢国の軍備内容を優勢国のそれに追随させ、ついには資源あるいは資金の不足による破綻・自滅を招く。軍備が科学化、電子化し、巨額の資金と頭脳を必要とするようになって、対称戦争の機会はさらに少なくなっているのではなかろうか。世界の軍事力の八割をアメリカが占めているといわれているが、そのアメリカでさえ、兵器の陳旧化と兵員の質低下を抑えることができないという。

 非対称戦争の契機の一つは正規軍の敵本土侵攻であるが、もう一つは内戦である。内戦を明るみに出したならば、手の汚れていない民族はほとんど存在しないのではないだろうか。南北戦争のように正規軍同士の対称戦争に比較的近い内戦もあるが、一般に内戦は、非対称戦争の非正規軍同士の戦闘の様相を帯びる。最初はそうでなくても、急速に、その方向への「戦争の堕落」が起こる。冷戦終了後の内戦の多さとその酸鼻さは極端であり、また国家の態をなさない破綻国家が内戦がらみで続出している。極端な例は1994年のルワンダ内戦である。・・・・」





(もう少しつづく)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事