サカナクション一路の『テクノクション語録』

鬱屈青春テクノバンド、サカナクション一路の日記 〜音楽商業主義と心の旅〜

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

もうすぐRSR2008だ。

イメージ 1

iTunesで、ライブ音源に続き、昨日からミュージックビデオ配信が始まりました。
今見ると懐かしい。

今まで札幌に住んでいたのもあって、予算とかその他もろもろ事情があるがために、
東京でメンバー全員出演のPV撮影はなかなかできなかったけど、
次作からはメンバー全員出演でやれるのが嬉しい。


もうすぐライジングサンロックフェスであります。
久々の北海道ライブがライジングサンであるという事は、嬉しいかぎりです。

北海道出身の僕らがライジングサンに出演するという意味はかなり大きい。
気合が入らない訳がないのです。

当日会場でスペシャの公開生放送に出演するのです。


レコーディングの不安は忘れて、ライジングは楽しむぞ。





一路

開く コメント(2)

ざぶん。

イメージ 1

サマソニが終わって、次はライジングサンです。

家に帰って来たら、また言葉の海にザブンと飲み込まれました。
歌詞歌詞歌詞。


レコーディングと夏フェス。


これは、人生の中でもっとも難しく、為になる期間だと思うのであります。


サマソニで朝早く僕らを見る為に足を運んでくれたみんな、
舞州の炎天下の中、踊ってくれたみんな、

本当にありがとうございます。

そんな応援してくれる期待してくれる人の為にも
僕は今夜も言葉の海にザブンと飲み込まれます。

それで頑張れます。




一路

開く コメント(2)

サマソ。

イメージ 1

今からサマソニに行ってまいります。

日常の鬱屈を幕張メッセと舞州にぶつけてまいります。



去年に大阪に出演してからもう一年経つのかと思うと、
早いようであっという間であります。



盛り上げますよ。






8/6にライブ音源が配信されて、iTunesで調子いいみたいであります。
うれしい。

http://sakanaction.jp/news/index.shtml




一路

開く コメント(0)

僕の波。

イメージ 1

僕の声は、呼んでも帰って来ない、やまびこみたいだ。

冷蔵庫のモーター音とMacのエンジン音だけが、現実です。


心の中にドスッ鉛みたく重たい何かが居座っていて、

僕が思いつく言葉を、否定します。


僕の中で僕の言葉を否定するのは誰なのか、それはきっと厳しい僕自身であり、

これを乗り越えなければ、僕は僕に飲み込まれてしまうはずです。


僕の中の僕は、波みたく行ったり来たりしながら現れ、

僕の時間を浸食します。



それが成長の果てで起こりえている現象だと信じ、

僕は言葉と向き合い続けるしかないのです。



屋久島に行きたい。






一路

開く コメント(1)

背の低いイタドリ。

イメージ 1

毎日来るようになった野良猫の我が侭が、今一番健全な僕の悩みです。


それ以外の悩みといったら、排水溝に溜まる髪の毛のような汚さでして、

それについて考える事さえ億劫になり、

僕は背の低いイタドリのように、ただ枯れるのを待つだけなのです。


朝は不安で目が覚め、部屋が暗くなっていくにしたがってもっと不安になり、

時間と僕との戦争は、真っ白なMac一台の中で繰り広げられるので、

Macなんて大嫌いだと八つ当たりしたくなり、

アップルストアで、新しいMacを探したりして、今のMacをいじめたりするのです。


僕は歌詞を書き始めると、本来僕は暗い人間なんだという事を思い知らされ、

じゃあ今の自分は何なのかと、嘘なのかと、

吐き気がします。



一路

開く コメント(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事