ここから本文です

書庫全体表示

弾丸登山、石鎚山

ワンゲルさんからラインがあり、東予港に迎えに行くので石鎚山に行きませんかとお誘いがありました、大阪南港発22時〜翌日6時着=石鎚山登山=東予港22時出発で帰阪、船中2泊、初めて経験する弾丸登山です。
今年夏に就航した新造船オレンジフェリーえひめはホテルなみ、料金も復路は3割引き往復で11890円と格安でした。
イメージ 1
面河渓からの予定でしたが、土曜日で山頂が混むからロープウエイを利用して表参道に変更、朝一番の臨時便に乗り7時40分歩き始めます
成就社神門から本格的な山歩きが始まります、予期しない寒気が入り込み前日昼から雨が降り出して、この日も半日時々小雨が降りましたが下山時には名残の黄葉が見れてまずまずの一日でした。
イメージ 2
岩場が濡れて滑りますがここでパスするとあとの1,2,3の鎖場はいけません
若者の後を試しの鎖で足慣らし、鎖に頼らなくても足場が確保できるのでなんなく登れましたが・・・
イメージ 3

イメージ 4
危険なのは下りです、はるか下を歩いている登山者が目に入り高度感がありました
足場を確保しながら慎重に下りました、最後は足場が滑りやすく少し危なかったですが無事通過!!まずは第一関門突破しました
イメージ 5
ロープウエイを利用しないとここに合流する夜明峠、ここで夜が明けたのでしょうか
山頂まではこのようなガスの中でした
イメージ 6
紅葉が終わり、延々と続く木や丸太の階段に散紅葉が彩ります
イメージ 7
ちょっと厳しかった一の鎖、女性がリードしている若いカップルです
イメージ 8
ポーズをとってもらいます、少年のころから裏山に登り母親を心配させたそうです、山が好きというより冒険が好きなワンゲルさん、わんぱく少年の様な笑顔が僕はとても好きです、好きな山に入ると童心に戻るのですね、幸せな方です300名山はあと一座、ゆっくり楽しむそうです
イメージ 9
土小屋との分岐に着きました、ここまでツアーの方など大勢の人と一緒に登ります
イメージ 10
きれいなトイレがある二の鎖前はこんなに人だかり、
イメージ 11
混まないうちに登り始めます、高度感たっぷり鎖に手をかけて足場を確保してから体を引き揚げます、最近肥えたのでこの一週間禁酒したおかげでしょうか身軽に体が反応してくれました、下で夫婦の奥さんが滑ったようで、ドタッという音を聞いた時は一瞬ビビりました
イメージ 12
手すりにすがりながらジグザグ続く階段を団体さんの後に続いて登ります
石鎚神社奥社11時到着、食事休憩しようか迷いましたが、混まないうちに天狗岳に行くことにします、この決断は大正解、後ほど戻ってきたときの大混雑を見ればわかります
イメージ 13
山頂について余裕で笑ってますが、つるつるの岩場を膝をついて横ばいした時はまじで怖かったです、ここにこそ鎖が欲しいと思いました、下山しようとしたところ雲が飛び青空がのぞきます、後続の若者3人と写真を撮りあったりして大はしゃぎしました。食事はあとにして気持ちが切れないうちに戻ります、上り以上に横ばいの個所は恐怖でした、オーバーハングした岩をつかみながら下を見たときは一瞬目がくらみました、後ほどたくさんのツアー客さんが行きましたが少し心配です、
つぎはつかむところがなく足場がないところはほんと怖かったですがワンゲルさんの膝を足場にして何とか通過できました、感謝!
イメージ 14
たくさんの人が向かってくるので待機時間を利用して食事タイムにしますが
待っていてもきりがないので戻ります、山頂社はこんなです、100人は軽くいるでしょうか、山頂でこんなに多くの人を見たのは初めての経験です。ツアー客、家族連れ、若者がたくさん来てました、また小学生から4歳の子供まで人気の山なんですね
イメージ 23
階段を下り始めると雲がとれます何度も立ち止まってシャッターを切ります、山頂で1時間待ってれば展望を楽しめたのでしょうか?早く下山して下から眺めましょう
イメージ 15

イメージ 16
右手に見える人は山頂方向の眺望を楽しんでる湯です、急ぎましょう
イメージ 17
これが下から見た笹の上に浮かぶ紅葉です
イメージ 18
アングルが良いところまで移動して撮影タイム、お湯を沸かしてコーヒーを飲みましょう、最高の贅沢です(以下の写真はワンゲルさんの写真です、自分のは残念ながら取り込めませんでした??)
イメージ 21


イメージ 20
雲が取れて右手山頂社と左手が天狗岳(1982)
イメージ 19
今夜頂上宿舎に泊まる人などまだまだたくさんの人たちとすれ違います
陽がさし輝きを取り戻す紅葉、下山道をロープウエイ乗り場まで下ります
イメージ 22
途中の展望台からは写真がありませんが、瓶ケ森、特徴的な形の子持権現山などの山並みがきれいに見え、また来る日を楽しみにして帰路に着きました。

追記
ロープウエイ駅からの景色です、瓶ケ森は雲の中、右手のキングコングの頭の様な山が子持権現山です、今年赤石山から下山しして翌日寒風山トンネルからUFOラインを通って土小屋までドライブしたことが思い出されます、四国の山がますます好きになりました
イメージ 24
(ワンゲルさんのブログから拝借しました)





この記事に

  • 歩き遍路の途中で寄り道登山した石鎚山、五月の連休でした、沢山の人が登り単独なので鎖は全て迂回し天狗岳にも登らずじまい、紅葉の鮮やかな10月初めに行ってみたいです
    しかしきっとまた天狗岳には行けないですわ!

    mannmaruogojyo

    2018/10/22(月) 午後 1:53

    返信する
  • 顔アイコン

    「幸せな方」と言っていただきありがとうございます。体験上「三つ子の魂百まで」というのは本当だと思いますね。逆言えば幼児教育、子育てが大事ということです。子供の頃の豊かな体験が人生を楽しくします。

    [ ワンダーフォーゲル ]

    2018/10/22(月) 午後 3:11

    返信する
  • 顔アイコン

    > mannmaruogojyoさん
    お遍路さんは僕も憧れます、バイクで足摺から室戸岬を走ってるときにお遍路さんに遭遇、バイクを止めて見送りました、また行くことがあっても天狗岳はいいです(笑い)

    ken**55

    2018/10/22(月) 午後 5:12

    返信する
  • 顔アイコン

    > ワンダーフォーゲルさん
    小さい頃は家業が忙しく一番年少の僕以外は働くことに精一杯でした、家族一緒に遊ぶことを夢見ていましたがもちろんかないませんでした、その反動でしょうか、自分はいつもなんでも遊びに換えようとしています、この歳になても、死ぬまでこの気持ち忘れないいようと思ってます。天狗岳の帰り怖かったです、夢でうなされそうです

    ken**55

    2018/10/22(月) 午後 5:18

    返信する
  • 顔アイコン

    楽しく拝見しました!
    笑い事ではないですよね・・ひとつ間違えたら命が。
    お疲れ様でした。
    良き友を持ち幸せですネ‼
    羨ましいなぁ〜と ちょっぴり胸が熱くなりました。

    標高はさほど変わらない、百名山の 雨飾山 登ってきました。
    急な登りばかりで最後は岩!
    でもご褒美ありましたよ〜。
    富士山、槍、後ろ立山、火打などなどの絶景に感激で〜す。
    小娘も過ぎ行く秋! 満喫しました。 削除

    [ 鼻垂れ小娘 ]

    2018/10/22(月) 午後 11:15

    返信する
  • 顔アイコン

    > 鼻垂れ小娘さん
    ほんと下を覗き込んだときは高度感に圧倒されました
    下山時に撮影していたポイントあたりを覗いていたことになります、ぞぞっ〜〜
    雨飾山素晴らしいでしょう、また池の紅葉はどうでしたか?
    家内の双子の姉妹と3人で家内の友人のペンションに行ったときに登りました、2012年10月30日でした

    今年は紅葉が速いので丁度良かったのではないですか

    火打、妙高山は憧れの山です行けるのを夢見ています

    山行中なんどか小娘さんのこと話題になりました、これからも情報交換たのしみです

    ken**55

    2018/10/23(火) 午前 1:37

    返信する
  • すごい弾丸ですねえ〜!
    同じ頃、知り合いが同じく弾丸で石鎚行ってました(笑)
    懐かしい山です!
    鎖が楽しくてギャーギャー言ってたのを思い出します。
    四国の山も奥深いですね!

    連れ

    2018/10/23(火) 午前 6:00

    返信する
  • 顔アイコン

    > 連れさん
    晴れマークなので雨はないと思ってたのですが半日降られました、でも、下山途中登った山を紅葉と一緒に眺められて満足でした、岩をつかみながら天狗岳から下山したときは恐怖でした、二度と行きたくないです

    ken**55

    2018/10/23(火) 午後 0:49

    返信する
  • 顔アイコン

    光栄です‼話題にしていただき、ありがとうございます。

    奥様は双子でいらっしゃるんですね。ちょっぴり憧れます。
    ペンションもいいなぁ〜〜。
    高原で迎える 朝 は、最高ですよね。温かいコーヒーがあれば! 言うこと無し!です。

    結婚したばかりのころ 上越市(旧高田市)に住んでましたので、妙高 赤倉 戸隠 野尻湖と 遊んでいました。
    雪質がとても良くスキーは、楽しかったです・・。

    雨飾山の紅葉は、頂上付近は少し遅い感じでしたが中腹は綺麗でしたよ〜〜。
    次は 何処の山にしようかな⁉ 削除

    [ 鼻垂れ小娘 ]

    2018/10/27(土) 午後 2:36

    返信する
  • 顔アイコン

    ずいぶん昔のことですが、子供が中学生の時黒部のトロッコ列車に乗り、鐘釣温泉で秘湯感を味わい(僕だけかな)群馬県を抜けて日本海に出て上越市で息子と泳ぎました
    確か親不知の高速道が開通した年でした
    懐かしい思い出でです
    ちなみに義父が国内で行ってないのが唯一新潟県なのでいつかはと思うのですが93歳と高齢なので無理かもです

    ken**55

    2018/10/29(月) 午前 10:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事