ここから本文です

書庫金剛山と近郊の山々

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年初の金剛山

2019年初めて投稿します
いきなり何って写真??ボチボチ説明します
金剛山太尾西いつものようにバケツの目印から山に入りました
イメージ 1

イメージ 2
登山の8、9割は苦しいでも残り少しの楽しみがあとで思い出した時に100%楽しみになると思いませんか、山頂の景色、静かな雪山でみんなで楽しく食事したこと、飲んだこと等など
イメージ 3
いつも山では150枚くらい写真を撮りますが、3つのテーマで撮ってます
その①仲間の後ろ姿
その②登山道
その③樹木です
イメージ 4
BSの番組日本の巨樹のなかで脚本家倉本聰氏が北海道の山中で黄葉したカツラの木をスケッチしていました、富良野の自宅に戻り鉛筆書きしたデッサンをボールペンでなぞります、ドットでなぞり下書きを消しゴムで消すと巨樹の幹と大地に食い込む根っこが力強く現れました
イメージ 5
実はぼくも樹木が好きです、近くで眺めていると息吹が感じられて心が落ち着きます
イメージ 6
てなわけで、今日は木の根っ子や幹ばかり撮ってました(笑い)
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11
10時30分にライブ写真に収まり、食事をしてから久しぶりに山友に会ったので11時にも並んだのですが、かえって確認すると映ってません、どうなってるのかな??
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
この3本の木、3兄弟は好きな樹です
イメージ 15

イメージ 16
ピストンのつもりが六道の辻で気が変わり石ブテの急坂を下りました
静かで好きな道です、
イメージ 17

イメージ 18
葉を落とした木々の向こうに大和葛城山が現れます
イメージ 19
陽がさして落葉が赤く光ります、好きな道の好きな瞬間です
イメージ 20
振り返ります
イメージ 21
ほんの一瞬、春を感じました
イメージ 22

イメージ 23
ミツバチの巣に登る梯子がいくつかあります、ひとつ巣が倒れてました
気にかけながらのんびり下山、あさって行く稲村ケ岳のトレーニングはこれで十分でしょうか
イメージ 24
デハデハ

今日の金剛山モミジ谷

久しぶりの金剛山、明日天気が良くないので、それでは今日行っときましょうと
朝から準備して、これ最近の悪いくせ、水越峠に到着
イメージ 1
ダイトレルートからモミジ谷に入り、後から来られた大阪の男性と一緒に登り始めます、この時期に来るのは初めてなので期待に胸が膨らみます、
モミジ谷〜山頂〜太尾東と歩いた4時間30分の紅葉歩きの記録です
イメージ 2
コメントはいらないでしょう、ゆっくりご覧ください
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 9

イメージ 6

イメージ 10

イメージ 8

イメージ 7

イメージ 11

イメージ 12


イメージ 13
今日は撮影者、これって盗撮?横からとったので横取りいや横撮り??
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

お 終 い


今年の連休は好天に恵まれ多くの人が山を楽しんだことでしょう
連休最終日、金剛山に行ってきました、緑いっぱい山頂では桜が咲き
お向かいの葛城山はつつじが真っ赤に山を染めてます
遠征を控えていいトレーニングになりました
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

金剛山新雪けって

ふだんは早起きな自分だが、これだけ朝寒いとなかなか起きられません
意を決して6時20分起床、マイルーム(登山部屋)に入り準備を始める
風が強いとの予報なので雪山用のズボンをはき、お腹にカイロを張る

今日も最近はまってる太尾西直登コースをあえぎながら登る、朝陽が雪山を照らす
イメージ 1
最初は急だがここまでくればええ感じ
イメージ 2
おっっっ・・・霧氷をアップ
イメージ 3
葛城ロッジの周りもきれいな雪化粧
イメージ 4
ここまでくればあと少し、でも風が冷たい
イメージ 5
大好きな大日岳周辺
イメージ 6
冬の青空を入れてみた、寒さが伝わるかな
イメージ 7
雪のトンネル?
イメージ 8
転法輪寺も雪化粧
イメージ 9
見下ろすとこんな景色が広がる
イメージ 10
いつものように見上げる
イメージ 11
少し成長したかな
イメージ 12
ライブカメラ撮影タイムまであと5分
イメージ 13
富田林方面ええかんじ
イメージ 14
裏に回るときれいな霧氷発見
イメージ 15
ライブカメラに収まりカップヌードルを食べる、気温は−4℃ポットのお湯でなんとかカップヌードルが食べれる温度かな、・・・・と陽がさして売店まえの木に雪の花が咲きます、ほんまきれいです
イメージ 16
帰りに大日岳に差し掛かると陽がさしてくれました、ラッキー
続けざまにシャッターを押す、好きな場所で好きな写真が撮れて大満足
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20
分岐からは巻き道をのんびり下る、撮影ポイントで陽がさすラッキーな一日だった
イメージ 21
記念に載せときます、前列左グリーンのシャツが山けんです、うしろ見てる人いますネ、最近タイミングよく写真に納まってます
イメージ 22
さあ〜遠征に備えてあと一回トレーニングしとかなあかんかな



イメージ 29
今年の歩き納め、近場の山へとバイクにまたがり出かけます
さっくりのつもりがしっかり歩きとなりました
永楽ダムゆめの森公園駐車場よこからスタート、いきなりの急登がなまった足にこたえます、周回する展望台と右手奥には粉河ハイランドパークの展望塔がみえます
イメージ 1

振り返れば関空島がまじかに見えます、何度も何度も振り返ります
イメージ 2
しばらくすると真下に永楽ダムの水面が見え、遠くにはあべのハルカスも見えます
イメージ 3
分岐から雨山方向に進むと、犬鳴街道沿いの村落が眼下にひっそり見えます
イメージ 4
めざす雨山がまじかに見えてきました
イメージ 5
城があったころここで月を楽しんだのでしょう、観月亭
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
真新しい正月のしめ縄が飾られてました、清潔な小屋で果物をを食べて少し休憩
イメージ 9

イメージ 10
ここは関空展望の一等地ですね
イメージ 11
次の山泉州小富士山めざして下山
イメージ 30
ここに下りてきました
イメージ 12
そして清水地蔵尊から再び入山、泉州小富士山を目指します
イメージ 13
急な階段が終わると、こんな急坂を登ります、ローピに誘われて急登をのぼりルートロス、戻るのが嫌でそのまま藪漕ぎ、きつい思いをして尾根に到着(汗)
イメージ 14
山頂です
イメージ 15
南側には稲倉池の水面が黄色く光ってます
イメージ 16
この標識に従って下ります
イメージ 17
こんな岩場を下り
イメージ 18
ここに下りてきました
イメージ 19
犬鳴街道をあるき大木地区にはいります
イメージ 20
昔の荘園あとだそうです
イメージ 21
冷たい風が吹く下大木林道をのんびり歩きます
イメージ 22
左手山に入ったところ、ここに到着、右手池側の東山ハイキングコースをとります
イメージ 23
冬枯れのええ感じの道です
イメージ 24
展望台が近づいてきました、まともに冷たい風が吹くのでアウターを着ます
イメージ 25
展望台は強風が吹き寒くてすぐに退散、下で風をよけてコーヒータイム
イメージ 26
4時間の予定が7時間かかってダムに下りてきました
イメージ 27
これにて2017年山歩きは終了
来年もマイペースで山を楽しみたいと思います
イメージ 28
みなさん、よい年を迎えてください

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事