ここから本文です
RC好きな仕事人ブログ
ブログ始めました!

書庫全体表示

今日は2台1パックずつ。
ハングオンレーサー、ノーマル仕様とOP付きブラシ仕様の乗り比べをしてみました。
イメージ 1
イメージ 2
7.2V NiMhバッテリー、タムギヤスポーツチューン赤缶、フルベア
スイングアーム、ギアボックス、フロントフォークがアルミです。オリジナルガードバー、他強化ギヤスプロケット、ピニオン15T、ハイグリップタイヤ、フロント軽量フライホイル、スチールのOPが付いています。HRCカラー。
イメージ 3
7.4V LiPoバッテリー、フルベア、OPピニオン14T、オリジナルガードバー装着
他キット標準。タイヤノーマル。

車高ノーマルから小変更。HRCより前のめりな感じに

さて私的にどちらがライディングプレジャーが高いでしょうか?
ちょっとマスターズコートでインプレしてみましたよ。
コースはカーペット路面で、グリップ感は普通。いつもよりあるかな位。


まずHRC、アルミOPが付いている方です。
まず全体的に重たいです。加速感がモッサリ感あり。
ただ、リアのトラクションは良くかかり、リアの動きは安定しています。
切り返しはノーマルより速い分、倒しているときフロントのタイヤの面圧が抜け気味でほんの少しですが気にならないレベルで跳ねますね。

次にロスマンズカラー、今回のノーマル仕様、
コーナーが軽快で速い、加速もHRCよりかなり速い、トップスピードも後半延びがある感じです。加速時ホイルスピンして一瞬トラクションが抜けますが、ハンドル安定してます。
切り返しはHRCより若干遅いです。倒しているときは安定感ありました。
動きは若干遅いものの綺麗に曲げられます。

<比較総評>
今回の場合タイムをもし図っていたならノーマル仕様が確実に速いです。
マシンが軽いせいか単発のコーナーなら、こちらの方が速いです。コーナーで加速しているように見えます。
 
 ただ切り返しは反応が遅いので、軽量フライホイールが付いてるHRCのほうが体制作りが速く、S字は良さげです。
 
 タイヤ自体は、ハイグリップ、ノーマルとも意外にもあまり違いを感じません。
 
 駆動系はノーマルのギヤを使用したほうが、静寂性に優れていてフリクションロスも少なく、限られたパワーの中で使う分には何の問題もありません。ギヤスプロケのみ、瞬着で強化加工、スプロケの山修正は必衰ですがね。

 スロットルを入れた時に前に出したいときにスイングアームのアルミ化はセッティングとしてはありかと思います。HRCのほうが加速時に前に出ようとする動きは強かったです。

 今回比較的おとなしい仕様の比較でしたが、このパワーソースのレベルではOPの必要性が「?」な感じです。2台とも特徴がありますが、操縦の仕方次第で同じレベル位にもっていけそうな・・・。でもどちらが運転しやすいかといえばノーマルに軍配が上がります。リアが滑っていてもなんとかマシンのトータルバランスで安定させているような感じがします。

バッテリーもNiMhでは逆に遅くて難しいかもしれませんがLiPoならパワーも程よい感じです。加速レスポンスもなかなかです。

ノーマルとはいえ小さなコースならハイパワーブラシレスと比較してもいい勝負なんじゃないかなと思います。要はパワーで速くしていくのか、コーナーをつなげて一周全体を速く回るのかの違い。

車でいえば、NA車対ターボ車のようなそんな感じの勝負になりそうですね。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事