ここから本文です

書庫全体表示

イメージ 1


  前学期は「忙しいから」という言い訳をして続けることができなかったウォーキング。
  せめて夏休み中は歩こうと思っていたのに、群発頭痛期がきやがったために断念。人によっては暑さが引き金にならなかったり、「痛いときこそ歩く」という猛者もいるけど、根性ナッシングの僕には無理。

  今学期もクラスのシラバス(講義要綱)を見る限り忙しくなるのは目に見えているんだけど、ずっと引きこもって勉強ばかりしていると精神的にも肉体的にも不健康すぎるので、できる限り毎日歩くことにした。

  今のところ、学期が始まってから休むことなく歩けてはいるものの、35℃以上あるのに(今日の最高気温は39℃。歩いたときは37℃)歩くのは果たして精神と体にいいんだろうか?という疑問を抱いてしまう。きっといいわけがない。

  まだあと2週間くらいは35℃を超えると予想されているので、ここはひとつ苦手な早朝にしっかり起きて歩くことをまじめに検討中。朝だったら25℃前後しかない(じゅうぶん暑いけど)ので、最高気温に近い夜7時頃に歩くよりはよっぽど涼しいからなぁ。


  早起きは体に悪いという持論を捨てるときが来たか。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事