ここから本文です

書庫全体表示

パンドラの約束

  僕の修士課程のコミッティチェアをやってくれているアンディが教える気候変動のふたつのクラスは、Facebookにグループを作っていて、クラスのほぼ全員が参加しているんだけど、そこに気候変動関連のニュースや情報などを投稿して共有し、ディスカッションをしたりしています。

  そこに、アンディがうちの大学であるドキュメンタリー映画の鑑賞会と、その後監督による質疑応答が行われるという情報が投稿されました。

イメージ 1


  「Pandora's Promise(パンドラの約束)」という、原発がテーマのドキュメンタリー映画を、原子力工学科の主催で無料で観ることができるそうです。
  今後増え続ける世界の人口への対応と、気候変動による平均気温上昇の原因となっている二酸化炭素排出量の削減を考慮に入れると、化石燃料や電力の供給が不安定な再生可能エネルギーではなく、原子力発電を増やすべきという内容。
  映画に登場する人たちは、原発反対から肯定へと考えを変えたそうです。
  その中には、スティーブ・ジョブスの伝説のスピーチの最後に引用された、「Stay hungry, stay foolish」で有名なスチュアート・ブランドもいます。なんちゅうことを。

  アメリカの環境保護活動家や気候科学者の中には、原発をもっと増やすべきと言う人が少なくありません。理由はこのドキュメンタリー映画と同じく、二酸化炭素の排出量が化石燃料と比較して少なく、また、化石燃料、特に石炭火力発電に比べて空気を汚さないため、ぜんそくや肺炎、肺がんを患って亡くなる人が少ないから。アンディも、「うちのこどもをどうしても原発か石炭火力発電所の近くに住ませるなら、死ぬ確率が低い原発の近くを選ぶ」と言っています。なんちゅうことを。

  ウランの採掘や放射性廃棄物の問題だけで、原発は倫理的にアウトなんだけどなー。

  来週の金曜日、午後2時半から5時半かぁ。

  観たらムカついて帰ってくる自信があるんだけど、観といた方がいいのかなー。
  うみゅー。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事