ここから本文です

書庫全体表示

  せっかくなので、オリンピック関連で僕の勉強と重なる部分について書いてみようと思います。

  2020年のオリンピックの日程は、開会式が2020年7月24日。競技日程は翌7月25日から8月9日までの16日間。
  つまり、真夏の猛暑の中での開催ということになります。
  そしてこの暑さは、参加するアスリートだけでなく、応援に訪れる観客にも容赦なく降りかかります。

  今年(2013年)の、同期間の最高気温の平均が31.4℃。期間中に猛暑日は1日もありませんが、8月中旬には38℃台を記録した日もありました。
  これからの7年でどれくらい東京の平均気温が上昇するのかはわかりませんが、猛暑の中でのスポーツも観戦も健康に悪いのは確かなので。

  屋外の競技はできる限り早朝や夜間に振り分けるようにするとか、屋根付きの競技場で行うなど、熱中症対策は不可欠になるでしょう。

  そういえば、2024年のオリンピック開催地に立候補を検討している都市の中に、テキサス州のダラスがありました。

  7月とか8月にダラスでオリンピックをやるなんて無理。
  2020年のオリンピックと同日程で開催されると仮定した場合、今年のその期間中に35℃を下回ったのはたった1日で、40℃超えが3日。
  記録的暑さだった2011年の同期間では、40℃を下回った日がわずかに4日だけで、残りはずっと40℃超え。

  我慢比べとかサバイバルゲームにしかならない。

  なんにせよ、これから先のオリンピックは、開催地の気候や気象条件を十分考慮に入れて開催期間や競技日程を決めるべきだと思います。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事