愉しい寄り道

訪問ありがとうございます!! ブログリンクもお勧めです!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 2019年度になりました。平成から令和に元号が変わる中で、自分が学んだことについてまとめてみたいと思います。

 仕事や地域での生活をとおして、「ダニエル・キムさんの成功の循環モデル」は、まさにその通りだと感じます。

 上の図のとおり、結果を求めると、できてないことを指摘して関係が悪くなり、思考も、行動も悪くなって、ますます結果が悪くなるという循環になってしまいます。

 関係の質が良くなると、上司のためにがんばろうという気持ちが起きて、行動も前向きになり、結果が出てくるという循環があるため、先ずは、人間関係の質を良くすることを念頭に置くことが重要とのことです。

 ここでポイントになることは、「現有戦力でがんばれる」ということだと思います。

 結果を出したいと思うと、スポーツの世界みたいに、外部からの補強をするという手段がありますが、それができるところはいいとしても、出来ないところは、現有戦力でがんばるしかないです。

 そうなったときに、「結果もでてないポンコツしかいない」というような思いでいたら、関係の質が悪くなり、状況の変化は望めません。

 ポンコツだらけであったとしても、関係を良くしていきつつ、前向きに動いていけば、周囲が同調していく事例は、地域にはいっぱいあります。沖縄県読谷村の漁業組合の再生(4億円あった借金を返済し黒字化した)とか、沖縄県伊江村の民泊(宿泊や購買で年間7億円以上の収入)など、外部の力を借りずに実績をだしているところもあります。

 Facebookで流れていた記事に、圧倒的な成果を出して、チームメンバーからも気に入られているリーダーの在り方についての記事がありました。

 内容はこんな感じです。10人ぐらいのチームで仕事をしていると、必ず優秀な人間と落ちこぼれが出てきてしまうわけです。そこで、そのリーダーは、情報提供や会議参加などは全て平等にするものの、仕事の割り振りや会議での発言は優秀な人にだけさせて、落ちこぼれには会議でも発言させないし、確実にできる業務しかさせないそうです。

 そのリーダーは、「管理職は、落ちこぼれてしまう人のプライドを守るために給料をもらっている。ダメな人間のプライドを傷つけても結果は伴わないのだから、プライドが保てるようにすることが重要」との信念で仕事をしていたそうです。

 デール・カーネギーさんの名著「人を動かす」でも、「盗人にも三分の理あり」というように、相手を立てることが重要。「自分の正当性が5割を切っているようなら相手に譲れ、100%正当性があってもささいなことなら譲れ」ということを書いていますが、これも「関係の質を重視する」ということなのでしょう。

 関係の質を高めること。今年度のテーマにしたいと思ってます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

 海士町でカラオケというと、スナックで歌うことが一般的ですが、カラオケボックスが1つだけあります。約10人ぐらいが入れる空間で、場所だけです。食事や飲み物は持ち込むこともできます。

 昼間は1,500円/時間、18時以降は、2,500円/時間です。

 中里地区にある元吉商店のレジで、予約を入れることができます。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 英文タイトルの「バウンダリー・スパニング」とは、「壁を越える」といった意味を持つ、主に経営組織論において議論が展開されてきた「組織の壁」に関する概念です。

 この本で触れている内容は、「組織の壁を越える」ということだけでなく、英語副題にあるように、「問題解決、イノベーション加速、組織の変革」につながるアプローチです。

 あるアンケート調査で「組織の壁を越えて協業する」ということの重要性を感じている経営者は86%いるのに、実践できているのは7%という結果があったそうです。

 協働したほうがいいと思っていても、協働が実践できていない状況は、会社でも、町づくりでも、国づくりでも、散見されるし、「そんな簡単なことではない」というのが経験としても実感できます。

 本書では、「バッファリング(Buffering 、和らげること)」、「リフレクティング(Reflecting 、相手の立場から見ること)」、「コネクティング(Connecting 、つなげること)」、「モビライジング(Mobilizing 、結束して一丸となること)」、「ウィービング(Weaving、織り合わさること)」、「トランスフォーミング(Transforming、変容すること)」という6つの考え方(アプローチ)を、事例とともに分かりやすく説明しています。

 出来の良い学校の教材のように、それぞれのアプローチを事例とともに紹介した後に、1ページに要約を掲載してあるため、内容理解を定着させやすい構成になっています。

 この本で紹介している6つのアプローチの手法は、以前読んだ「敵とのコラボレーション(アダム・カヘン著、英治出版)」にも通じるものがある内容とも感じました。ということは、「違う組織と協働する使える戦術」でもあるでしょう。

 冒頭に興味深いと感じた項目は、壁を越えるためには、先ずはきちんと壁を意識していくことから始めるということでした。壁があると「安心・安全」を感じられるので、そこを確保することが、壁を越える第一歩だそうです。

 これは、「壁のない組織をつくる」というGEのジャック・ウェルチCEOの考え方とは最初の一歩は異なるように思われます。

 ただ、読み進めると、壁のない組織をつくることが目的や手段ではなく、「目的達成している段階では、壁のない組織ができている」という意味で同じだな、とも理解できます。

 また、壁を越える段階があって、むしろ組織の殻を意識する段階とか、一緒に目標に向かうことが必要な段階とか、そうしたタイミングを間違うと壁は超えにくいとか、面白い考察でした! つまり、飲みニケーションをするとか、合宿するというのも有効な時もありますが、この本のアプローチでいうコネクティングとか、モビライジングの段階にない時にやると裏目にでることもあると理解できます。

 壁となる相手を理解するために、相手の生まれ故郷を訪問したり、相手が好む本や音楽を聞いてみるというような、すぐにでも取り入れられるアイディアも紹介しています。

 学びの多いお勧めできる本です。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

This is Me

イメージ 1

 実在のエンターテイナー、P.T.バーナムのドラマティックな半生を描いたミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』は、7年の月日をかけてつくられたそうです。

 その挿入曲のひとつが「This is Me」です。「他人と違うとここそが自分を特別な存在にしてくれるんだ」ということを歌った曲で、ヒゲ女として人気を博すパフォーマーであるレティさんが、ずっと自分に自信を持てないまま生きてきたけど、自分の殻を打ち破り「見ろ、これが私だ!」と叫ぶシーンで使われています。

 いい曲だなぁ、と感じます。




I'm not a stranger to the dark
私は暗闇には慣れているわ

Hide away, they say
隠れてろ、人々は言うの

'Cause we don't want your broken parts
私の壊れた部品はいらないって

I've learned to be ashamed of all my scars
私は自分の欠点を恥じてきたわ

Run away, they say
どっか行け、人々は言うの

No one will love you as you are
誰もありのままのお前のことなんか愛さない、と


But I won't let them break me down to dust
でも私は誰にもゴミ扱いさせないわ

I know that there's a place for us
だって居場所がある事を知っているもの

For we are glorious
私たちが輝ける場所を


When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を切り裂こうとしても

I'm gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして、溺れさせてやる

I am brave, I am bruised
私は勇敢よ、私は傷つけられた者

I am who I'm meant to be, this is me
これが私のあるべき姿なの、これが私よ


Look out 'cause here I come
気をつけなさい、私が行くわよ

And I'm marching on to the beat I drum
自分で叩くビートにのって進むの

I'm not scared to be seen
見られることは恐れない

I make no apologies, this is me
謝ったりしないわ、これが私だもの


Another round of bullets hits my skin
無数の弾丸が私の肌に当たる

Well, fire away
えぇ、撃てばいいわ

'cause today, I won't let the shame sink in
今日は、恥ずかしさに落ち込んだりしないもの

We are bursting through the barricades
バリケードを突き進んで

And reaching for the sun (we are warriors)
そして太陽に手を伸ばすのよ(私たちは戦士よ)

Yeah, that's what we've become
えぇ、これが私たちにふさわしい姿よ


Won't let them break me down to dust
私をゴミのように扱わさせないわ

I know that there's a place for us
だって私たちの居場所を知っているもの

For we are glorious
私たちが輝ける場所を


When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を切り裂こうとしても

I'm gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして、溺れさせてやる

I am brave, I am bruised
私は勇敢よ、私は傷つけられた者

I am who I'm meant to be, this is me
これが私のあるべき姿なの、これが私よ


Look out 'cause here I come
気をつけなさい、私が行くわよ

And I'm marching on to the beat I drum
自分で叩くビートにのって進むの

I'm not scared to be seen
見られることは恐れない

I make no apologies, this is me
謝ったりしないわ、これが私だもの

...This is me
…これが私よ


And I know that I deserve your love
私は愛される価値があることを知っている

There's nothing I'm not worthy of
私にふさわしくないものなんて何もないのよ


When the sharpest words wanna cut me down
鋭い言葉が私を切り裂こうとしても

I'm gonna send a flood, gonna drown them out
洪水を起こして、溺れさせてやる

This is brave, This is bruised
私は勇敢よ、私は傷つけられたわ

This is who I'm meant to be, this is me
これが私のあるべき姿なの、これが私よ


Look out 'cause here I come
(look out 'cause here I come)
気をつけなさい、私が行くわよ

And I'm marching on to the beat I drum
(marching on, marching, marching on)
自分で叩くビートにのって進むの

I'm not scared to be seen
見られることは恐れない

I make no apologies, this is me
謝ったりしないわ、これが私だもの


I'm gonna send a flood
洪水をおこして

Gonna drown them out
溺れさせてあげるわ

(...this is me)
これが私よ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 地方創生の先進事例として注目を集める海士町ですが、90人ぐらいの役場職員数に対して、様々な分野での視察者が年間2,000人を超えることもあるのが現状です。

 そこで、受入れ側が、訪問者に十分な対応ができるように「月1視察」を実施しています。海士町の取組説明や、関連施設の視察などをコンパクトにまとめております。

 海士町のHPから申し込みをする仕組みになっておりますので、海士町に興味のある方は、ぜひご利用ください。

 海士町視察申し込み先
 http://www.town.ama.shimane.jp/contact/post.html

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全225ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事