愉しい寄り道

訪問ありがとうございます!! ブログリンクもお勧めです!

音楽

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

 5月は僕の家族が天国に旅立った月です。

 なので、この週は旅立ちの曲でもある名曲をその命日に向けて特集させてもらいます。

 ちなみに、この曲をきちんと聴いたのは、フィリピンに赴任していた時期で、行きつけの日本食レストランに流しのギタリストできていたフィリピン人の音楽家から教えていただきました。

 この素敵な画像はこちらのブログから引用させていただきました。
 http://blog.goo.ne.jp/myhome2010/e/4c0ec6904b41e5bf0a346e0be736afe9

(さくら)森山直太朗・森山良子


森山直太郎 - さくら(合唱版)


ぼくらはきっと待ってる
君とまた会える日々を
桜並木のみちの上で
手を振り叫ぶよ

どんなに苦しい時も
君は笑っているから
くじけそうになりかけても
頑張れる気がしたよ
かすみゆく景色の中に
あの日の歌が聞こえる

さくら さくら 今咲きほこる
刹那に散るゆくさだめと知って
さらば友よ 旅立ちのとき
変わらないその想いを 今

今なら言えるだろうか
偽りのない言葉
輝ける君の未来を
願うほんとの言葉
移りゆく街はまるで
僕らをせかすように

さくら さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる時を信じ
泣くな友よ 惜別のとき
飾らないあの笑顔で さあ

さくら さくら いざ舞い上がれ
永遠にさんざめく光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう
さくら舞い散るみちの
さくら舞い散るみちの上で

さくら カラオケ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 人生がよくなるかどうかの指標のひとつは、出会いだと思います。

 自分が、20年前に読んでいた「聖なる予言」という本では、こんな風に出会いを説明していました。

「人生には偶然の出会いなんてひとつもない。だが、すべてが必然だと思うと疲れてしまうので、ある種の出会いは偶然の出会いと割り切って切り捨てている」

 そうした意味では、自分は出会いに恵まれているんだな、と思って日々をすごしています。そんな思いをうまく歌詞にしている、この曲は自分も好きな曲のひとつです。


バンザイ 〜好きでよかった〜


バンザイ 〜好きでよかった〜
作詞:トータス松本
作曲:トータス松本

イェーイ 君を好きでよかった
このまま ずっと ずっと 死ぬまでハッピー
バンザイ 君に会えてよかった
このまま ずっと ずっと ラララふたりで

つまらない事で君をこまらせて
思い出す度 赤くなる
笑っちまうくらいに毎日は
ただもう過ぎてく あっという間に

スゲェスゲェ幸せな気分の時は
帰り道で君を思い出す
コンビニをうろうろしながら
思い出し笑いをかみ殺す

ダサイカッコはしたくない
年はとらないように
つくり笑いなんかしたくない
だから Baby そばにおいでよ

イェーイ 君を好きでよかった
このまま ずっと ずっと 死ぬまでハッピー
バンザイ 君に会えてよかった
このまま ずっと ずっと ラララふたりで

いい女を見れば振り返る
ホント スケベ オレの頭ん中
でもやっぱグッとくるほどの女は
心の中にひとりだけ

キザな言葉はてれくさい
カッコつけずにいこう
いつもふたりでじゃれてたい
だから Baby ここへおいでよ

イェーイ 君を好きでよかった
このまま ずっと ずっと 死ぬまでハッピー
バンザイ 君に会えてよかった
このまま ずっと ずっと ラララふたりで

だから Baby Baby そばにおいでよ
イェーイ 君を好きでよかった
このまま ずっと ずっと 死ぬまでハッピー
バンザイ 君に会えてよかった
このまま ずっと ずっと
イェーイ 君を好きでよかった
このまま ずっと ずっと 死ぬまでハッピー
バンザイ 君に会えてよかった
このまま ずっと ずっと ラララふたりで

カラオケ

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 インドネシアで日本人が最初に覚える曲のひとつは、間違いなくこの「Mungkin Nanti(たぶん、いつか)」でしょう。

 自分も初めてインドネシアに滞在したときに、3人の友人からカラオケに誘っていただいたときに、3人ともこの曲を歌っていました。基本はローマ字で読むことができるので、簡単に歌えます。自分もすでに持ち歌にしています。

 ちなみに、インドネシアだと「Peterpan」は、「ピーターパン」ではなく、「ピッタルパン」です。

 歌詞の翻訳はトラックバックしているところにありますので、ご確認ください。

Peterpan - MUNGKIN NANTI (Official Video)


カラオケ


Peter Pan – Mungkin Nanti Lyrics

Saatnya ku berkata mungkin yang terakhir kalinya
Sudahlah lepaskan semua kuyakin inilah waktunya
Mungkin saja kau bukan yang dulu lagi
Mungkin saja rasa itu telah pergi

Dan mungkin bila nanti kita kan bertemu lagi
Satu pintaku jangan kau coba tanyakan kembali
Rasa yang kutinggal mati
Seperti hari kemarin saat semua disini

Dan bila hatimu termenung bangun dari mimpi2mu
Membuka hatimu yang dulu cerita saat bersamaku
Mungkin saja kau bukan yang dulu lagi
Mungkin saja rasa itu telah pergi

Dan mungkin bila nanti kita kan bertemu lagi
Satu pintaku jangan kau coba tanyakan kembali
Rasa yang kutinggal mati
Seperti hari kemarin saat semua disini

Tak usah kau tanyakan lagi simpan untukmu sendiri
Semua sesal yang kau cari semua rasa yang kau beri

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 このブログの読者のひとりから、「懐メロすぎてわからない曲が多いので、せめて1990年代でお願いしします」とのリクエストがありましたので、5月後半は1990年以降の曲にします。

 この曲のタイトルが、なぜロビンソンなんだろうと疑問に20年間思っていたので、調べてみたら「曲名は、作曲者の草野マサムネがタイを旅行した際に印象に残っていたというロビンソン百貨店から命名されたもので、制作時の仮タイトルだったものがそのまま正式名称に採用されたが、楽曲そのものとは関連性はなく、歌詞中にも「ロビンソン」というフレーズは一切登場しない。」だそうです。

ロビンソン 


Spitz - "Robinson" live 2010 (English sub)


  新しい季節は なぜか切ない日々で
  河原の道を 自転車で 走る君を追いかけた
  想い出のレコードと 大袈裟なエピソードを
  疲れた肩にぶら下げて しかめ面まぶしそうに

  同じセリフ 同じ時 思わず口にするような
  ありふれたこの魔法で 作り上げたよ

  誰も触れない 二人だけの国
  君の手を放さぬように
  大きな力で 空に浮かべたら
  ルララ 宇宙の風に乗る


  片隅に捨てられて 呼吸をやめない猫も
  どこか似ている 抱き上げて 無理やりに頬寄せるよ
  いつもの交差点で 見上げた丸い窓は
  薄汚れてる ぎりぎりの三日月も僕を見てた

  待ち伏せた夢のほとり 驚いた君の瞳
  そして僕ら今ここで 生まれ変わるよ

  誰も触れない 二人だけの国
  終わらない歌バラまいて
  大きな力で 空に浮かべたら
  ルララ 宇宙の風に乗る
  大きな力で 空に浮かべたら
  ルララ 宇宙の風に乗る
  ルララ 宇宙の風に乗る


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

糸 中島みゆきさん

イメージ 1

 この曲を聴くと、この曲をつかってマジックをされた月桃さんを思い出します。

 中島みゆき好きですか? 22年前の曲が今ヒットのワケを徹底追跡
 (表はこちらから転載させていただきました。)
 http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140929/271851/?rt=nocnt

 「糸」は元来、天理教の現真柱・中山善司の結婚を祝して1992年に作られた楽曲だったそうです。

 中島みゆきさんは、ほどなくしてこのパワー・バラードをレコーディングし、通算20作目とな­るスタジオ録音作『EAST ASIA』を締めくくるナンバーとして同年の10月に公式に発表されました。ドラマの挿入歌にもなったようです。

 この曲は2004年に、Mr. Childrenのフロントマン櫻井和寿とプロデューサーの小林武史が結成したチャリ­ティ・プロジェクト、Bank Bandのカヴァー・アルバム『沿志奏逢』でとりあげられ、彼等のカヴァーはシング­ルとしてリリースされなかったものの、翌年に住友生命のコマーシャルに使用され、これ­を機に楽曲そのものの存在が世間一般により広く認知されるようになったとのこと。

 2005年以­降、のべ20組以上のアーティストによって相次いでカヴァー・ヴァージョンが商品化さ­れ、中島によるオリジナルも複数のテレビドラマやコマーシャル、イベントなどで幾度に­渡って使用されているようです。





なぜ めぐり逢うのかを
私たちは なにも知らない

いつ めぐり逢うのかを
私たちは いつも知らない

どこにいたの 生きてきたの
遠い空の下 ふたつの物語

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かを
暖めうるかもしれない

なぜ 生きてゆくのかを
迷った日の跡の ささくれ

夢追いかけ走って
ころんだ日の跡の ささくれ

こんな糸が なんになるの
心許なくて ふるえてた風の中

縦の糸はあなた 横の糸は私
織りなす布は いつか誰かの
傷をかばうかもしれない

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事