愉しい寄り道

訪問ありがとうございます!! ブログリンクもお勧めです!

音楽

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

あぁ (大黒摩季さん)

イメージ 1

 以前、ドライブしているときに、妹のカセットテープから流れてきた曲が、この「あぁ」でした。

 やっぱり輝いて生きたいな、と心底思いました。

あぁ (大黒摩季さん)




あぁ (大黒摩季さん)

やっぱり夢を叶えたい
このまま終わりたくない

目の前の現実は厳しすぎるけど
もう一度だけ賭けてみよう

やらなきゃいけないことだらけ
やりたいことつのるだけ

このままでいいのかな…
何もかもが不安に変わるよ

あぁ

あぁ 君のように輝いてみたい
冷たい風に吹かれても負けない君のように Wow…

あぁ 諦めないで 前だけ向いて歩いてみよう
寂しくても たとえ苦しくても
何かが見えるまで

きっかけがないと自分では決められない事がある
何かに背中をグッと押されなきゃ勇気も出ない時がある

人はどちらにつくかで見方が変わってしまう
あれは 身を引いたのか
それとも 逃げ出したのか

あぁ

あぁ 君のように貫いてみたい
どんなに遠回りしても迷わない君のように Wow…

あぁ もう逃げないで この今を乗り越えてみよう
正しくても 間違いだったとしても
いつか笑えるように

あぁ 君のように輝いてみたい
冷たい風に吹かれても負けない君のように Wow…

あぁ 諦めないで 前だけ向いて歩いてみよう
寂しくても たとえ苦しくても
何かが見えるまで

胸の奥の夢だけ抱き締めて
今夜は眠ろう

 名曲メドレー

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 いよいよ、世界中の人たちが憧れている、花の都カイロ、カイロのバカヤローから卒業の予感がしています。

 舌を出して笑いながら帰国したいと思います。

 どうもありがとう!!

 とんぼ


とんぼ
作詞:長渕剛
作曲:長渕剛

コツコツとアスファルトに刻む足音を踏みしめるたびに
俺は俺で在り続けたいそう願った

裏腹な心たちが見えてやりきれない夜を数え
のがれられない闇の中で今日も眠ったふりをする

死にたいくらいに憧れた花の都“大東京”
薄っぺらのボストン・バッグ北へ北へ向かった

ざらついたにがい砂を噛むと ねじふせられた正直さが
今ごろになってやけに骨身にしみる

ああ しあわせのとんぼよ どこへ
お前はどこへ飛んで行く

ああ しあわせのとんぼが ほら
舌を出して笑ってらあ

明日からまた冬の風が横っつらを吹き抜けて行く
それでもおめおめと生きぬく俺を恥らう

裸足のまんまじゃ寒くて凍りつくような夜を数え
だけど俺はこの街を愛し そしてこの街を憎んだ

死にたいくらいに憧れた東京のバカヤローが
知らん顔して黙ったまま突っ立ってる

ケツの座りの悪い都会で憤りの酒をたらせば
半端な俺の骨身にしみる

ああ しあわせのとんぼよ どこへ
お前はどこへ飛んで行く

ああ しあわせのとんぼが ほら
舌を出して笑ってらあ

ああ しあわせのとんぼよ どこへ
お前はどこへ飛んで行く

ああ しあわせのとんぼが ほら
舌を出して笑ってらあ

カラオケ版

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 読書をしたり、勉強をしているときに、あまり邪魔にならないこうした曲も自分は好きです。

心に栄養を与えるリラックスピアノBGM


 もともと、こうした静かなピアノ曲が気に入ったのは、Tom Howardさんの「Hear O Load」を高校時代に聴いたときからだったので、受験勉強の友の曲でした

 "Hear O Lord" (Piano) by Tom Howard
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 いまYouTUBEにあるジブリのサントラでは、もっともいい音質だと思います。自宅での作業するときに最近よく聴いている音楽です。

Joe Hisaishi (久石譲) - 29 Song Golden Collection


画面右下の「YouTUBE」という場所をクリックすると観ることができます。

 Jazz版
 

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

 CHEMISTRYのデビュー作のPieces of a dream で、5月の音楽ブログを閉店します。

 2015年6月はグルメブログ復活しますので、よろしくです。

PIECES OF A DREAM CHEMISTRY


Chemistry PIECES OF A DREAM
作詞:麻生哲朗
作曲:藤本和則
編曲:藤本和則

デタラメな夢を好き勝手ばらまいて
オモチャにしていつまでも遊んでいた

「見え透いた明日が 一番くだらない」と
はしゃぎながら氣ままに生きたあの頃

Ah…せめてボクたちが 一度背を向けたら
二度とは戾れない場所なんだと知ってたら
ハンパな夢のひとカケラが
不意に誰かを傷つけていく

臆病なボクたちは 目を閉じて離れた
キミに言いそびれたことが
ポケットの中にまだ残ってる
指先にふれては感じる懷かしい痛みが

何かに近づくために步いたのか
遠ざかるためにただ步いてくのか

Ah… あの時のことも あれからのことも
間違ってなかったのかホントはまだ知らない

強がるわけじゃないんだけど
立ち止まっちゃいけない気はしてる
想い出のボクたちを責める気はないから

キミが置いてったコトバだけ
ポケットの中で握りしめた

手のひらになじんだ感触を忘れたくないから

あれからキミはどう生きてるの?
変わったのかな…

キミが最後に詰めた
夢のカケラたちは今どうしてる?

ボクは…
二度とは戾れない時代なんだと 気づいた

ハンパな夢のひとカケラが
不意に誰かを傷つけていく
臆病なボクたちは 目を閉じて離れた

キミに言いそびれたことが
ポケットの中にまだ残ってる
指先にふれては感じる懷かしい痛みが

キミは今何してる?
月がボクたちを見ている

CHEMISTRY「PIECES OF A DREAM」【PV】カラオケ練習用

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事