GXRとともに。

ブログ更新がぁぁぁぁ〜〜〜〜できてにゃい〜〜〜〜!!!(=^・・^=)

全体表示

[ リスト ]

さて、丸の内探訪、4回目。
今回は、渾身の1枚をご紹介。
 
といいつつ、3枚も掲載 (^_^;)
さてどれが、その渾身の1枚かな〜〜 o(^0^)o
 
 
 
イメージ 1
イタリアンレストランで。
 
カラーが、イタリアン!
オリーブオイルの緑、フェラーリの赤、白は・・・???
 
にゃにゃこかにゃ?(^_^;)
 
 
イメージ 2
準備中。
 
夜の開店に向けて、準備中でした。
シャンパンやワインをくゆらせながら、大人のひと時を味わう。
お酒には、ムードが大切!
もちろん、誰と一緒にいるか、も、もっと大切!
 
 
イメージ 3
ワイングラスに囲まれて。
 
私のこの日の渾身の1枚が、これ!
バーテンダーさんが、お客さんにお酒をサーブ(serve)する雰囲気を写し止めたいと思い、
ず〜〜っと待ちました。
 
いえ、そんなに長くは待ってなかった(^_^;)
お客さんからお酒の注文がコンスタントに入っていたので・・・。
 
今度は、カクテルバーでバーテンダーさんがカクテルをシェイクしている瞬間でも狙おうかな?
(もちろん本人にお断りして、ネ!)
 
・・・さて、何を注文しようかな??
 
 
 
さて、今回は「大人の街」というテーマで、4回にわたって丸の内探訪の写真を掲載しました。
丸の内は“三菱村”というくらい、三菱系の本社が集中しており、多くの土地を保有しています。丸ビル、新丸ビル、JPタワー再開発、三菱1号館の復元等でますます賑わいを見せる丸の内エリアは、もはや100年前の面影はありません。高層ビルが立ち並ぶ、巨大なオフィス街となっています。
 
この巨大なオフィス群に、大手都市銀行や大手商社の本社が入っており、それはあたかも権力と権威の勢力地帯の様相を呈しています。
 
ここに本拠を構える企業集団は、六本木ヒルズにオフィスを構える以上に、権威と伝統を認められなければ立ち入れない・・・。
 
 
ちょっと視点を変えて歩いていたら、そんなことをふと思いました。
 
ま、そんな難しいこと関係なしに「大人の街だね!」って歩いて楽しめれば、いいんじゃない?! (^v^)/~~~
夜の丸の内のムードある雰囲気は、オススメで〜す(高層階のレストランは、高いですよ〜〜、お値段が!!)
ドリンク1杯で、サラリーマンの定食が3回〜4回くらいいけちゃう!!(笑)
でも、その1杯の価値は、この場所で過ごす時間に対して払う対価と思えば、高くはない?!
 
 
丸の内と三菱財閥の関係について、詳細は 下記wikipediaのページもどうぞ。
 
 
 
(Photography Data, from the top)
-----------------------------------------------------------------------
Photo: FUJIFILM X-Pro1 + FUJINON Lens XF35mmF1.4 R
絞り優先(A), WB(蛍光灯2=電球残し), Film Simulation: PROVIA, ISO1600, EV補正 -0.3, f1.4, 1/80sec, マルチ測光, JPEG
 
-----------------------------------------------------------------------
Photo: FUJIFILM X-Pro1 + FUJINON Lens XF35mmF1.4 R
絞り優先(A), WB(蛍光灯2=電球残し), Film Simulation: PROVIA, ISO800, f2.0, 1/50sec, マルチ測光, JPEG
 
-----------------------------------------------------------------------
Photo: FUJIFILM X-Pro1 + FUJINON Lens XF35mmF1.4 R
絞り優先(A), WB(蛍光灯2=電球残し), Film Simulation: PROVIA, ISO800, EV補正 -0.3, f1.8, 1/340sec, マルチ測光, JPEG
 
(この場所では、オレンジ色の光源のあるがままの光を大事にしたくて、フラッシュなしで撮影。見た目以上に光が少ない環境なので、写真撮影にはあまり向かない場所です。でも、FujiのXFレンズの解放F値の明るさは、ここでは大きなアドバンテージになりました!特に、広角XF18mmでもf2の明るさは、特筆!ズームレンズ全盛の時代にあっても、私みたいに夜間や光源の少ない環境での撮影が多い人には、やはりf2くらいの明るい単焦点レンズが必須になります。たった1段の違いと思うかもしれませんが、1段違えば、ISOを1600⇒800に抑えられて画質に期待ができますから!手ブレもしにくくなり、重宝しています。)
 
 

閉じる コメント(10)

こんな写真撮れる様になりたいです。

目が養えてないのでしょうね^ ^

やはりF値のレンズとRAW現像?

2013/2/22(金) 午前 8:59 [ Barbossa ] 返信する

Barbossaさん、こんにちは!
お褒め頂き、ありがとうございます。

私は写真は個人の趣味レベルですし、機材も“サンニッパ”(300mm/F2.8=プロ用大砲レンズ(笑))を扱う度胸&体力があるわけじゃありませんが、自分の感性で構図を決めて、シャッターを切ります。写真撮影の基本的な事項は一通り身につけてはいますが、実践できるとは限らないのがこの趣味の難しいところです(被写体がないと何もできませんので…。)

レンズは単焦点にこだわりがあるのは確かですが、通しでF2.8ズームがあればそれを使ってもよいと最近は考えています。そもそも、F3.5位のコンパクトカメラでも、設定を少しいじれば同じように撮れるのではないか?と思っています。

上の写真はJPEGのままで、RAW現像はしていません。独特の暖かみのある色は、フジのフィルムマジックのせいかもしれません。フィルムのように、デジタルでも得手不得手はあるようでして、X-Pro1はGXRと得意分野が違うことが最近、分かってきました。

(続く…スイマセン)

2013/2/22(金) 午後 9:52 GXR&GRist 返信する

(Barbossaさんへ、コメ続きです(^^;))

感性に関して、少し私の偏見もありますが、写真や映画、俳優のような“表現の世界”は、どうやら人生経験や性格、置かれている心境により撮る物、表現の仕方が違うのだろうと思います。例えば、亡くなった女優・森光子さんは、「役者は何かが満ち足りていない方が、役に没頭できる」という旨をテレビで話していた記憶があります。人それぞれ“満ち足りていないもの”が違うので、そういう意味で、「隣の芝は青く見える」という風潮は、あるのだと思います。

そういう私も、(写真以外の面で)現状への不満とか色々な感情が、撮る物に向けられているような気がしてなりません。となると、モノを見る眼差しが違うのは、至極当然のことなのかもしれません…。

2013/2/22(金) 午後 10:00 GXR&GRist 返信する

顔アイコン

1枚の写真をUPするのに何枚くらい撮られますか?

又、WB・露出等いろいろ変更されながら撮られてるのでしょうか?
それとも、経験上でこの設定と言うので撮られますか。

いつも、初歩的な質問ばかり申し訳ございません。

2013/2/23(土) 午後 7:14 [ Barbossa ] 返信する

ふぉとぐらふぁーKEN萬彩さん、「ナイス!」をありがとうございます!(お返事遅れてゴメンナサイ<m(__)m>)

2013/2/23(土) 午後 9:50 GXR&GRist 返信する

Barbossaさん、コメント&ご質問ありがとうございます!(大歓迎ですよ!!)

まず、ご質問への回答として、
◆1枚UPするのに同一被写体に対して撮る枚数は5〜10枚程度(cf: 1日の総撮影枚数は300〜500枚程度。)
◆1つの被写体(場所)に対してピント・構図・WB・露出の異なるカットを撮ります(街中スナップでは、“人物の配置”も絡みます。)露出とWBは経験の要素が大きいですが、ワンパターンにならないようたまに“冒険”もします(JPEG撮影時)


撮っている時はブログアップ用とか考えておらず、“納得の感覚”が得られたらシャッターを切るのを止めます。上の3枚は、計4枚のカットから選んだものです(←かなり例外的な少なさです)。街中では周囲の混雑状況や、自由に使える時間とのバランスでピント・構図・WB・露出の異なるカットを撮ります(←この組み合わせは無限…。)WBと露出は多くは経験で決めますが、たまに冒険してハイキーやローキーにしたり、WBを異常に狂わせてシアンドリフトさせたり(=色シェーディング)、ということもあります。

(続く…)

2013/2/23(土) 午後 11:45 GXR&GRist 返信する

(続きです<m(__)m>)

ただ、これはJPEGでの話で、WBと露出はデジタルの時代になってからRAWで撮れば後でPCで調整ができると割り切れば、後の修整ができない「構図」「ピント」が特に重要と考えています。

ですので、時間がなければピント・構図の異なるカットを"RAW"で撮ります(参考として RAW+JPEG 同時記録しています。)

撮影データに“JPEG”と記載したカットは、特にレタッチの記載がない限りPC調整はしていません。カメラ購入予備軍の方向けに(?)本来の性能を示す意図もあります。

ブログには1つの記事につき4〜5枚、連載記事だと20〜30枚掲載ですが、私は1回カメラを持ち出すと400〜500枚は撮りますので、ブログアップはそのうちの10%未満ということになります。イメージとしては、500枚のうち許容カット=200枚(40%)程度、ブログアップ用はさらに少なく、この200枚のうちの20枚〜30枚(=全体の5%未満)です。残り300枚(60%)は、構図の失敗や微妙な手ブレ、WBの不納得が多いです(あとは“足跡メモ”もあります。)

(もう1回続く

2013/2/23(土) 午後 11:48 GXR&GRist 返信する

(続きです<m(__)m>)

少々大げさに聞こえるかもしれません・・・。“たかが”ブログとは言え、写真の質を重視しているためどうしても選別してしまいます。

気楽にアップしている(ように見える)芸能人ブログが、ちょっと羨ましいです(^_^;)

(色々ご説明が長くてスイマセン<m(__)m>)

2013/2/23(土) 午後 11:49 GXR&GRist 返信する

いつもくだらない質問ばかりにこんなに丁寧に答えて頂いてありがとうございます。

やはり、相当数の枚数をとられてるのですね。
以上の書き込みを頭に置いて私も頑張ってみます。

やればやる程、くだらない質問に疑問を感じてしまう今日この頃です。

あまりくだらない質問にはスルーで結構ですよ^_^
申し訳なく思っております。

2013/2/25(月) 午後 8:31 [ Barbossa ] 返信する

Barbossaさん、コメントどうも〜(^_^)/
コメント頂く方を大事にしたいと考えていまして、ついつい慎重な回答になりがちです。でもご説明が長くてスイマセン、気をつけます…<m(__)m>

私もプロの方やカメラ専門店で作例を撮っている方に、くだらない質問をします。カメラの手入れ保管方法とか、ポートレートと戦闘機を撮るにはどの組み合わせがいいですか?とか…(・・;) ただ、彼らは「そういうことを真面目に訊く人は上達するんだよ」と仰ってくれるので、恥ずかしくなくなりました。(訊くは一時の恥、聞かぬは一生の恥、と言いますか…。)

私はカメラが上手くなりたいのではなく、思い出をきれいに残したいから上手くなりたいだけだと、最近、分かりました。
ご質問、大歓迎です。これからもよろしくお願いします!(^_^)/

2013/2/25(月) 午後 11:18 GXR&GRist 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事