GXRとともに。

ブログ更新がぁぁぁぁ〜〜〜〜できてにゃい〜〜〜〜!!!(=^・・^=)

全体表示

[ リスト ]

『昭和の街へ......。』4回目の投稿です。
 
この日は260カット撮っています。
これまでのモノクロ×カラーのコンビネーションから一変して、今回は主に通常のカラーで掲載。
特に記載した場合を除いて、Photoshopでのレタッチは一切なし。
 
撮影コマを時系列で追っていくと、気づけば臙脂色に目をつけて撮っていることを思い出した。
 
 
イメージ 1
『おうめ“猫”町一丁目』
 
色褪せたネコの臙脂色(えんじいろ)の制服が、レトロだった。
GRかGXRでなきゃ、私はこういうものを撮る気になれない。
フジX-Pro1だと、色も解像感も完璧すぎて、ファインダー見てからシャッターボタンに置いた指がレリーズ押し切ることなく、首をかしげて撮るのを止めてしまう。
 
GXRで撮る時は、実は一眼使う時より気合い入れています。
なぜだろうね?
 
 
イメージ 2
『猫の置き物』
 
手前のネコを撮ると見せかけて、気持ちは背景のレトロな看板に注意を向けている。
開放から1/3段だけ絞る。28mm F2.8は、新型GRと同じだ。昨日帰りがけに新型GRを初めて触った。
AFも起動も、格段に早い。けど、もう少しGR Digital IVとも付き合いたい。
他にも機材あるし、まずは焦らず様子見だ。
 
ベンチが臙脂色。最近は臙脂色は好きな方だ。
 
 
イメージ 3
『鉄のつた、絡む』
 
鉄製のドアに、細い鉄のロープが絡むように巻いてある。
臙脂色の塗装の下地は一部がむき出しで、部分的に剥げてが出ている。
 
このレンズ(A12 28mm)のボケ味、楽しい。
そもそも広角レンズで背景をぼかす使い方を僕に教えてくれたのが、このレンズ。
 
久しぶりに広角で背景ボケを誘ってみた。
この時、思いきって接近するのが大事だ。
GRでも、同じことはできるのだろう。
 
 
イメージ 4
『古民家』
 
初めからモノクロで撮った。
パープルフリンジをイメージして、GXR単体でかけている。
GXRって、面白いね。
 
だって、本来、レンズの欠点としてマイナス評価の対象となるフリンジを、逆に再現できるのだから。
しかしここまで古い家の造りだと、雨漏りが気になる。大丈夫なのだろうか?
 
 
 
色々撮っているうちに、懐かしいモノにレンズを向けるようになった。
この日も、偶然ひどく古そうな建物を見つけた。
 
深層心理にあるのは、廃墟・廃屋巡りのファンとしての気持ちなのかもしれない。
 
 
-----------------------------------------------------------------------
Photo①: RICOH GXR + GR Lens A12 28mm F2.5
プログラムシフト(P), AWB, 画像設定(Std), ISO200, f/4.5, 1/400sec, マルチパターン測光, JPEG
 
-----------------------------------------------------------------------
Photo②: RICOH GXR + GR Lens A12 28mm F2.5
プログラムシフト(P), WB(晴天), 画像設定(Std), ISO200, f/2.8, 1/1000sec, マルチパターン測光, JPEG
-----------------------------------------------------------------------
Photo③: RICOH GXR + GR Lens A12 28mm F2.5
プログラムシフト(P), AWB, 画像設定(Std), ISO200, EV補正 -0.3, f/2.5, 1/400sec, マルチパターン測光, JPEG
 
-----------------------------------------------------------------------
Photo④: RICOH GXR + GR Lens A12 28mm F2.5
プログラムシフト(P), AWB, 画像設定(Std), ISO200, EV補正 -0.3, f/6.3, 1/500sec, マルチパターン測光, JPEG
 
(GXRの電池の持ちは、良い時なら400枚ちょい/1日(ストロボ発光なし)。
 A12系のマウント(GR28mm, GR50mm, Mマウントユニット)どれも、カタログ値(CIPA規格準拠)であっても
 実感としても、バッテリー持続時間では大きな差がないと感じる。どれも捨て難い魅力がある。
 
 400枚は、私の中で撮影エネルギーを放出する1つの目安。
 400枚位撮れると、足りる。時に足りないこともあるが、予備バッテリーはあえて買わない。
 なんでも、買うのは簡単。でも便利さに負けると、何をやっても満たされない状況に陥るのも、知っている。
 
 予備バッテリーに頼らず、むしろ自分の使い方をコントロールする方が、難しい。
 道具に頼らずして対処することが、今の自分に必要なことだ。)
 
 

この記事に

閉じる コメント(5)

私も一眼レフよりGXR気を使いますね。
私の場合ブレに気を使うのと測光によって表現が変わるのでいろいろと試してから撮ります。
一眼レフはそこまで気をつかはなくてもそれなりに撮れるので今の所そんなに執着ないかな。

しかし、400枚はすごいな!
よく撮ったなと思っても2〜300まいかな。
この差がGXRさんとの経験とセンス技術の差がでてくるのですね。
見習はないとだめですね。

でも、そんなに撮ると後で見返すとわけ分からなくなりませんか?

2013/6/1(土) 午前 8:45 [ Barbossa ] 返信する

Barbossaさん、こんにちは。

400枚と言っても、RAW+JPEG同時記録の場合は2枚とカウントされるので、レリーズ回数としては300ちょい位だと思います(RAWのみでは撮りません。)

写真の管理はフォルダ別で管理し定期的に整理しています。後で見返すことは、今の所ほとんどありません。プリントアウトなら近日中にやってしまうし、ブログアップしたら見返す用もないかと...。

いずれにしても個人の管理能力を超えているのは確かでしょうね...。ですので、容量の大きなHDDを買うことだけは避けています。

2013/6/1(土) 午後 2:59 GXR&GRist 返信する

非公開さん、「ナイス!」をありがとうございます(^^)

2013/6/2(日) 午前 0:05 GXR&GRist 返信する

Maakunさん、「ナイス!」をありがとうございます(^^)/

2013/6/2(日) 午前 0:06 GXR&GRist 返信する

ritonaさん、ナイス!をありがとうございます(^-^)v

2013/6/3(月) 午後 0:28 GXR&GRist 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事