GXRとともに。

ブログ更新がぁぁぁぁ〜〜〜〜できてにゃい〜〜〜〜!!!(=^・・^=)

全体表示

[ リスト ]

タイムラプス、まだまだ試行錯誤の状況ではありますが、ちょっとずつコツを掴んできています!
今回は、ちょっとステップアップして東京スカイツリーの特別ライトアップ・ピンクリボンです。


イメージ 1


YouTubeに動画をあげています。


Timelapse 東京スカイツリー特別ライトアップ(ピンクリボン)


動画の序盤から一気に「粋」から「ピンクリボン」に切り替わることを想定して撮影するという、ある意味狙い通りの動画となりました。パンニングはしませんでしたが、一定量のカットを撮り溜めたら最終的にズームアウト処理してツリーの迫力と都市の光跡や時間の流れを動的に表現したいなぁ〜と企んでいます。

今は、写真でもそうでしたが、とにかく質にこだわって、素材を撮りためながら、自分のスタイルを磨き上げるつもりです。


---------------------------------------------------------------------------------
Photography Data: SONY α7 + Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8 ZA SSM (SAL1635Z)
三脚使用(Velbon N635M, Really Right Staff BH-40 Pro II, タイマーレリーズ使用)

(今回の三脚チョイスはベルボンN635M。しばらく使っていませんでしたが、背の高い柵に三脚の脚を
 ローアングルポジションにして2本だけ載せて前にせり出す(カメラが柵を越えるようにする)セッティングには
 このようにエレベーターなしでも高いポジションができる三脚が必要になります。

 トラベル系三脚だとどうしてもそれができないので、とにかくハイポジションを取りたい時にはやはり通常の
 三脚を使う機会があります。4段よりも3段、当然脚は太い方が安定感が増します。

 タイムラプスは長時間微動だにさせずにカメラを固定しなければならないので、信頼できる三脚を使うことが
 成功のカギといえます。)


この記事に

閉じる コメント(2)

こんにちは。柵越しで尚且つ安定した撮影は難しいですね。柵に直接クランプなどを取り付けて固定するという方法もありますが、柵自体がフニャフニャで揺れやすいものも多いです。ましてやタイムラプスとなれば尚更ですね。工夫と苦労が詰まった作品でした。お疲れ様でした。

2016/10/10(月) 午前 10:19 [ ハク ] 返信する

> ハクさん

コメントありがとうございます。
柵というと、線材のような柵を思い浮かべてしまったかもしれませんが、歩道橋の手すり(厚さ60mm程度の角パイプ)ですので、手すり、といった方が正しかったのでしょう(^^;)スイマセン。

それでも、歩道橋そのものが人が歩くと思ったよりも揺れますので、高画素カメラで超秒露光している間に人が歩くと実は写真もぶれてしまいます。ただ、タイムラプスの場合、24fpsで動画作成する場合、そのブレた1コマは1/24秒しか表示されず、実際にはほとんど人間の目には分からないというのを理由に撮影を続けられます(さすがに上下に揺らいだら気になるでしょうけど…。)

単純な静止画撮影よりもシビアな所もあれば、許容される所もあり、そこが静止画と動画の中間(タイムラプス)の奥深い所です。

2016/10/13(木) 午後 0:10 GXR&GRist 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事