GXRとともに。

ブログ更新がぁぁぁぁ〜〜〜〜できてにゃい〜〜〜〜!!!(=^・・^=)

全体表示

[ リスト ]

#225 Memory

レンズは、ツァイスが好きだ。
わけても、こちらの写真を撮るのに使った、ゾナー135mm(Sonnar T*は、解像力、ボケ味、色ノリやコントラストが、ソニーブランドから出している他のあらゆるツァイスブランドのレンズより、抜きん出た描写を誇る。


イメージ 1


最短撮影距離は、なんと0.72m。ポートレートでは一般的な85mmレンズよりも望遠なのに、最短撮影距離が短いため、このように85mmを扱うような距離感でいながら人物の魅力に迫るような撮影が可能だ。ポートレート撮影では解像力はあまり重視していないが、私の知る限り、このレンズはおそらく将来登場するかもしれない50MP以上のフルサイズカメラでも十分耐え得る性能を秘めている。

何よりも、絞り開放時のボケ味が美しい。何も加工などしなくても、あたかもシネマレンズで撮影したかのようなふわっと、しかしピント面はしっかりと描写する。

現在はまだ入手困難なα99IIでも、Sonnarは抜きん出た性能を発揮してくれるであろう。このレンズで撮影する4K映像は、果たしてどんなであろうか?

俄然、ソニーαに期待が高まる・・・!!

---------------------------------------------------------------------------------
Photography Data: SONY α99 + Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8 ZA (SAL135F18Z)
Adobe Photoshop CS6にて現像, 14bitRAW

モデル:星野くるみさん
撮影協力:うずらフォト × スタジオパイン

★☆ ありがとうございました。 ☆★
 
 
※ブログに掲載した作品の肖像権はモデル本人に帰属することとし、ブログ管理者である私およびモデル本人、主催団体による利用を除き、第三者による二次利用はいかなる理由であっても固く禁じます。なお、作品の著作権はすべて撮影者である私に帰属します。


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事