ここから本文です

書庫全体表示

訪問、ありがとうございます♪

    
レシピブログ           男の料理

宿泊研修で家の人がお出かけなので、久々に一人でのんびりの週末になりそうです。

お肉が食べられない家の人。
今回の研修は食事付き。
でも、ベジタリアン泣かせが多いドイツでの外食。
心配そうにしてたので、作ってみたかったケークサレとアップルブレッドを持たせました。

ケークサレはもりもんさんのところで拝見したもの。
オイルがほとんど使われていなくて、これはいい!って思わず目が釘付けになったレシピだったのでした。

イメージ 1

ほぼレシピ通りに。
型のサイズが少し違う感じだったので粉とミルクは10%増し。
多目の粗挽き胡椒を追加しました。
グリューエルチーズじゃなくてエメンタールで。

イメージ 2

これを作るためにパプリカの赤も用意してたんですが、
中華な気分の日に使い切ってしまっていて、
オレンジのパプリカなので色味が今一。
オリーブも黒じゃなくて茶色に近いものだったし・・・

でももりもんさんのレシピだから間違いなし。

味見してた家の人もグッドサイン出してましたよ。
また作りますね。

同僚3人で行くということだったので、焼き菓子を。

こっちのリコッタチーズとっても量が多くて、たぶん1リットルはあるかも。
というわけで、リコッタチーズを使ったレシピを探してたら見つかりました。


砂糖の量が半端なかったので、かなり減らしました。
レシピを見た時から、生地の量が多いかもと一抹の不安はあったのですが、
アメリカサイズのパウンド型を使っても量が大すぎ。
ということで、最終的には小さなココットにも分けて焼きました。

イメージ 3

りんごのすりおろし2個たっぷり使っていて、
シナモンの効いた生地にリコッタチーズのフィリングを載せて、
2層に仕上げます。

イメージ 4

焼いてから3日目が一番美味しそう。
明日の味の変化も楽しみ。
手持ちの型に合うように、レシピは改良の余地ありますが、
これも絶対リピありそう。
その時は真っ赤なりんごを使おう!

で、昨日は美味しいケークサレをつまみながら、一人夕ご飯は肉料理!
家で肉を夕食に頂くのはかれこれ3ヶ月ぶりかも。

ドイツの煮込み料理には欠かせないsuppengemüseを使ったラムシチュー。

http://www.recipe-blog.jp/recipe.gif
    ★★★レシピ★★★

ラム肩肉のシチュー

イメージ 5

ラム肩肉(ステーキ用) 2枚
塩 適宜
胡椒 適宜
オリーブオイル 小さじ1
suppengemüse 1/2パック
トマトソース 300ml
水 100ml
ローリエ 1枚
玉ねぎ 1個
人参(小) 2本
セロリ 2枝
赤ワイン 200ml
ズッキーニ 1/2本
バルサミコ酢(熟成タイプ) 大さじ2

1 ラム肉は食べやすい大きさにカットし塩胡椒し熱した圧力鍋にオリーブオイルを敷いて、表面が色づくまで焼き、取り出す。
2 細かく刻んだsuppengemüseを1に入れ、油が回るまで炒め、トマトソース、水、ローリエを加え、高圧加熱6分その後自然減圧する。
3 ローリエを取り出し、バーミクス等で粉砕する。
4 食べやすい大きさにカットした、玉ねぎ・にんじん・セロリと取り置いたラム肉を加え、高圧加熱4分その後強制減圧する。
5 赤ワインと食べやすいい大きさにカットしたズッキーニを加え、弱火で煮る。
6 バルサミコ酢を加え、味を見て必要なら塩胡椒する。

がっつり肉食モードだった割には、野菜たっぷりでヘルシーシチューになりましたけど。
大好きなラムが楽しめたのは何よりの収穫。
今日は久々にあるものを食べるつもり。@@

 

 ブログのランキングに参加しています♪ 
皆さんのクリックでランキングが上がる仕組みになっています。
お手数をおかけしますが、ひとつずつクリックしていただけるとブログ更新の励みになります。

    
レシピブログ           男の料理

ご協力、ありがとうございました。

この記事に

  • どちらも美味しそう(*^_^*)
    ケークサレ 一時 毎週作っていたのに
    最近は全く作っていなかった。
    久しぶりに作ってみます。
    りんごのケーキも美味しそう。
    りんごってそのままの形をした焼き菓子が多いのに
    すりおろしなんですね。
    シナモンもきかせたらワインにもあいそうですね。

    kazuyo

    2013/3/23(土) 午後 6:35

    返信する
  • うーん 美味しそうです
    ワインが飲みたくなっちゃう ☆

    里山 みのきち

    2013/3/23(土) 午後 9:25

    返信する
  • こんばんは。

    お家の人を思ってわざわざ手間をかけて、
    ケークサレやチーズブレッドを焼かれたり・・・

    何て幸せなのでしょうか!

    そして香ばしいラムの香りが漂う、ラムシチュー、
    こちらも贅沢な一品ですね。


    ナイスです。

    greenさん

    2013/3/23(土) 午後 10:48

    返信する
  • 顔アイコン

    りんごとチーズのパン〜3日目がおいしいんだ‐
    今から飛行機で行けば間に合いますね(笑)
    シチューとろとろでおいしそうです〜
    お肉入ってるので奥様食べれないのかな?
    やっぱり飛行機で食べに行くしかないですかね(笑)
    ひとり分残しておいてくださいね^^

    横文字さっぱりわからないめだか。レシピの横文字なんだろう・・

    ぽちぽち☆

    めだか

    2013/3/24(日) 午前 0:13

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。
    ご紹介ありがとうございます。
    作ってくださったんですね。
    うれしいです。
    お肉が食べられない、ご家族のことを心配して
    ケークサレや、アップルチーズブレッド焼かれるなんて
    お優しいですね。
    わたしも見習わなくちゃ。
    ラムのシチュー、ワインがすすみそう。
    美味しそう。
    オールポチ&ナイス!

    もりもん

    2013/3/24(日) 午前 8:27

    返信する
  • 焼き立てよりも、日を置いて熟成したほうがおいしい焼き菓子は、
    こういう場面にぴったりですね♪

    それにしてもリコッタチーズが大量にある生活がうらやましいです♪
    日本では高すぎて手が出ません・・・

    ポチ!!

    アムステ

    2013/3/24(日) 午前 8:44

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事