山形の風景写真

三人の子育てに奮闘中!ただいま山形の滝を広める活動に取り組んでいます!

全体表示

[ リスト ]

剣急滝

火焔滝を遠望した後、そのすぐ近くにある別の滝も見ていこうと思いました。

火焔滝のすぐ上流にあるという、剣急滝です。

先にこの滝の名前について説明しておきます。
剣急滝の「急」の字は本来、現地の看板によると山へんに、急の字が組み合わさった文字なのですが、辞書を調べてもそんな字はなく、表記不能です。

無理やり書くと、山急←こんな感じの字です。

剣急滝をネットでしらべると、この滝の名を「剣巉滝」と表記しているHPがありました。
読み方は「けんざんたき」とのことです。
漢和辞典で調べると「巉」の字は「山がきりたってけわしい」という意味があるようです。
この表記はこのHP一箇所のみで、どこからこの文字が出てきたのかはよくわかりません。

ここでは便宜上「剣急滝」と表記します。





イメージ 1

看板で状況説明。
駐車場から大平温泉へいたる道の途中から、複数の滝を眺めることができる、滝見台へと続く登山道が伸びています。
滝見台からは、火焔滝、剣急滝、滑滝の三つの滝を眺める事ができるようです。







イメージ 2

滝見台への分岐。
石が階段状に積まれていますが、険しい道です。







イメージ 3

急斜面につけられた踏み後をたどります。
ここはまだ良いほうです。
一部、道が崩壊している所もあり、その下は急崖。「落ちたら死ぬ」的な、少々危険な道でした。

看板を見ただけではどれくらいの距離があるのかわかりませんでしたが、入り口から滝見台まではほんの5分で着いてしまいました。

しかし、現地は深い霧に包まれていて、肝心な滝が見えません。
とりあえず休憩しながら持っていた食料を食べて待ってみました。







イメージ 4

しばらくすると、次第に霧が晴れてきて、滝が姿を現しました。







イメージ 5

遠望するしかないので、全体までは見えないのが残念でした。
やっぱり滝は目の前で見たい・・・







イメージ 6

霧が晴れてよく見えるようになった周辺は、見事な紅葉でした。



次回はその隣に落ちている、滑滝です。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

おお〜 確かに 足を滑らしたら ただでは 帰れなさそう…。 まだ ちらほら 紅葉が あるんですねぇ ビックリ!!

2007/1/5(金) 午前 4:28 coc*ro_*00*_m*nyu_2**0 返信する

顔アイコン

ココロンさん、かなり高い崖の上だったので、ちょっと緊張しながら通りました。ちなみに、この写真は去年の10月に撮影したものです。もう紅葉はありませんです。まぎらわしくて申し訳ありません。もうしばらく秋の記事が続きます・・・

2007/1/6(土) 午前 8:49 けんぼー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事