日々是好日日記

心にうつりゆくよしなしごとを<思う存分>書きつくればあやしうこそものぐるほしけれ・・・・、

玄洋庵文庫

すべて表示

安倍内閣はまた一つ失政を追加した


「自民党の伊吹文明元衆院議長は19日の二階派会合で、福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑をめぐり、被害を受けたとするテレビ朝日記者が週刊新潮に録音を提供したことに関し、『第三者に渡したらむちゃくちゃなことになる』と批判した。また、『記者は記者の道義を守り、政治家、官僚も道義をしっかり守った品性のある国であってもらいたい』と述べた。福田氏に『一番道義的責任がある』とも指摘した(2018/04/19 時事)。
自他共によろず硬派の論客を任じている伊吹元衆院議長らしい発言である。彼は、ジャーナリストは取材源が認めた情報以外の一切合切を他に発表(漏洩)してはならないと主張しているのである。そのことは一般原則であって、その明快さにうっかり「そうだ!」と大向こうを賛同させてしまいそうな「意見」、いな「異見」ではある。
一般的に記者と情報提供者との間を結ぶ関係は、思い切って単純化すれば、唯一その情報提供者が公表を承認した「情報」のみが有るだけである。それも、もし情報提供者が公表を拒否したら、その情報は記者個人の記憶の中に残る以外には永久に公開されるべきでないものである。伊吹氏が言うのはここまでのケースである。
しかし、ここには前提として記者と情報提供者が法律的にはもちろん倫理的にも正当な行動を取っているという前提が有ったはずである。ここでの主題である財務事務次官のセクハラ行為はすでにして二人の間に法律的にも倫理的にもあってはならない論外の「事故」であって、取材記者と情報提供者の間に一般的に有るべき前提、あるいは有ってもよい「事象」ではない。つまり、原則として、あるいは一般論として記者と情報提供者との間を結ぶ関係として有るべきものではなく、加害と被害の関係として新たな「事件」がここに生起していたのである。それゆえ、その扱いは個人としての記者に一任され、かれはこれを事件報道として発表する権利さえ有していたと思料できる。それゆえ、上記記事中の伊吹氏の発言:「福田氏に一番道義的責任がある」だけが正しいのであって、それ以外の発言は間違いである。
福田財務事務次官は刑事犯の犯罪容疑者である。この女性記者は「セクシャル ハラスメント」として社や週刊誌でなく先に警察に被害届を提出すべきであった。また、政府は閣議でその依願退職を認めるべきではなかった。安倍内閣は、数ある「失政」にまた一つ「失策」を追加したのである。

 

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


.


みんなの更新記事