日々是好日日記

心にうつりゆくよしなしごとを<思う存分>書きつくればあやしうこそものぐるほしけれ・・・・、

全体表示

[ リスト ]

 「民主党の細野豪志政調会長は14日の記者会見で、安倍晋三首相が(20154月)9日の参院予算委員会で国立大学の国旗掲揚や国歌斉唱の実施を求めたことについて「大学には自治があり大学生は大人だ。大学は社会の成熟を表すのに、ある種の強制力を及ぼす形で発言するのは幼稚だ」と批判した。首相は9日の参院予算委答弁で、国立大の入学式や卒業式での国旗掲揚や国歌斉唱について「正しく実施されるべきだ」と述べた(2015.04.14毎日新聞)」
筆者も細野氏の見解に大いに賛同するものの、発言中の「大学には自治があり」というのは事実に相違する。もし細野氏が大学の「自治」についてこれを教員や学生など大学を構成する主要な人間たちによる自由な知的活動を称して「自治」と称したのであれば、これは全き間違いである。実は、この四月一日に施行された学校教育法によって戦後の大学が最も基本として守ってきた<大学の自治>は今や全く存在しなくなったのである。そこにあるのは、学長(国立大学法人にあっては兼務の理事長)のガバナンスの強化という、「独裁」と言って悪ければ「独断」のみが合法的に存在しうるのみの組織になったのである。
すでにこのような教育機関における民主的運営は初中教育ではとうの昔に「禁止」されている。教員が学校経営について話し合う場としてのいわゆる「職員会議」は、「会議」する場ではなく、そこでは上部の教育委員会から下達された「指示・命令」について学校長が伝達し指示する「機会」であるとされている。そうではなくて職員会議を民主的な会議の場としたいといって起こした東京都立三鷹高校の元校長土肥信雄さんの訴訟は、最高裁で門前払いされた。こういう事態がついにこの春大学にまでやってきたのである。
そして、こういう事態に至った過程において当の大学からは教員も学生も反対のシワブキ一つ上げなかったのである。そういう大学の現状を、はたして細野氏は知ってなお上のような発言をしたのか否か?多分そうではあるまい。
かくて、大学の自治は消滅したが、まだ学長(理事長)のガバナンスは確保されているのか? たしかに、法律条文ではそう読める。しかし、初中教育学校の学校長の「ガバナンス」が、教育委員会のガバナンスであり、それはそのまま文科省のガバナンスであり、それが究極、安倍総理官邸のガバナンスに限局されているのを見れば、学長のガバナンスなど如何ほどのものであろうか? 戦前の帝国大学の歴史を見れば、その果てが何処に行きつくか容易に分かろうというものである。
しずかにしかし確実にうごめいている「戦後体制の総決算」・「戦前回帰」という流れが、春の小川のせせらぎの音にかき消されて人々の耳に聞こえてこないのである。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事