全体表示

[ リスト ]

そろそろ、繁忙期も終わりですかね・・・・はまちゃんです。

仕事の方が徐々に早く帰れるようになって来ました。ずっとホッタラカシだった86の背面に着手しま

す。

最初は、リアショックの頭の取り付け分が貧祖なので、こんな部品を作ってみた・・

イメージ 1
コレだけ見ると分りませんが・・・

イメージ 2
こんな感じです。溶接する前にスポットシーラー塗ってます。

イメージ 3
で、溶接!この時点で、溶接機のワイヤーの出るスピードが???おかしい??

色々イジッテタラ壊れました・・・・溶接機。。

んで、速攻で溶接機を買ったス○レートに修理依頼してきたんですが、早くても一週間かかるらしい。。

ゲンナリしててもショウガナインデ、他の補強箇所の部品を作ります。

やり方としては、いつもの様に型紙作りから。

イメージ 4

イメージ 5
この作業が結構かかります。ある程度納得いかないと次で失敗しますから・・・

この部品は、リアのボディ側のの受けが押されて倒れないようにする物です。

ドリキン号でされている物のコピーです。エボゼロ君自身はドリキンのファンではないようですが、

結構効きそうなのでDVD見てパクらせて頂きました。

イメージ 6
高速カッターやグラインダーで切りにくい所はプラズマカッターで切ります。オモロイぐらいスパスパ切

れます。

イメージ 7
形を整えて一まず部品は完成!

待っていた溶接機が戻ってきたので、早速溶接!

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10
ぐるぐるまし〜んだと溶接するのがホント楽ですわ。

次は、スポット箇所のスムージングと下地処理ですね。

頑張ろう!

閉じる コメント(1)

顔アイコン

相変わらず、いい汗かいてますね!

2015/5/25(月) 午前 0:37 tacs_je 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事