僕の部屋〜創価学会3世として生きる〜

ご訪問誠にありがとうございます。(ファン限定記事&書庫あり)

全体表示

[ リスト ]

創価学会創立80周年

イメージ 1

創価学会創立80周年を迎えて一学会員として記すべきこと。


2010年11月18日、創価学会は創立80周年を迎えた。


元々創価学会は「創価教育学会」と名乗っていた。


しかし、11月18日に書籍に初めて「創価学会」という名称が記された。


創価学会はこの日を以て創立記念日としている訳である。


11月18日の朝、私は喜々として朝刊を楽しみにしていた。


聖教新聞の一面、そこには11月14日に撮影された池田名誉会長と夫人の写真が載っていた。


現在池田名誉会長は、公的な会合にも聖教新聞紙面にも顔を出していない。


80を超える高齢なのだから、本来それは当り前だろう。


これが不自然に感じること自体、創価学会員が池田名誉会長に頼り過ぎて来た証左だ。


それでも、近々の姿を見るのは久しぶりだったためか、少しばかり感慨深いものがあった。


人間は生老病死を受け止めて、力にして、有限の歩みを一刻一刻と刻んでいる。


池田名誉会長の体調や意思の問題であるならば良いが、


老いた姿を見せたくないという幹部の思惑が一分でもあるとすれば、それは誤りだ。


逆に老いを顕現しゆく中にこそ、仏法者としての本領もあるのだと私は思う。


池田名誉会長が仮に寝たきりや病気になっても、その姿が示す仏法者としての範は何ら変わらない。


さて、上記の写真は読売新聞に載っていた広告である。


創価学会は日本の3〜4%を占める仏教団体だが、


その教義、その内情、その文化について、相互理解は未だ進んでいないように思う。


学会員は毎日、日蓮の図顕した南無妙法蓮華経を主題とする掛軸型の紙幅本尊を拝している。


その御本尊に対して法華経という仏典の中から方便品の第二、そして寿量品の第十六を読経する。


それは漢訳で書かれたもので、長さは数ページ。大体10分もあれば読み終わってしまう。


「爾時世尊(にじせそん) 従三昧(じゅうさんまい) 安詳而起(あんじょうにき)」


と言ったような感じだ。この妙法蓮華経の読経を助行とも言う。その後は題目を唱える。


本来この唱題行は上記のものを基本とし、朝と晩に行われる。


また朝は最初に諸天への祈りを捧げてから助行に入る。


しかしもちろん、忙しくてやれない時だってあるし、逆に長く唱える時もある。


三唱(南無妙法蓮華経を三回唱えること)だけを行う時も、


胸中唱題(心で南無妙法蓮華経を唱える)や、本尊がない場合は東に向って唱えるということもする。


大事な試験や緊張する時に心で唱えてみたり、結構自由がある。


それはあくまで勤行(この一連を指す)は心が大事であって、数ではないからだ。


そして学会員は聖教新聞を読み、毎月座談会という地域の集まりや、本部幹部会の中継に参加する。


創価学会員の日常はこういったものである。あとは一般人と何も変わらない。


何か悪い事があったとすれば、学会員はそれを自らの宿命と考えて自分自身と向き合っていく。


これが学会員の、現実に生きる仏教者としてのメンタリティーである。


学会員は近所の主婦であり、会社の同僚であり、学校の友人だ。


彼らは何も特別ではないし、不思議な力を持っている訳でもない。


狂信的に生きていることもないし、変な儀式を行ったり、世界を乗っ取ろうなんて微塵も考えていない。


ただ上記に示した日常とメンタリティーの中で生きる、庶民のゆるやかな集まりなのである。


こんな当たり前のことが、なぜか学会員で無い人々にあまり伝わっていない。


創価学会はもっと外に開かれるべきだ。そして、それを開くのは組織ではなく学会員一人一人なのだ。


創価学会という宗教運動が80周年を迎えた。今から20年でちょうど100周年に当たる。


その時、非学会員さんから「今日で学会さんは100周年みたいだね。おめでとう」と言われるような、


そんな創価学会をつくっていかねばならない。今はまだ、道の途上にある。

閉じる コメント(6)

アバター

けんいちさんこんにちは。
そうですね。池田氏は仏法者なかんずく「法華経の行者」の範ですので
その一生涯は全て「老」においても
そして「死」に至ってもそれは範となります…
池田氏の凄さは池田氏を池田氏たらしめた日蓮大聖人の仏法の凄さを
体現された方だと思います。
20年後の100周年に向けて私も再出発します…(^^)

2010/11/20(土) 午前 11:47 [ eijitypeR(^^♪ ] 返信する

顔アイコン

初めまして(^^)
学会色があまり好きではない、学会員なので^_^;
会合には行かないのですが、80周年記念ということで
20年ぶりに近所の拠点へ顔を出してきました。
こういう奇跡的なこともあるもんですwww

80周年記念と言う割りには、同中も無いのが
不自然と感じるのは私だけでしょうか?

2010/11/20(土) 午後 6:46 [ ともとも ] 返信する

顔アイコン

けんいちさん、はじめまして。組織での活動が苦手な学会員です。聖教新聞などで、最近の池田先生の姿が極端に出なくなったこと、とても気になってます。どうされているのか、何かしらの情報がほしいところですが・・・。 削除

2010/11/24(水) 午前 5:06 [ マリモ ] 返信する

顔アイコン

お久しぶりです!
80周年記念 本部幹部会に学生部を代表し。出席させて頂きました!!

2010/12/5(日) 午後 3:33 ITOGURUMA 返信する

はじめまして
白木義一郎さんの事を検索していて辿り着きました!
まだ、1月と12月しか記事は読ませてもらってませんが、普段から学会員として漠然と感じてる不安がちゃんと言葉にされてる気がしますので、また来させてもらいますね

ところで創立80周年に私は友人から「おめでとう!学会はたいしたもんだね」と言ってもらってとても誇らしかったですやっぱり普段から肩肘張らずに語る事が大事ですね!

2011/1/22(土) 午前 0:29 [ kin*ko*75 ] 返信する

顔アイコン

kinさん、それは嬉しいことですね。肩肘張らず語る事…それはかなり大切なことです。

2011/1/22(土) 午前 1:11 けんいち 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事