僕の部屋〜創価学会3世として生きる〜

ご訪問誠にありがとうございます。(ファン限定記事&書庫あり)

全体表示

[ リスト ]

http://soejima.to/souko/visual_data/img20031225001103.jpg

トップ閨閥と人脈 一家は代々ノリ漁業に従事、関東大震災で貧困のドン底

創価学会の池田大作会長の母親・池田一さんが先日亡くなった。
その葬儀には財界の大物をはじめ、ざっと6千人が参列したという。

池田大作は昭和3年、東京・大森の零細なノリ漁業者・池田子之吉の5男に生まれた。
大作には7男2女の兄弟姉妹がいる。
 
池田家が代々ノリ漁業に従事するようになったのは、天保の時代からである。
祖父・五右衛門の代には、百人もの漁師を雇って漁をしたほど栄えていた。
大正の初めには東京周辺では初めてのノリ採取用機械船を使用した草分けでもあった。
池田家の不幸は、関東大震災によって何もかも失ったことである。
漁場も、持ち舟も失われ、池田家は零細なノリ漁業者に転落してしまう。
(週刊読売1976年10月30日号P127)
 
 
私は以前ネットに拡散する池田大作在日朝鮮人説について、
 
現役の創価学会員として真っ向から詳細な検証を行った。
 
しかし、いまだに知恵袋や掲示板等では実しやかに在日説が流布しているし、
 
その延長として創価学会は朝鮮宗教であるといった陰謀論にまで昇華されている。
 
この背景には一体何があるのだろう_?
 
そんな素朴な疑問を調べていく中で、右傾化するネット世論や一部の過激な団体、
 
そして創価学会と敵対する宗教団体の存在が次々と浮かび上がってきたのである。
 
例えば池田大作をソン・テジャクであると名付けたのは、
 
陰謀論にうつつを抜かす妄想集団独立党のリチャード・コシミズ氏であると言うし、
 
その内容を拡散しているのは在特会や日護会などの似非右翼達なのだ。
 
彼らは一見敵対しているようで、敵の敵は味方の論理で結果として結託している。
 
それらに誑かされて右傾化し、また閉鎖的になっている一部ネットユーザーが、
 
更に池田大作在日説や創価朝鮮宗教説を広めているのが現状なのだ。
 
以前書いた記事でも徹底的にその内情を暴いたが、
 
池田大作在日説の発端は国民新聞という怪しいゴシップ紙の推測記事に過ぎない。
 
内容も大百蓮華に朝鮮人と親しくしていた記述があるなど、噴飯ものだ。
 
そして先祖代々の墓がない!と声高に主張していたが、
 
それがデマであることも記事で物証を通して明らかにした。
 
しかし、闇はここでは終わらない。この記事を執筆した人物が更に問題だ。
 
彼はもう故人であると言うが、イオンド大学の教授という肩書を持っている。
 
イオンド大学は調べればすぐにわかることだが、悪質なダミー大学なのである。
 
そしてその裏には、正理会という右翼系宗教団体が存在している。
 
彼らは自称元創価学会員という教祖を中心に組織され、
 
日蓮の教えを説きながらネット上では右翼工作員として活動しているというのだ。
 
こうした大いなる闇の中で、池田大作朝鮮人説と創価朝鮮宗教説が流布している。
 
この影響として明らかに統合失調症などの病を持つ人々が、
 
ネットの影響によって創価学会の集団ストーカーなる幻想を作り出している。
 
もちろん、ネームバリューのある人物に対する聖教記者などの張り込みはあろう。
 
そこに行き過ぎがある部分があるとすれば、決して肯定すべきものではない。
 
しかし、集団ストーカーの幻想とはそうした次元の問題ではない。
 
ある人はヘリコプターや監視カメラを使って一日中尾行されていると主張する。
 
学会とは関係もなく、また全く社会的影響力もない一個人に対し、
 
創価学会総体がそんなことをする訳もないし、する価値も理由もまるでない。
 
そんな常識を欠落した人々が、否、心を病んでしまった人々が、
 
私が指摘する大いなる闇に影響され、彼らに都合よく利用されてしまっているのだ。
 
上記の記事は70年代の末、最も学会が批判されていた時期に書かれたものだ。
 
しかも執筆元は読売グループであり、家系図もかなり詳しく明示されている。
 
反創価学会の嵐が吹く中で、マスコミが総力を挙げて取材をした結果だと言えよう。
 
いまだに私に対して池田大作は在日朝鮮人であり、創価は朝鮮宗教だ!
 
そんな批判を性懲りもなくしてくる人間がいる。
 
また創価学会に集団ストーカーされている!という人間も来る。
 
そんな人々には、この記事をじっくりと読んでもらいたい。
 
上記の記事もネットで調べればすぐに出てくる代物だ。決して珍しいものではない。
 
そして重要なことは、上記の記事には朝鮮や在日の二字はひとつもない。
 
この事実こそ、池田大作在日朝鮮人説への最後通告である。
 
重ねて言おう。私が在日朝鮮人説を問題にするのは、そこに潜む闇を問うためだ。
 
仏法者にとって国籍など枝葉末節の問題に過ぎない。
 
誰しもが同じ心を持つ人間なのだから、分かり合えないことは絶対にない。
 
私はそう信じて、これからも言葉を綴り続けたいと思っている。

閉じる コメント(26)

顔アイコン

おやじさん、私も外国人参政権には基本的に反対ですし、その旨を公明党の議員に伝えたこともあります。議員の方は特別永住者に限って、地方参政権という限定で政治参画をさせてあげてもいいという見解でした。決して外国人にむやみに参政権を付与しようという考え方ではありません。しかし、自分は帰化制度の充実や帰属意識の問題もあり反対だと申し上げました。政治に完璧などないのです。それはそれで喧々諤々の意見があっていい。それがなぜ大聖人の仏法への不信となるのか、私には理解できないところです。私は組織は相対的なものと割り切っています。

2011/10/12(水) 午後 11:58 けんいち 返信する

顔アイコン

それがなぜ大聖人の仏法への不信となるのか、私には理解できないところです>>
公明党を作ったのは学会でしょう。そして、その学会を選挙の時に応援している事。公明党が二つの売国法案(外国人地方参政権と人権擁護法案)を通そうとしている事を知っているのに、応援しているのは何故 ?? 学会は信仰組織なので、間違った事を行っている公明党を応援しなくても、信仰はできるはず...なのに何故応援しているのか ??? 削除

2011/10/13(木) 午前 5:21 [ おやじ ] 返信する

顔アイコン

おやじさん、私としては幹部の方なり議員の方と話す機会をつくり、自身の考え方を伝えて、どうしても納得できなければ公明党に投票しなければいいと思います。

2011/10/16(日) 午前 4:57 けんいち 返信する

外国人参政権に反対する方にお聞きしたいのですが。

何故そこまで強烈に反対するのでしょうか?在日の方に地方参政権を与えないのは何故でしょうか?彼らは普通に働いているし税金も納めています。詳しくは知りませんが、先祖がある理由で日本に来てそのまま住み着いているだけではないのでしょうか?

何故そんなに在日を嫌うのでしょうか?

2011/10/16(日) 午前 9:45 [ ねこさま ] 返信する

顔アイコン

>ねこさま 税金を納めているなんて当たり前の話ですよ。なんか税金を納めているから何でも許されるとでも思ってるんでしょうか?納税してるから参政権与えろなんて常識はずれもいいとこです

2011/10/16(日) 午後 9:23 [ ジュニッソ ] 返信する

顔アイコン

ねこさま、tankovさん、この件はまた論じなければならない問題ですが、私は在日の方を差別しているつもりは一切ありません。

2011/10/18(火) 午前 2:51 けんいち 返信する

顔アイコン

外国人参政権の件、

チャンネル桜を観て勉強してください。

ねこさまへ
在日の人全てとは言いませんが、日本国内で反日活動をしているのをご存知かな。例えば、歴史教科書の採択etc。

それと、税金を払う事と参政権は次元の違う話です。 削除

2011/10/19(水) 午前 4:29 [ おやじ ] 返信する

顔アイコン

おやじさん、チャンネル桜さんはたまにですがネットで拝見します。私としましては、政治は政治として、各人が自由に、闊達な議論を交わすことが重要と思います。もちろん、私はあなたの意見に賛成は出来ないが、あなたがそれを主張する権利を全力で守る…という民主主義を前提として。そして、大聖人はナショナリストではなく、パトリオットであり、常に閻浮提を見据えていた世界人であったことをお忘れならないようにと思います。

2011/10/21(金) 午前 7:22 けんいち 返信する

顔アイコン

内緒さん、折伏をしたくなければしなくてよいと思いますし、折伏をしなくたって学会は続けられます。仏法が素晴らしいと心から想えた時、喉が渇いた人に水を差しだすような自然な気持ち出来ればそれでよいし、無理にするべきものではないでしょう。

2011/10/21(金) 午前 7:24 けんいち 返信する

顔アイコン

これが在日の実態です。

チャンネル桜より。

ttp://www.youtube.com/watch?v=-5Ya9Lw0MaI&feature=channel_video_title

けんいちさんへ

信仰と政治を分けるのなら...何故、信仰組織が政党を作り政治に関わるんでしょうか ?!
自分たち(学会)が作っておいて ?? 削除

2011/10/21(金) 午後 3:36 [ おやじ ] 返信する

顔アイコン

おやじさん、仏法の人間主義に基づいた政治を実現するためでしょうね。大義としてはです。その他利害による諸々の事情もあるでしょうが、あくまで基本はそういうことでしょう。

2011/10/22(土) 午前 8:07 けんいち 返信する

顔アイコン

痩せ我慢しなくていいですよ。
あなたがただ朝鮮宗教というレッテルを貼られることを嫌っているだけというのは誰の目から見ても分かりますから^^;

創価学会への批判は一晩ではとても書き切れないので別の記事に書かせていただきますね(^ー^)ノ 削除

2011/10/22(土) 午後 1:29 [ さはら ] 返信する

顔アイコン

さはらさん、日本仏教は朝鮮から渡ってきたものですから、言ってしまえば朝鮮宗教ですね。とにかくも、私はこの問題の裏に潜む大いなる闇を問題にしているだけです。どう受け止められるかは自由ですが。

2011/10/22(土) 午後 4:38 けんいち 返信する

顔アイコン

この週間読売の記事を裏付けるものとして、アンチ学会のジャーナリスト溝口敦氏書いた本で「昭和梟雄録」という本があります。
この本の中に、このような一文があります。

「戸籍によれば、池田大作ならぬ太作は一九二八年一月、池田子之吉、一の五男として、東京府荏原郡入新井町大字不入斗で生まれた」

池田大作の戸籍はすでにジャーナリストが確認しており、池田氏ご本人とご両親の戸籍名が確認されており、出生地も確認されています。
戸籍上でのご両親のお名前が週間読売の記事と一致しています。

2012/1/2(月) 午後 2:12 [ nanana16 ] 返信する

顔アイコン

池田氏の家系については、何十年も前に相当細かく調べられていますね。

父親の池田子之吉は海苔養殖業者の池田五右衛門の三男で、子之吉の長兄は百太郎、百太郎の長男は定次郎と、この家系が池田本家のようです。
最盛期の池田本家の糀谷の作業場兼自宅は、現在の東糀2丁目にあり敷地は約3000坪あったそうです。
(当時池田家から100mと離れていないところに住んでいた同じく海苔養殖業者・松原正蔵氏の証言)
昭和梟雄録 溝口敦 より

当時のことを知る地元の古老や池田大作のクラスメートに取材して得た情報によると
池田大作の母親は多摩川沿いの古市場(現・大田区矢口3丁目)の農家の娘・小宮(旧姓)一、両親が結婚したのは1915年
地元の海苔問屋組合の会長の言によれば五右衛門は相当羽振りがよかったとのこと。
池田大作金脈の研究 野田峰雄著 より

母方の小宮家には、池田大作氏の兄の開造氏が養子に行っています。

2012/1/2(月) 午後 2:29 [ nanana16 ] 返信する

顔アイコン

nananaさん、いやはやその通りです。天にニジツなしです。

2012/1/3(火) 午前 4:47 けんいち 返信する

顔アイコン

戸籍によると、池田大作ならぬ太作は一九二八年一月、池田子之吉、一(いち)の五男として、東京府荏原郡新井町大字不入斗で生まれた(池田は一九五三年、自ら現在の大作に改名していた)。
父親の子之吉は海苔養殖業者・池田五右衛門の三男であり、池田が十歳になるまで分家することなく、本家の家業を手伝っていた。
「太作君の父親は大森の”赤門の出”とうちの親爺から聞いている。”赤門”と言うのは庄屋とか地主とか、そんな由緒ある家だということです」(池田の小学校時代の同級生N・Y)

本家では子之吉の長兄に当たる百太郎、ほどなくその長男の定次郎が家業を継いだが、池田が二歳のとき(一九三〇年)、池田家は本家もろとも不入斗から三キロほど隔たる糀谷に移住してきた。
「池田の本家が海苔のヒビをたてる権利を持っていたのはお台場あたりで、大森、糀谷、羽田には権利をまるで持っていなかった。お台場のあたりは昭和の初めから隅田川の汚水がかかりはじめ、海苔の生産量が低下した。それで家業が左前になって、糀谷に移ってきたのでしょう。」(当時、池田家から百メートルと離れていない所で、同じく海苔養殖業を営んでいた松原正蔵の話

2012/2/1(水) 午後 10:04 [ nanana16 ] 返信する

顔アイコン

松原によれば、池田の本家の糀谷の家というのは今の東糀谷二丁目、赤井電機のあるあたりで、敷地はほぼ百メートル四方で三千坪はあったであろう。

「糀谷には百五十軒ほどの海苔業者がいましたが、その中で池田本家はたしかに焼玉船を持っていたし、盛期には日産四千枚程度の海苔は生産していたでしょう。まあ糀谷の上位五位、六軒の業者に匹敵するほどの規模でしたよ。」(前出・松原正蔵)

池田本家は糀谷に新天地を求めて、わずか八年で敗れ去った。すなわち池田が小学校五年のとき本家は三千坪という敷地を名取製作所に売却、羽田旭町に移転した。これに伴い池田家も今の西糀谷二丁目に新居を求めた。

昭和梟雄録 溝口敦著 より抜粋

2012/2/1(水) 午後 10:05 [ nanana16 ] 返信する

よくぞ言って下さいました。
そうです。朝鮮とはなーんも関係ありません。
池田先生も朝鮮人ではありません。日本人です。
失礼なことですよね。
デマを流した本人はいい気味なんでしょうね。
でもいずれ信用されなくなります。
そういう人はわいそうな人ですよね。

2012/5/4(金) 午後 5:06 [ kanon ] 返信する

顔アイコン

去年に再度國民新聞が池田大作氏帰化人説を報じたようですが、今回の記事はコピペしまくる人もおらず広まりませんでしたね。
帰化人すると官報に記録が残るので、帰化人ネタは官報を検索されればデマだとバレるということをいまだに國民新聞社は知らないようです。



第19172号 國民新聞 平成24年3月25日(日曜日)

池田大作はやはり帰化人か

創価学会の池田大作名誉会長は、「本名は成太作(ソン・テチャク)という韓国民」との風説がある。

創価学会に対して損害賠償請求訴訟を起こしている高倉良一香川大学教授は、本名の当事者照会をしたところ、池田側は「回答の要はない」と返答した。


これは風説の正しさを裏付けるものではないか。

出生は現大田区。戸籍上は「池田大作」となっているが、幼名は「太作」だった。

http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-date-20120306.html

2013/6/21(金) 午前 1:34 [ nanana16 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事