僕の部屋〜創価学会3世として生きる〜

ご訪問誠にありがとうございます。(ファン限定記事&書庫あり)

全体表示

[ リスト ]

ここで創価学会に対するネット批判で大きなベクトルを占めるフランスカルト問題について、
 
 'Le Monde des Religions.fr' の2011年9−10月号(第49号)に興味深い記事が載った。
 
この記事はフランスの有力紙である「ル・モンド(Le Monde)」が発行している。
 
 'Le bouddhisme de Nichiren Soka Gakkai, le Bouddha en soi' という見出しに基づいて、
 
創価学会に対するカルト批判が時代遅れであるとフランス側から忠告をしているのだ。
 
その一部抜粋の翻訳をふうふう雑記帳より引用させていただく。
 
 
 
時代遅れの糾弾
1995 年、Soka Gakkai は、国会委員会によって、
 セクト的性格を有する運動体リストに記載された。
 原因としては、宗教的活動および商業的活動を混同していたことに加え、
 (運動体の)金銭要求に対する元信者からの告発があったことが挙げられる。
 そこで、運動体はフランスの法律に適法化するために、
 礼拝、文化、商業活動を区別しつつ、改革を実施した。
信徒達は、少なくとも今日、運動体の財政支援に参加もしくは不参加の自由を有している。
セクト逸脱行為監視取り締まり関係省庁委員会(Miviludes)会長のジョルジュ・フネックは、
次のように確認する:「ここ5 年以上に渡り、Soka Gakkai に関して、
 我々はセクト逸脱行為の通報を一切受けていない。
 運動体は礼拝、文化、商業活動を区別し、フランスにおいては全く問題を提起しない。」
 
 さらに詳しく知りたい方のために
● デヴィッド・マハチェク、ブライアン・ウィルソン(監修)『世界市民、日本の創価学会仏教運動体』(アルマトン社、2004 年)
● ドニー・ジラ『仏教 50 のキーポイント』(バイヤー社、2009 年)
●バートン・フトソン、シルビィ・セルヴォンーシュレイバー、マーク・アルベール『法華経』(レザンド・サヴォント社、2008年)
● アーノルド・トインビー、池田大作『生の選択』対談(アルマトン社、2009年)
 
 
この記事では創価学会へのフランスカルト認定批判を時代遅れと糾弾し、
 
フランスにおいては全く問題を提起しないと言明している。
 
また認定に至った経緯についても、商業活動と宗教活動の混同を挙げている。
 
これは仏教に於ける布施、または供養といった行為が文化的に受け入れられなかったのだろう。
 
元会員による告発も宗門に付いた人などが組織的に行う場合もある。
 
宗教の公共性は問題を起こした時、それにどう対応して変化していけるかにかかっている。
 
この記事を以て悪辣なフランスカルト認定への最後通告としたい。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ま、学会に批判的な人間が文句やカルト呼ばわりするのが大多数ですよね。
今頃になって、学会のカルト指定を時代錯誤と言うのは遅い位です。
我々は、黒魔術等してる訳ではないし、霊媒師をしてる訳では無いのですから。

カルトは日顕宗や邪宗教の事を言うんですよ。

2011/11/23(水) 午前 0:31 [ - ] 返信する

アバター

けんいちさんこんにちは。
日頃の活動で見た事も聞いた事も無い様な
悪劣なデマにはビックリします。
高価な壷だったかアクセサリーだったか忘れましたが売って居るだとか…
フランスだけでカルトだと認定されて居る
って言うのも変だとは思わないんですかね…?
そりゃ布教先々で全ての国から
「創価はカルトだ!」と認定されれば話は別ですが。

実際に聞いた話ですがとある教団では座談会で創価会員の
「過去世が何だったのかを見る」
とか言う儀式してるんでしょ?
って聞かれた事が有ります…(笑)
蛇だったらクネクネしたり鳥だったら奇声発したりとか…
呆れて返事に困りました…^_^;

2011/11/23(水) 午後 2:20 [ eijitypeR(^^♪ ] 返信する

顔アイコン

このように見ると在特会とか日護会が明らかにデタラメを言っているかがわかりますねwただ、創価学会が保守層には少し抵抗がある部分があるのは事実だと思います。ボクの祖父も創価学会の集団行動部分があまり受け入れられないと言っていましたし。もっとも僕も外国人参政権や人権擁護法は反対です。特に人権擁護法は車のデザインや販売方法、改良ポイントを阻害しかねないからです(僕は自動車業界の人ではなくただの車好きの創価学会3世です) 削除

2011/11/23(水) 午後 6:32 [ BK201 ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。学会三世のsekiyayayaと申します。
色々な創価学会の肯定サイトや否定サイトをみて、ここに辿り着きました。フランスのカルト認定についても色々と調べていたところ、この記事を目にすることができて良かったです。
布施や供養については、学会でもご本尊を受けるときの供養や財務がありますが、財務に関しては少額からの基金であり、またするかしないかを選択できるので悪質ではないと思っています。ご本尊供養についても、金額は伏せますが、少額であるため、入会の意思があるのであれば払うこと自体の問題はないと思っています。

2013/4/11(木) 午前 1:17 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事