僕の部屋〜創価学会3世として生きる〜

ご訪問誠にありがとうございます。(ファン限定記事&書庫あり)

全体表示

[ リスト ]

 創価学会の池田大作名誉会長(84)が、「原発に依存しないエネルギー政策への転換」を早急に検討するよう呼びかける内容を含む提言をまとめ、2012年1月26日付の聖教新聞で公表を始めた。
これを受け、「創価学会を支持団体とする公明党のエネルギー政策論議にも影響を与えそうだ」(読売新聞ネット版)との報道も出ている。消費税増税論議などで公明党の顔色をうかがっている民主党へ影響が出る可能性も否定できない。

聖教新聞に提言掲載

http://www.j-cast.com/images/2011/news120184_pho01.jpg
聖教新聞の1面などに提言が掲載された。
池田名誉会長の提言は、1月26日の「第37回SGI(創価学会インタナショナル)の日」に寄せる形で、同日付の聖教新聞に載った。提言掲載は例年の恒例だ。上下に分かれており、「下は次号」だ。「上」は、1面のほぼ全面のほか、計4ページに渡る長文だ。
「生命尊厳の絆輝く世紀を」との題で、提言内容をまとめた形の聖教新聞1面の見出しは「人間の『無限の可能性』信じ 苦難を乗り越え、勇気の前進!」となっている。
提言全体を紹介する前文によると、原発については「福島での原発事故を踏まえ、日本のとるべき道として、原発に依存しないエネルギー政策への転換を早急に検討することを呼びかけている」。
「上」では、福島第1原発事故に関連して、「未曽有の被害をもたらしました」と指摘し、「原子力にエネルギーを依存する現代社会のあり方や、巨大化する科学技術のあり方に対し、重大な問いを投げかけました」としている。
原発について「政策転換の早急な検討」という表現は「上」では見あたらず、「下」で指摘されるようだ。
池田名誉会長の提言を受け、公明党のエネルギー政策論議はどう進むのだろうか。
公明党はすでに、原発再稼働については「徹底した安全性の確保、また国民並びに住民の納得が前提」との姿勢を示している。
また、将来的な原発の位置付けについては、かつては過渡的エネルギーとして容認していたが、2011年9月の衆院代表質問で、公明党の井上義久幹事長が、「原発に依存しない社会への移行に今こそ本格的に取り組むべき」「段階的に原子力発電を縮小していくべき」「今後、原発の新増設は基本的には行うべきではない」と主張するなどしている。
 
 
 
 創価学会はラディカルな仏法団体として、リベラルな現実主義へと移行するべきだ
 
このニュースを昨日拝見し、明朝さっそくSGI提言「上」に目を通した。
 
そこには日蓮大聖人の「立正安国」の原点を再確認するラディカルな姿勢が厳然としていた。
 
そしてリベラルな現実主義に則り、近々の課題である原発問題に意見ではなく、提案をしている。
 
単なるイデオローグの脱原発主義ではなく、生活を見据えた再生可能エネルギーへの移行を提示した。
 
こうした方向性は池田名誉会長の名言百選に於ける「憲法9条擁護」などと共に、
 
創価学会の方向性を明確に物語るものと言っていいだろう。
 
それぞれの組織には役割というものがある。それぞれの立場の価値観がある。
 
創価学会は仏法団体としてどのようなメッセージを発し続ける「役割」があるのか_?
 
こうした提言は斯様な視座に基づいているように思えてならない。
 
公明党はあくまで国民政党であるからして、現実的な政策を喧々諤々妥協の中で実行していく存在だ。
 
しかし、創価学会は仏教団体である。妥協は組織主義の産物であるからして、
 
どこまでも「理想」や「希望」を語り続けることもまた、必要なのではないかと考える。
 
過去に於いて、創価学会は政治にも社会にも宗門にも「妥協」し続けて来たと思う。
 
もう創価学会は厳然たる土台を持った、堂々たる仏法団体に成長した。
 
妥協の時代への反省を踏まえて、この提言は新たな次元へと飛躍していく一歩を記した訳だ。

閉じる コメント(16)

顔アイコン

各社マスコミでも昨日報道してましたね。
先生の御提言、しかと拝見致しました。

2012/1/26(木) 午後 10:17 [ - ] 返信する

顔アイコン

モンテさん、下も楽しみですね。

2012/1/27(金) 午前 1:58 けんいち 返信する

アバター

こんにちは。
>どこまでも「理想」や「希望」を語り続けることもまた
>必要なのではないかと考える。
その通りだと思います。
たとえ100%満足でき得るものが無くっても
そう言う「理想」「希望」を発信し続けて
自己をより高みへと向上心を燃やさねば成らないと思います。
「立正安国」の精神は持ち続けるものですね。
大聖人は「立正安国論」に始まり
命の灯火が消える寸前まで「立正安国論」を講義されていた
と聴いています。
基本中の基本ですね。

しかしまぁ池田先生は重大な病気だったのではないですか…(笑)
過去の話ですが…^_^;

2012/1/27(金) 午後 2:10 [ eijitypeR(^^♪ ] 返信する

熟慮に熟慮を重ねての提言だったと思われます。世間でも政界でも学会内でも、脱原発は賛否の分かれる議題でしたが、私は原発反対派でした。

ただ、原発なしで今の生活水準を維持するだけのエネルギーをどうやって確保するのか?と問われた場合、具体的な回答ができないので、あまり明言はせずに来ました。

では何故反対派なのか?と言われると、単純に使用済み核燃料を無害化する技術を開発せずに原発を作る事自体が、人類の道理から外れているんじゃないか?という理由です。

今回の提言は、池田先生があらゆる角度から考えられた上の発表であることは間違いありません。

師匠がそう言ってくれた事で勇気を得ました。
あとは、国、自治体、電力会社、そして我々が、「絶対にできる」と確信した上で知恵を結集していけば、安全でクリーンなエネルギーの安定供給が可能になるのだと思います。

2012/1/27(金) 午後 11:27 [ 水と風 ] 返信する

顔アイコン

けんいちさん、こんにちは。
ピエロです、かなり前にコメ歴あるんですが覚えてくれていますかね…
とにかくお久しぶりです!
私もSGI提言を拝読し改めてこの世から「不幸」を断絶するため戦う決意をしました。
さて、昨年の暮れに地元在住の法華講員の方宅を訪問し脱講の対話させていただきました。
そして先日、改めてそね方が幹部と共に私の自宅を訪問され1時間程討論しました。
そこで返答に困った点があり教えていただきたいとコメントさせていただきました。
質問?何故、勤行の長行を省いたのか。
質問?偽物ご本尊との攻撃にどう反論すればいいのか…

ただ地元在住の法華講員の方には誠心誠意、真心の対話を尽くして行こうと考えています。 削除

2012/2/2(木) 午後 0:08 [ ピエロ ] 返信する

顔アイコン

eijiさん、水と風さん、ありがとうございます。ピエロさん、取り急ぎ返信致します。何故、長行を省いたのか?…まず以て大聖人様の御時代から五座三座が絶対的化儀だったのか問うべきです。事実、日寛上人が体系化し、実践面としては戸田会長の時代からです。もっと言えば、勤行唱題を一般信徒が行うようになったのは創価学会の功績が多大です。もちろん簡略化にはSGIの要請が大きかった訳ですが、世界広布の時代に向けて大聖人の原点に還っただけであり、殊更その点に執着するのは本質を見失っている。創価学会が192か国に広がった現証が全てでしょう。ニセ本尊批判に関しては、とりあえず他の記事で取り扱っていますので参照ください。

2012/2/7(火) 午後 10:47 けんいち 返信する

顔アイコン

早々のご返答ありがとうございます。
そうなんですね。法華講側の「日蓮大聖人ご在世当時から勤行の読経がされていた」って言う主張は誤りなんですね。
勉強不足でした…
それとニセ本尊の件について私は、そもそもご本尊に偽物・本物と言う自体おかしい。と言う事を前提に「本尊問答抄」の末法では南無妙法蓮華経こそ本尊である。と「日女御前御返事」のこのご本尊全くよそにもとむることなかれの部分を引用して破折したんですが、的を得ていますでしょうか?

なかなか本当に勉強不足で情けないです…
ただけんいちさんのblogでかなり知識を得る事ができました。
感謝感謝です。 削除

2012/2/8(水) 午後 2:44 [ ピエロ ] 返信する

顔アイコン

ピエロさん、「大聖人御在世から五座三座が行われ、かつ信徒にもそうしなさい、そうしなければならないと指導している文証なり証拠はあるのですか?」と聞けば良いのです。もし「でも学会も以前はそうしていたではないか!」と問われれば「五座三座を否定はしていない。ただ絶対視もしていない。世界広布の時代に即応し、大聖人の原点に還っただけです。その現証が192か国へのSGIの広がりです!」と言えば良いでしょう。ニセ本尊論を突き詰めると「法主の許可がないから」ということになります。そこまで議論を追及していけば、「法主は絶対誤らない!」に対しては日興遺誡などを引用し、「どこか誤っているのか!」に対しては法華経歓持品や破和合僧の大罪と言えば終わりです。「では勝手に印刷した本尊でもいいのか!」と切り返されたら、そのような性根で印刷した本尊には信心の血脈が通わないので、広宣流布を担うと常住御本尊でも示された創価学会の信心が基本となる。そうしめくくれば良いと思います。もちろん、本尊の体は相貌と信心にある訳です。そこも主張しておきましょう。

2012/2/8(水) 午後 7:45 けんいち 返信する

顔アイコン

ある創価系のブログに 御本尊は人工物であるという馬鹿な内容のものがありました
日蓮が自作にあらずとか魂を墨に染めながして書きて候ぞという御文があるのに何を言ってるのかと腹が立ちましたが
相手にするの馬鹿らしいので破折題目あげました

学会崩れというか昔かなり活動家が何人か
創価を名乗りながらアンチをしている方がいますがなぜでしょうか?

心根が腐っていますね


先生や学会に題目や信心教えてもらった活動家みたいです
なんでそうなるのでしょうか?
忘恩は本当に怖いです
振り落とされないようにいつも御本尊中心で題目をあげぬき先生と学会を大事にして宿命転換して行きたいです

法華折伏破権門理 削除

2012/2/17(金) 午後 10:26 [ なみ ] 返信する

顔アイコン

なみさん、信心はあくまで各人の問題です。そういう気持ちで自分自身と向き合っていきたいですね。

2012/2/20(月) 午前 3:37 けんいち 返信する

顔アイコン


様々な創価の闇が露呈してきたので、自分の存在立場が危うくなったために今更フリーエネルギーを提言してきている
それとも死に際に最後の良心が芽生えたのか?
それはないな
いずれにしても北朝鮮、米CIAの権力が衰えてる故の最後の保身行動だと気づけよ主。
聖教の毎回変わらない稚拙な記事内容も然り、巨悪の闇を隠蔽するためには大きな偽善がソン・テジャク(池田大作)には必要なのだよ 削除

2012/4/16(月) 午前 2:37 [ はう ] 返信する

↑幼稚

2012/4/19(木) 午前 0:46 [ fum**ori0*00 ] 返信する

顔アイコン

手垢が付くまで読んだトインビー博士との共著「21世紀への対話」との方向転換に戸惑うばかりです。

「原子力の平和目的への利用が進むのは望ましいことであり、また事実、必要不可欠なことです」

一体、先生は、その時その時の大衆に迎合するため、当たり障りが無いように適当な発言されているのでしょうか? 削除

2012/4/29(日) 午前 11:19 [ 無冠の友 ] 返信する

顔アイコン

はうさん、創価学会は仏教者の集まりです。それ以上でも以下でもありません。

2012/4/30(月) 午前 5:12 けんいち 返信する

顔アイコン

無冠の友さん、トインビー対談はアメリカの原子力事故以前のお話です。しかも、トインビー対談は核戦争がいつ起こるかわからない冷戦期です。そういう背景も理解されるべきです。

2012/4/30(月) 午前 5:14 けんいち 返信する

顔アイコン

今、創価学会の「真面目な」「青年・壮年グループ」の家庭集会(親子2代創価学会の家で)に招かれ参加しています。いろいろと教えて下さい。
異なる信仰と接すると、自分の信仰がますます明確になります。
また、どのような形で協力関係を築くことができるかも解ります。
先ず、相手を正しく知る事から始まると考えています。

2017/2/5(日) 午前 10:33 [ イエスちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事