【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 「北斗七星」編で述べたように、前九年の役において、源氏・清原氏の連合軍の陣容は、次の通りであった。

 第一陣:清原武貞。第二陣:橘貞頼。第三陣:吉彦秀武。第四陣:橘頼貞。第五陣:本陣。第六陣:吉彦武忠。第七陣:清原武道。

 上記の内、第一陣の清原武貞と、第七陣の清原武道は、共に清原武則の息子である。既に述べたように、武則の長男は、武貞であったから、武道は、次男以降であったと考えられる。

 武道の通称は、貝沢三郎。前九年の役において、第七陣の指揮官として活躍したが、武道のその後の消息は不明である。

 武則の六人の息子の内、武貞・武道以外で記録に現れるのは、武衡である。武衡の母は、記録では、安倍頼清の娘と記されているが、安倍頼清なる人物が何者かは不明である。

 しかし、奥六郡の安倍氏と、仙北三郡の清原氏の間には、当然、人的交流が考えられるので、あるいは、安倍頼時の叔父もしくは従兄弟と推測される。

 武衡は、記録上、後三年の役の後半、甥の家衡(武貞の息子)が、源義家を敗退させた後に登場する。

 次に、第二陣の橘貞頼と、第四陣の橘頼貞の兄弟であるが、貞頼は、武則の甥と記されている。しかし、姓は清原ではなく、橘である。そのため、橘貞頼は、武則の姉妹の息子であると推測される。

 弟の頼貞は、貞頼の弟と紹介されているだけで、武則の甥にあたる可能性は高いが、異母兄弟の可能性もある。

 貞頼の通称は、志万太郎。頼貞の通称は、新方次郎。志万は秋田郡西部・新方は秋田郡北部であるから、出羽橘氏は、秋田郡北西部に割拠する豪族であったと推測される。

 出羽橘氏の出自は不明であるが、藤原道長の側近の橘道貞が、陸奥守に任官していた時期があったため、その後裔である可能性は否定できない。

 なお、橘道貞の妻は、歌人として名高い、和泉式部である(和泉式部の名は、夫の橘道貞の任国、和泉守に由来する)。

 最後に、第三陣の吉彦秀武と、第六陣の吉彦武忠である。秀武の通称は、荒川太郎。吉美侯武宗の息子で、母は、清原武頼の娘である。

 武頼は、清原氏の惣領、清原光方(光頼)の弟であり、また、武則は、武頼の息子であった可能性もある。故に、秀武が、武則の甥であった可能性は否定できない。

 また、同時に、秀武は、武則の娘婿でもあった。武忠は、秀武の弟で、通称は斑目四郎。荒川は山本郡西部、斑目は秋田郡東部である。なお、武則の長男、武貞は、秀武と同じく、通称は荒川太郎である。

 吉彦氏は、本来は、吉美侯氏で、吉美侯部に由来する。吉美侯部は、服属した蝦夷=俘囚から成る部民(職務を世襲的に分掌する制度)で、陸奥・出羽両国のみならず、上野国・下野国など、坂東北部から奥州の広範囲に分布する。

 坂東北部・奥州以外にも吉美侯部が拡散しているのは、「北斗七星」編で述べた、朝廷の俘囚移配政策の影響である。

 出羽橘氏は、後三年の役では登場せず、その後裔は、歴史の闇に消えている。一方、吉彦秀武は、前九年の役・後三年の役を通じて、唯一、勝者として生き残った蝦夷系豪族である。

 奥州清原氏の内紛、後三年の役は、この吉彦秀武が、清原氏の惣領、真衡の傲慢な態度に憤ったことで、幕を開くのである。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事