【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

◆第005位 『サマーレスキュー〜天空の診療所から』

 評価:080点/脚本:秦建日子/TBS/日曜21時/出演:向井理・尾野真千子/全10話/平均視聴率:10.1%

 向井理主演の医療ドラマという、ある意味、「鉄板」のはずのドラマ。しかし、視聴率は振るわず、『ビューティフル・レイン』に並ばれた。

 ちなみに、筆者の中では、完全に『ビューティフル・レイン』に軍配が上がった。

 初回は、尾野真知子の演じる小山遥のあまりの独善ぶりに不愉快になり、これがこのまま続くのかと思ったが、すぐにイイ人になった。

 わずか三話で母親が、しかも、わりとあっさりと死んだ時は驚いた。

 終盤、診療所の閉鎖問題が中心となり、大騒ぎして閉鎖。向井理と尾野真知子の別れのシーンも、かなり引っ張った割には、最後にあっさりと診療所が復活し、主要メンバーが再会した点は、なんとも言えない。

 それにしても、最近の市川由衣は、こんな役ばっかりである。


◆第006位 『トッカン〜特別国税徴収官〜』
 
 評価:080点/脚本:いずみ吉紘/日テレ/水曜22時/出演:井上真央・北村有起哉/全10話/平均視聴率:10.5%

 井上真央以外、一人も主役級の役者がいない中、よく健闘したドラマだと思う。脇を固めていたたのが、演技派揃いな上、内容的にも、奇をてらう要素もなく、安定感のあるドラマだった。

 逆に言えば、批判する点はないものの、とりたててみどころもないドラマだったと言える。

 視聴率の推移を見る限り、オリンピックの放送によって、4話の終了後、二週間も休止したのが打撃になったと思われる。

 ミスチルファンとしては、主題歌の「hypnosis」が、クライマックスで非常に効果的に使われたことに満足したので、プラス5点。


◆第007位 『黒の女教師』
 
 評価:080点/脚本:山下友弘/TBS/金曜21時/出演:榮倉奈々・小林聡美・市川実日子/全10話/平均視聴率:9.9%

 全く期待していなかったが、意外と面白かった作品。現代教師版の「必殺!仕事人」か、「水戸黄門」という感じで、何話でも続けられそうな、ワンパターンの良さがある。

 榮倉奈々の決めゼリフの「愚か者」は、最初は、聞いてる方が恥ずかしくなるくらい、寒い!と思ったが、何度も聞いている内に慣れてきた。

 特に、9話で松村北斗が廻し蹴りをかわし、「愚か者はおまえたちだ!」と叫ぶシーンは、ワンパターンを見事に逆用したと思う。

 単純な一話完結型ではなく、底辺に全話を貫く謎、伏線が貫かれており、9話と最終回で、その伏線が回収されるという、連続サスペンスの部分が面白かった。

 榮倉奈々の演技は微妙だが、その脇を小林聡美、市川実日子という、クセのある女優を配したのが正解だったと思う。

 「GTO」とは異なり、知名度の高い生徒役はいなかったが、今後、売れっ子になる若手が出てくるのか、楽しみではある。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
[https://movie.blogmura.com/moviereview/ ]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事