【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 一方、最高検察庁監察指導部の検察官の武部は、雪平と会い、村上父子の調査をしており、その矢先に、村上父子が死んだため、心当たりはないかと問い質す。

 雪平は、武部を信用せずに、知らないと答えた。その直後、雪平の前に、死んだはずの一条が現れる。

 視聴者は、前作のラストで、一条と三上が、村上克明と共にいたため、一条が生きており、かつ、三上が裏切り者であることは、わかっている。

 しかし、雪平にとっては、村上が、黒幕であることは、判明したが、一条の生存と、三上の裏切りは、わかっていなかったのである。

 津島は、「組織」の存在を示す、通信記録を、外国人のジャーナリストに渡し、外国のメディアに、それを公表してもらおうと計画していた。

 しかし、「組織」に先手を打たれ、ジャーナリストは殺され、雪平は、「組織」に捕まり、美央の命と引き換えに、津島を殺せと命じられる。

 「組織」の新たなボスは、武部であった。武部は、村上父子を殺害して、「組織」のボスとなった。三上は、雪平を逃がそうとしたため、一緒に捕まってしまう。

 そして、三上は、自分は、組織のために雪平を監視していたのではなく、雪平を守るため、組織に加わったと告げる。

 思えば、劇場版第一作の車の爆破事件の時点から、三上は、雪平の危機を事前に察しており、それとなく、雪平に警告していた。

 その三上が、連続ドラマの第一話から登場し続けた、数少ない、レギュラーメンバーの三上が、一条に、あっさりと殺される。

 雪平は、一条の協力で、津島と共に、逃走に成功する。

 その最中、津島は、通信記録の中から、雪平の父である、宗一郎の死に関する、記録を見つける。

 そして、アンフェア・シリーズの最大の謎である、宗一郎を殺した犯人が、遂に判明する。

 それは、一条であった。

 一条は、村上の命令で、宗一郎を殺害し、その後、雪平を監視し続けていた。

 そう、ずっと、見続けてきたのである。

 雪平は、復讐のため、一条に銃口を向け、殺そうとするが、結局、殺せずに、一条は、立ち去った。

 雪平と津島は、エルドニア大使館に向かう。

 エルドニア共和国は、過去に、米国人の告発者の亡命を受け入れていた。

 しかし、何故か、エルドニア大使館のあるビルに、武部が現れる。

 津島は、銃撃で負傷し、雪平は、必死で、津島を抱えて、大使館へ向かった。

 一条は、エレベーター内にて、武部を殺害する。

 自分の本来のボスであった、村上父子殺害の復讐であろう。

 雪平は、エルドニア大使館に着くと、津島にデータの入った、ネックレスを渡す。

 しかし、その時、津島は、雪平に銃口を向ける。

 何と、津島は、雪平から、データを奪うため、武部が送り込んだ、裏切り者であったのである。

 津島の父は津島の父は、交通事故で、白バイの警官を殺してしまい、冤罪であったにも関わらず、犯罪者にされ、それを苦にして、自殺した。

 武部は、津島に、父の再審を行い、無実を晴らしてやる代わりに、雪平から、データを奪う様に命じたのである。

 津島と雪平は、互いに銃を向け合うが、雪平は、「あんたの正義を信じる」と言い、銃を下す。

 そこへ、一条が現れ、津島に撃たれる。

 津島は、雪平を討つが、一条は、最後の力を振り絞って、津島を打ち殺す。

 山路と小久保が着いた時には、雪平の姿はなかった。

 本作の全シリーズを通じて、出世のことしか頭になく、嫌な奴だった、小久保が、最後の最後で、イイ奴になる。

 津島の胸の雪平のネックレスからは、中身が抜き取られていた。

 「組織」の情報は、海外メディアで取り上げられたが、おそらく、雪平が、海外へ逃げ延びて、海外メディアにデータを渡したと思われる。

 全ての謎が判明し、本シリーズは、終焉を迎えた。


[https://movie.blogmura.com/moviereview/ にほんブログ村 映画評論・レビュー]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事