【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 足利氏は、清和源氏の源義家の三男、源義国を真の祖とする。

 義国の次男、源義康は、上野国の足利荘を相伝すると、足利義康を称した。源姓足利氏の誕生である。

 義康には、四人の息子がいたが、足利宗家の家督は、義康の三男、義兼が継承した。
 
 足利義兼には、義純・義助・義氏の三人の息子がいた。

 「畠山氏」節で述べた様に、長男の義純は、源姓畠山氏の祖となる。

 次男の義助は、上野国桃井郷に桃井城を築き、桃井氏の祖となった。

 桃井氏は、直常・直信の兄弟が、南北朝の動乱期に、足利尊氏に従って、諸国の守護を歴任し、直信の子孫は、室町幕府奉公衆の内、二番衆の番頭となっている。
 
 足利宗家の家督を継承したのは、三男の義氏である。

 義兼が、三男でありながら、その母が、藤原範忠の娘であったために、家督を継承したのと同様、義氏の母は、鎌倉幕府の執権、北条時政の娘、時子であったため、義氏が、家督を継承したのである。

 足利義氏には、長氏・泰氏・義継の三人の息子がいた。

 次男の泰氏の母が、鎌倉幕府の執権である、北条泰時の娘であったため、足利宗家の家督を継承することになる。

 義氏は、承久の乱で、幕府方として功績を挙げ、三河国の守護となった。

 足利義氏は、庶長子の長氏に、三河国幡豆郡吉良荘を与え、長氏は、吉良長氏を称した。

 吉良氏の誕生である。

 なお、足利義康の曽孫で、長氏の又従兄弟に当たる、実国・義季の兄弟が、三河国に移住したのは、宗家の義氏が、三河国の守護となったためである。

 故に、仁木・細川・吉良・今川・一色など、足利一門の氏族名は、三河国の地名が多い。

 足利義氏の末子、義継は、当初、長瀬義継を称しているため、碧海郡長瀬に住んでいた、可能性が高い。

 後に、吉良東条に移り住み、吉良義継を称し、その子孫は、東条吉良氏と呼ばれるが、南北朝期、吉良満家が、奥州管領に任じられると、奥州吉良氏と呼ばれた。

 吉良長氏は、足利義氏の長男でありながら、母が側室であったために、足利宗家の家督を継承できなかった。

 そのため、吉良氏と、長氏の次男、国氏を祖とする、吉良氏の分家、今川氏のみが、足利一門の中で、足利宗家の継承権を有することになる。

 吉良長氏には、満氏と国氏の二人の息子がいた。

 前述の通り、次男の国氏は、長氏が、隠居の地とした、三河国幡豆郡今川荘を継承して、分家し、今川国氏を称した。

 戦国時代、駿河国・遠江国を領有し、東海道の覇者となる、今川氏の祖である。

 吉良長氏の長男、満氏は、越前守護に任じられ、足利氏の庶流において、唯一、守護に補任されている。

 しかし、1285年(弘安八年)の霜月騒動の際、平頼綱の軍勢に攻められ、敗北し、自害して果てた。

 満氏の父、長氏は、存命だったため、満氏の息子で、孫の貞義を自身の養子として、吉良氏の家督を継承させた。
 
 霜月騒動は、鎌倉幕府草創以来の有力御家人である、安達氏の安達泰盛と、北条得宗家の内管領、平頼綱の戦いであった。

 御家人の足利一門は、泰盛に味方したため、騒動後は、幕政から遠ざけられ、北条貞時の十三回忌の供養の頃、再出仕が許されたと思われる。


[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ranking_out.html" target="_blank にほんブログ村 戦国時代]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事