【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 NHK大河ドラマ【風と雲と虹と】

 評価:080点/1976年/大河ドラマ/原作:海音寺潮五郎/全52話/平均視聴率:24.0%
 出演:加藤剛、緒形拳、草刈正雄、真野響子、吉永小百合
 

 平将門と藤原純友は、日本史の教科書にも掲載される人物であるため、日本人であれば、知らない人は少ないであろう。

 しかし、平将門・藤原純友を主人公とする、映画・ドラマの映像作品は数少ない。

 本作は、唯一と言える、平将門と藤原純友の叛乱、即ち、承平・天慶の乱を描いた作品である。

 なお、10世紀の日本を描いた本作は、2017年現在に至る、大河ドラマの歴史の中で、最も過去の時代を描いた作品でもある。

 原作は、海音寺潮五郎の『平将門』『海と風と虹と』。

 『平将門』は、文字通り、平将門を主人公とする物語で、『海と風と虹と』の主人公は、藤原純友である。

 本作は、二つの作品を融合し、坂東と瀬戸内海、東西相呼応したかのように朝廷に叛乱を起こす二人の英雄を、フィクションを交え、全五十話で描き切った、大河ドラマ史上に残る名作である。
 
 平将門を演じるのは、加藤剛。

 もう一人の主人公、藤原純友を、緒形拳が演じる。

 また、最終的に平将門を討伐する、藤原秀郷(田原藤太)役に露口茂。

 将門の従兄弟で、将門と戦う宿命を背負った、平貞盛役に山口崇。

 また、将門と純友を慕い、忍者の様な動きと、驚異的な脚力を持つ、鹿島玄明を草刈正雄が演じる。

 更に、平将門を朝廷への叛乱へ導く、興世王を演じるのは、米倉斉加年。米倉斉加年の興世王は、文字通り、「怪演」である。

 物語を彩る女性陣も、豪華である。

 将門の従兄弟で、後に妻となる良子役に真野響子。良子は、坂東の女に相応しく、健康的な明るさと、働き者の性格を持つ。彼女の明るさが、物語全体を和ませている。

 一方、落ちぶれ果てた、京の姫君、貴子を演じるのは、吉永小百合である。貴子は、良子とは正反対の女性で、弱弱しく、暗い影を持ち、周囲に流され続けた結果、最後には非業の死を遂げる。

 また、平将門が、京へ行く端緒となった、源護の三女、小督を多岐川裕美が演じている。

 本作は、1970年代前半の共産主義の理想が残る時代に製作されたが故に、平将門と藤原純友の叛乱は、階級闘争史観の要素が強い。

 農民を酷使し、富を搾取して雌伏を肥やす、朝廷=公家に対し、将門は、土地と農民を中心とする国作りを目指す。

 特に、第三十七話「民人の砦」では、平良兼・源扶が、将門に対して、卑劣な手段を用いて勝利すると、山野に隠れた将門を、匿う村々を焼き払い、農民を虐殺しようとする。

 そして、それまで、決して朝廷・領主に逆らうことなく、支配者=上流階級のなされるがままに生き続けてきた農民達が、墜に立ちあがって、平良兼・源扶と戦うことを決意し、自分達の指導者として、将門を迎え入れるのである。

 同様に、瀬戸内海においても、藤原純友は、朝廷に酷使され続けたあげく、逃亡して海賊となった農民・漁民の指導者として、海賊大将軍を名乗る。

 本作の承平・天慶の乱は、階級間闘争が引き起こした、まさに、革命として描かれている。


[https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html にほんブログ村 大河ドラマ・時代劇]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事