【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 今川義元は、1519年(永正十六年)、今川氏親の五男として生まれた。幼名は、芳菊丸。

 氏親には、嫡子の氏輝がいたため、芳菊丸は、四歳で、仏門に入り、駿河国富士郡瀬古の善得寺に預けられて、栴岳承芳と称した。

 氏親は、京の建仁寺から、今川家重臣、庵原政盛の息子で、僧籍の太原雪斎を招くと、栴岳承芳の養育係とした。その後、栴岳承芳と太原雪斎は、京都に上り、五山に学ぶ等、学識を深めた。

 氏親の死後、氏輝は、栴岳承芳と太原雪斎を駿河国に呼び戻す。

 前項で述べた様に、氏輝の死後、寿桂尼は、今川宗家の家督を継承させるべく、自身の最後の実子の栴岳承芳を還俗させた。

 栴岳承芳は、十二代将軍の足利義晴の偏諱を賜り、今川義元を称する。

 しかし、氏親の三男の玄広恵探の外戚である、福島一族は、玄広恵探を擁立し、今川家の家督継承を主張した。寿桂尼は、福島一族の説得を試みるが、失敗に終わり、玄広恵探派は、久能山で挙兵し、駿府の今川館を襲撃した。

 花倉の乱である。

 しかし、太原雪斎・岡部親綱の奮戦により、今川館の襲撃が失敗すると、玄広恵探派は、方ノ上城・花倉城を拠点に義元派と対抗し、遠江国でも、同調する者が現れた。

 義元派は、北条氏綱の支援を得て、岡部親綱が方ノ上城を攻撃、落城させる。

 続いて、玄広恵探派の篭る、花倉城を、一斉に攻め立てた。

 玄広恵探は、支えきれずに逃亡し、瀬戸谷の普門寺で、自刃する。

 遠江国での戦闘も収束すると、今川義元は、自身の家督相続を宣言し、花倉の乱において、自身の味方となった、家臣達を重用することで、宗主権の強化に努めた。

 特に太原雪斎に全幅の信頼を置き、政治・軍事の最高顧問とした。

 太原雪斎は、日本史上において、五指に入る、名軍師と言えるであろう。

 家督継承の翌年の1537年(天文六年)、今川義元は、氏親の代から、抗争を続けていた、甲斐国守護の武田信虎の娘を正室に迎え、甲駿同盟を結んだ。

 義元は、信虎の息子の晴信、後の武田信玄と、義理の兄弟の関係にあったのである。

 しかし、甲駿同盟は、同じく、長年、武田信虎と抗争を続けていた、北条氏綱の怒りを買うことになる。

 義元は、武田氏を味方にした代わりに、父の氏親の家督継承に尽力し、また、自身の家督継承を支援した、北条氏を敵にしてしまった。

 北条氏綱は、甲駿同盟の成立と同時に、駿河国へ侵攻した。

 義元は、軍勢を出し、氏綱を迎え撃ったが、富士河以東の地を占領されてしまう。

 第一次河東一乱である。

 氏綱は、花倉の乱の際に、玄広恵探派に属していた、遠江国の堀越氏、井伊氏と手を結ぶと、義元を挟撃した。信虎は、義元に援軍を送ったが、河東の地を奪還することはできなかった。

 1541年(天文十年)、北条氏綱が死去し、氏康が、北条氏の家督を継承した。

 同年には、甲斐国の武田信虎が、海野平の戦いの後、義元訪問のために、駿州往還を経て、駿河国へ向かうが、嫡子の晴信により、帰路を封鎖されてしまう。

 武田晴信は、政変を起こし、武田氏の家督を父から奪ったのである。

 義元は、駿河国で、信虎の身柄を預かると共に、晴信との同盟関係を続けた。

 1544年(天文十三年)の晴信と高遠頼継の戦い、高遠合戦では、義元は、晴信に援軍を出している。



[https://tv.blogmura.com/tv_jidai/ranking.html にほんブログ村 大河ドラマ・時代劇]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事