【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 一方、富士河以東の地は、北条軍に占領されたままであった。

 義元は、北条氏康の敵、山内上杉家の上杉憲政と同盟を結び、氏康を挟撃する策を立てた。

 第二次河東一乱である。義元は、富士河を越えると、善徳寺に布陣し、援軍の武田晴信と対面している。

 氏康は、東に関東の上杉氏、西に駿河国の今川・武田の連合軍に挟撃されたため、兵力の分散を余儀なくされた。

 今川義元は、狐橋の戦いにおいて、北条氏康の率いる、北条軍に勝利すると、吉原城は自落し、氏康の叔父、北条幻庵の守る、長久保城を包囲する。

 更に関東では、上杉軍が、河越城を包囲し、氏康は、危機に陥った。

 氏康は、武田晴信に仲介を依頼し、富士河東の地を今川氏に返還することを条件に、義元と和睦する。

 西の今川氏との和睦によって、氏康は、関東に兵力を集中させることが可能となる。

 氏康は、日本三大奇襲の一つに数えられる、河越城の戦いに勝利し、危機を脱した。

 義元は、西方では、着実に東三河の国人達の従属化を進め、西三河の松平弘忠は、嫡男の竹千代を駿府に人質に送ることを条件に、今川氏に帰順する。

 この竹千代こそが、後に、戦国乱世を終わらせ、泰平の世を築いた、徳川家康である。

 しかし、竹千代を駿府に護送するはずであった、三河国の国人、戸田康光は、尾張国の織田信秀と内通し、竹千代を信秀の許へ送ってしまう。

 戸田一族の戸田宣成・戸田吉光は、その前年に義元に滅ぼされており、戸田家当主の康光は、義元に叛乱を起こしたのである。

 義元は、康光の裏切りに激怒し、戸田氏の居城である、三河国田原城を攻め、康光及び、その一族を悉く、滅ぼした。義元は、田原城に、重臣の朝比奈泰能の一族を入れている。

 松平広忠は、竹千代が、織田の人質になっても、今川氏への従属を変えなかった。

 1548年(天文十七年)、尾張国の織田信秀は、松平広忠の岡崎城を攻めるため、三河国へ侵攻する。

 義元は、広忠の救援のため、太原雪斎を大将に、朝比奈泰能を副将とし、一万の兵を与え、三河国へ向かわせた。

 信秀の庶長子、織田信広の率いる、織田軍の先鋒は、今川・松平の連合軍と、三河国の小豆坂で激突する。

 小豆坂の戦いである。

 朝比奈泰能は、氏親・氏輝・義元の三代に仕えた、今川氏の宿老で、義元の信任の厚い、重臣中の重臣であった。

 小豆坂の戦いは、今川・松平連合軍の勝利に終わり、織田軍は、三河国の安祥城に撤退する。

 その年、松平広忠は、家臣の岩松八弥に刺殺される。

 広忠の嫡男の竹千代は、織田の人質になっており、岡崎城は無主の城になってしまった。

 太原雪斎は、竹千代を今川氏の庇護下に置くことで、岡崎城を傘下に治めようと考える。

 雪斎は、今川・松平の連合軍を率いて、安祥城を攻略し、織田信広を捕虜とする。

 そして、織田信秀に、信広と竹千代の人質の交換を提案し、見事に成功した。

 竹千代は、駿府に送られ、今川氏の人質となり、無主の岡崎城は、今川軍に接収された。

 義元は、事実上、松平氏の所領を領有すると、その支配下の国人達を、今川氏の支配下に取り込んだ。

 義元は、三河国の今川氏の領国化を着実に進めたのである。

 1551年(天文二十年)、織田信秀が死去すると、嫡男の信長と同母弟の信行の間で、家督相続争いが発生し、尾張国と三河国の国境地帯の織田の勢力が弱まった。

 尾張国の鳴海城、笠寺城の山口氏は、今川氏に帰順し、今川氏の勢力は、尾張国まで広がった。



[https://history.blogmura.com/his_sengoku/ranking.html にほんブログ村 戦国時代]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事