【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 1864年(元治元年)6月5日、「新選組」の名を、一躍、有名にした、否、歴史に不朽の名を残す存在にした、事件が発生する。

 「池田屋事件」である。

 京都の三条木屋町の旅館、池田屋において、密謀を行っていた、尊皇攘夷派の過激志士達を、新選組が襲撃した。

 前年の八月十八日の政変の後、長州藩が、京を追放されると、朝廷は、公武合体派が、主流となった。

 長州藩を中心とする、尊皇攘夷派の過激志士達が、勢力挽回を企て、京に潜伏していたため、京都守護職は、新選組に京の警備・捜索を行わせた。

 なお、この年の2月、会津藩主の松平容保は、陸軍総裁職・軍事総裁職に就任したため、越前福井藩主の松平春獄が、京都守護職に就任していた。

 幕府は、新選組を福井藩の傘下に組み込もうとしたが、近藤は、その案を断り、会津藩の傘下に留まっている。

 同年3月、徳川慶喜は、将軍後見職を辞任、禁裏御守衛総督・摂海防禦指揮に就任した。

 松平容保は、4月には、京都守護職に復帰、同月、容保の実弟で、桑名藩主の松平定敬が、京都所司代に就任する。

 この後、慶喜は、容保、定敬と連携して、京の政局を主導する。

 歴史用語では、三者の連携を、一会桑政権と呼んでいる。

 新選組の諸士調役兼監察の山崎丞、島田魁等が、四条小橋において、炭薪商を経営する、枡屋喜右衛門の存在を突き止め、会津藩に報告。6月1日、新選組は、熊本藩士、宮部鼎蔵の下僕である、忠蔵を捕縛した。

 更に、6月5日には、枡屋喜右衛門を捕縛する。

 枡屋喜右衛門の正体は、大津代官所の手代、古高周蔵の息子で、尊皇攘夷派の過激志士、古高俊太郎であった。

 古高は、1861年(文久元年)、福岡藩黒田家御用達の枡屋を継承し、古道具、馬具を扱うと共に、宮部鼎蔵を始め、尊皇攘夷派の志士達と交流した。

 志士達と有栖川宮との間を繋ぐなど、長州間者の大元締として、諸大名、公家の屋敷に出入りし、情報活動と、武器の調達の役割を担っていたのである。

 枡屋の捜索によって、新選組は、武器弾薬、長州藩及び、諸藩士との書簡、血判状等を発見、押収した。

 新選組は、壬生屯所前川邸の蔵で、局長の近藤、副長の土方が、直々に古高の取調べを行った。

 拷問は、苛烈を極め、二階から、逆さ吊りにされ、足の甲には五寸釘を打たれ、貫通した、足の裏の釘に、百目蝋燭を立てられ、火をつけられたと言われる。

 古高は、拷問に耐え兼ね、遂に自白する。

 内容は、祇園祭の前の風の強い日を狙って、御所に火を放ち、混乱に乗じて、佐幕派の中川宮朝彦親王を幽閉。徳川慶喜、松平容保、松平定敬う等の大名を暗殺し、孝明天皇を長州へ動座(拉致)させるとの陰謀であった。

 更に、新選組は、長州藩・土佐藩・肥後藩等の尊皇攘夷派の過激志士達が、捕縛された、古高奪回のための襲撃計画について、実行するか否かを協議する会合が、池田屋、または、四国屋において、行われる事を、突き止めたのである。

 新選組は、池田屋と四国屋の双方に踏み込むために、隊を二手に分けた。

 池田屋には、局長の近藤を筆頭に、沖田・永倉・藤堂などの十名の隊士が、四国屋には、副長の土方を筆頭に、斎藤・井上・原田などの二十数名の隊士が向かった。

 総長の山南は、屯所の守備のために残り、出動はしていない。





[https://history.blogmura.com/his_bakumatsu/ranking.html にほんブログ村 幕末・明治維新]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事