【正義】と【平和】

英雄千人をランキング。『千人の英雄伝』連載中。

全体表示

[ リスト ]

 1867年(慶応三年)12月7日、新選組の斎藤、大石、宮川、中村小次郎、中条常八郎、梅戸勝之進、船津釜太郎の七名は、油小路通花屋町の天満屋で、三浦と酒宴を行っていた。

 そこへ、十六人の海援隊及び、陸援隊の隊士、十六名が襲撃する。天満屋事件である。

 敵が乱入すると、新選組隊士達は、行灯を消し、表へ飛び出した。

 斉藤は、奮戦中に、背後から襲われ、命を落としそうになったが、梅戸が相手を抱き留めて、危機を救った。三浦は、頬と頤を負傷するが、命に別状はなかった。

 襲撃側では、十津川郷士の中井庄五郎が、即死している。

 中井は、海援隊及び、陸援隊の隊士ではないが、龍馬に心酔していたため、復讐に加わった。

 中井は、前年に、長州藩の依頼で、新選組の村岡伊助を殺害し、その後、土佐藩士の那須の警護を務めている時に、沖田、永倉、斎藤と斬り合ったことのある、新選組の宿敵であった。

 新選組は、三浦の警護の任務は果たしたが、宮川は即死、船津は、重傷を負い、数日後に死去。

 斎藤を助けた、梅戸は、重傷を負ったが、一命を取り留め、後に隊務に復帰する。

 宮川の母は、近藤の叔母であるため、二人は、従兄弟であった。享年、二十五歳。

 天満屋事件の二日後の12月9日、王政復古が宣言されると、京の市中は、不穏な空気に包まれた。

 佐幕派の幕臣達は、二条城に集結して、怒りを表し、倒幕派との衝突は、時間の問題であった。

 徳川慶喜は、無用な摩擦を避けるために、12月12日には、幕臣、会津藩及び、桑名藩の藩士などの佐幕派と共に、大坂へ下った。

 新選組は、旧幕閣老より、二条城の警備を命じられていたが、水戸藩にも、徳川慶喜が、同様の命令が下されていた。

 水戸藩士は、新選組と共同で警備を行うことを、断固として、拒絶し、両者は対立する。

 過去に、近藤と共に、広島へ赴いた、旧幕若年寄の永井尚志の仲介によって、近藤が折れ、12月13日、新選組は、永井と共に大坂へ下った。

 新選組は、翌日に大坂へ到着すると、天満天神に宿陣した後、16日に、伏見への転陣が命じられると、伏見奉行所を本陣とした。

 その二日後の12月18日、近藤は、永井尚志と、二条城で面談するが、その帰途、御陵衛士の残党に襲撃され、重傷を負う。

 油小路の決闘後、御陵衛士の残党は、薩摩藩邸に匿われていたが、その日、阿部十郎は、沖田が、近藤の妾宅に潜伏中との情報を得た。

 沖田は、肺結核が悪化し、新選組が、大坂に下った時には同行せず、療養所が確保された後、大坂へ異動した。

 阿部は、内海次郎、佐原太郎と共に、近藤の妾宅を急襲したが、既に、沖田は、伏見へと向かった後であった。

 阿部達は、落胆して、薩摩藩邸に立ち寄った後、寺町通に出て、籠手、鉢金などを買っていた時、四人の供を連れただけの近藤に出会ったのである。

 近藤は、伏見奉行所に戻る様子だったため、阿部達は、間道を急行し、伏見の薩摩藩邸に走った。

 そして、近藤襲撃のための小銃と槍を借り、阿部は、佐原、富山弥兵衛、篠原泰之進、加納鷲雄と共に、伏見街道と丹波橋通りの交差点付近で、近藤を待ち受けた。

 阿部は、富山と共に、小銃を持って、近くの空屋に潜んでいたが、近藤の姿が見えると、焦って、一発、撃ってしまった。

 しかし、その弾が、近藤の右肩を直撃したのである。





[https://history.blogmura.com/his_bakumatsu/ranking.html にほんブログ村 幕末・明治維新]

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事